Windows 7 または Windows Server 2008 R2 に USB フラッシュメモリや USB ディスクを接続すると Disk イベント ID 11 が記録される場合がある

現象
Windows 7 または Windows Server 2008 R2 にログオン後、USB フラッシュメモリや USB ディスクを挿入すると、システム イベントに以下のイベント ID: 11 が記録される場合があります。

ログの名前: システム
ソース: Disk
イベント ID: 11
ドライバーは \Device\Harddisk n \DR m でコントローラー エラーを検出しました。


注 : n、m には、使用中のデバイスに対応する数字 0、1、2.などが表示されます。 

なお、イベント ID : 11 が記録された場合でも USB デバイスは正常に機能します。このイベントは無視しても問題はありません。
原因
USB デバイスを挿入時に、エクスプローラーからメディアのチェックを行うためデバイス IO コントロールの IRP (IO Request Packet) を発行しますが、処理の完了に 200 ミリ秒以上かかる場合、エクスプローラーはその IRP をキャンセルします。

しかし、USB 大容量記憶装置ドライバー (USBSTOR.SYS) はキャンセルされた IRP に SCSI ステータスコードを設定しないため、ストレージ クラス ドライバはエラーと判断し、この現象が発生します。
詳細
この現象が発生した場合にはイベントのデータに以下の情報が含まれます。
0000: 0068030E 00000001 00000000 C004000B 0010: 00000103 00000000 00000000 002D0800 0020: 00000000 00000000 000427B7 00000000 0030: FFFFFFFF 00000006 00000040 00000000 0040: 12060000 10000008 00000000 0000003C 0050: 00000000 86BAA280 00000000 86BDB008 0060: 00000000 00000000 00000000 00000000 0070: 00000000 00000000 00000000 00000000 0080: 00000000 00000000 00000000 00000000 オフセット  長さ    値 0x0C        4     NTSTATUS エラー コード = 0xC004000B = IO_ERR_CONTROLLER_ERROR0x10        4     固有 ID = 0x1030x14        4     最終ステータス = 0x0 = STATUS_SUCCESS0x1C        4     コントロールコード = 0x2D0800 = IOCTL_STORAGE_CHECK_VERIFY20x3B        1     SRB ステータス = 0x0 = SRB_STATUS_PENDING0x3C        1     SCSI ステータス = 0x0 = SCSISTAT_GOOD
プロパティ

文書番号:2537729 - 最終更新日: 04/25/2011 07:38:00 - リビジョン: 1.0

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 Standard

  • kbsetup kbexpertiseinter kbprb kbtshoot kberrmsg KB2537729
フィードバック