オフラインで使用可能な暗号化ファイルはクライアントでは暗号化されない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP254156
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
暗号化ファイルをオフラインで使用できるように選択すると、次の警告が表示されます。
'Filename' is encrypted. If made available offline, the offline copy will not be encrypted.
続行してファイルをオフラインで使用できるようにすると、暗号化の属性が依然として選択されていても、ファイルは暗号化されて保存されません。
詳細
オフラインで使用可能な暗号化ファイルは、ローカル コンピュータでは暗号化されません。Windows 2000 のオフライン ファイル機能は、そのコンピュータのすべてのユーザーに共有されているコンピュータごとのローカル キャッシュを使用します。これは、対応するサーバー コピーに対する必要なアクセス権を持っている限り、複数のユーザーがローカルにキャッシュされたファイルにアクセスできることを意味します。暗号化はアクセスを 1 人のユーザーに制限するため、この種類の共有アクセスが可能なローカル コピーの暗号化は使用できません。

: Windows XP Professional コンピュータに格納されているファイルのローカル キャッシュは暗号化することが可能です。オフラインで作業するときは、暗号化されたファイルとフォルダは、暗号化されたものとして表示されません。このオプションが有効になり、個々のファイルの選択ができないときに、ローカル キャッシュのすべてのファイルは暗号化されます。ネットワークに再接続すると、ファイルは再び暗号化されたものとして表示されます (切り替わる色 = 緑)。

関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 254156 (最終更新日 2001-10-12) をもとに作成したものです。

efs csc
プロパティ

文書番号:254156 - 最終更新日: 02/06/2014 05:30:48 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbtool kbenv winxpnckb KB254156
フィードバック