現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows タスク バーを既定の場所から移動する、または既定の場所にリセットする方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP253679
概要
この資料では、既定の場所からタスク バーを移動する方法について説明します。また、タスク バーを既定の場所に戻す方法についても説明します。Windows XP または Windows Vista でタスク バーを既定の場所にリセットして戻す場合、このページでこの問題を解決することができます。「Fix it で解決する」セクションに進んでください。Windows 98、Windows Me、Windows XP または Windows Vista で自身でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。
詳細情報
タスク バーを既定の位置である画面の下端から、他の端 (上端、右端、左端) に移動するには、次の手順を実行します。
  1. タスク バーで何も表示されていない部分をクリックします。
  2. プライマリ マウス ボタンを押したまま、タスク バーを画面上の目的の位置までドラッグします。たとえば、タスク バーを画面の右端に縦に表示することができます。
  3. 画面上の目的の位置までマウス ポインターを移動させたら、マウス ボタンを離します。
Windows 98 または Windows Me を使用していて、タスク バーを移動できない場合は、タスク バーを移動するオプションが有効になっていることを確認します。Windows XP または Windows Vista を使用している場合は、[タスク バーを固定する] オプションが有効でないことを確認します。タスク バーの状態を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントして、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [タスク バーと [スタート] メニュー] をダブルクリックします。
    • Windows Me では、[詳細設定] をクリックし、[[スタート] メニューとタスク バーのオプション] ボックスの一覧の [タスク バー] の下にある [タスク バーを移動したりサイズを変更できるようにする] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。オンになっていない場合は、オンにしてこの機能を有効にし、[OK] をクリックし、コントロール パネルのウィンドウを閉じます。オンになっている場合は、[キャンセル] をクリックし、コントロール パネルのウィンドウを閉じます。
    • Windows XP と Windows Vista では、[タスク バー] タブを選択し、[タスク バーを固定する] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。チェック ボックスがオンになっている場合は、チェック ボックスをクリックしてこの機能を選択解除し、[OK] をクリックして [コントロール パネル] ウィンドウを閉じます。チェック ボックスがオフになっている場合は、[キャンセル] をクリックして [コントロール パネル] ウィンドウを閉じます。
: タスク バーは、画面上の左端、右端、上端、下端に配置できます。ただし、[スタート] ボタンまたは [Windows Orb] をタスク バーの反対の端に移動することはできません。
Fix it で解決する
Windows XP および Windows Vista でタスク バーを自動的に既定の場所にリセットして戻すには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。

: この Fix it ソリューションでは、実行時に、開いてあるすべての Windows エクスプローラーのウィンドウが閉じられます。




: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。


自分で解決する
タスク バーを既定の場所にリセットするには、セーフ モードでコンピューターを再起動します。コンピューターをセーフ モードで起動するには、コンピューターを再起動し、POST (Power On Self Test) が完了したら Ctrl キーを押したままにします。次に、Startup Menu の [Safe mode] を選択します。コンピューターを再起動した後、タスク バーは既定の場所にリセットされます。

注: コンピューターの起動時に Ctrl キーを押したままにすると、キーボード エラー メッセージが表示される場合があります。その場合、キーボード エラー メッセージは無視しても問題ありません。
問題が解決されたかどうかの確認
問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、この資料の作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
quick launch start menu task bar default bottom top anchored side hidden moved relocate fixit fix it
プロパティ

文書番号:253679 - 最終更新日: 09/25/2011 01:48:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate

  • kbmsifixme kbfixme kbhowto kbprod2web kbui KB253679
フィードバック