Windows XP、Windows Vista、または Windows Server 2008 の Internet Explorer が断片化された TLS/SSL ハンドシェイク メッセージを解析できるようにするための更新プログラムが利用可能です。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2541763
はじめに
特定の状況では、TLS と SSL ハンドシェイクのメッセージは大きすぎて 1 つのパケットに含まれていることになります。このような場合は、TLS と SSL プロトコルのいくつかサード パーティ製の実装は、送信される前にメッセージを断片化します。ただし、TLS と SSL プロトコルのマイクロソフトの実装では、断片化されたメッセージを解析できません。したがって、Windows XP、Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピューター上の Windows Internet Explorer では、サード ・ パーティ製の TLS と SSL プロトコルを使用するサーバーに接続できません。また、このようなサーバーに接続しようとするとき、次のエラー メッセージが表示されます。
ページを表示できません。
詳細

更新プログラムの情報

この更新プログラムでは、TLS と SSL プロトコルのサード パーティ製の実装によって送信されるメッセージの断片化を正常に解析するのには、TLS と SSL プロトコルのマイクロソフトの実装を使用できます。

更新プログラムをインストールした後は、TLS と SSL プロトコルのマイクロソフトの実装を解析する断片化されたメッセージの最大サイズを構成するのにはレジストリ キーを使用できます。TLS と SSL プロトコルのマイクロソフトの実装が断片化されたメッセージを処理することを防止するのにはこれらのレジストリ キーを使用することもできます。

構成するのには、マイクロソフトの実装、TLS と SSL プロトコル断片化された TLS と SSL メッセージの処理、作成方法、次のレジストリ サブキーの下の環境の適切なレジストリ キー。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\Schannel\Messaging\

クライアント コンピューター上

  • レジストリ キー: MessageLimitClient
  • 型: REG_DWORD
  • 値:
    • Null

      このレジストリ エントリを作成しない場合は、断片化されたメッセージの最大許容サイズは 0x8000 バイトです。
    • 0x0

      値を 0x0 に設定する場合は、断片化されたメッセージは処理されません。
    • 0x0 と 0x8000 の間

      0x0 と 0x8000 の間で値を設定すると、値が最大許容サイズ (バイト単位) の断片化されたメッセージを示します。
    • 0x8000 を超える

      設定した場合値 0x8000 を超える、断片化されたメッセージの最大サイズは 0x8000 バイトです。

クライアント認証を使用していないサーバー上で

  • レジストリ キー: MessageLimitServer
  • 型: REG_DWORD
  • 値:
    • Null

      このレジストリ エントリを作成しない場合は、断片化されたメッセージの最大許容サイズは 0x4000 バイトです。
    • 0x0

      値を 0x0 に設定する場合は、断片化されたメッセージは処理されません。
    • 0x0 と 0x4000 との間

      0x0 および 0x4000 の間の値を設定すると、値が最大許容サイズ (バイト単位) の断片化されたメッセージを示します。
    • 0x4000 より大きい

      設定した場合値 0x4000 より大きい、断片化されたメッセージの最大許容サイズは 0x4000 バイトです。

クライアント認証を使用するサーバー上

  • レジストリ キー: MessageLimitServerClientAuth
  • 型: REG_DWORD
  • 値:
    • Null

      このレジストリ エントリを作成しない場合は、断片化されたメッセージの最大許容サイズは 0x8000 バイトです。
    • 0x0

      0x0 および 0x0 に MessageLimitServer レジストリ エントリの値に値を設定する場合は、断片化されたメッセージは処理されません。それ以外の場合、MessageLimitServer レジストリ エントリの値は、断片化されたメッセージのサイズの上限を示します。
    • 0x0 と 0x8000 の間

      0x0 と 0x8000 の間で値を設定する場合は、次の数式を使用して、断片化されたメッセージの最大サイズが計算されます。
      max (MessageLimitServerClientAuth, MessageLimitServer)
    • 0x8000 を超える

      設定した場合値 0x8000 を超える、断片化されたメッセージの最大サイズは 0x8000 バイト (0x0 の値を指定するのには、MessageLimitServer レジストリ エントリが設定されていない) 場合。

この更新プログラムの入手方法

以下のファイルは、microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
オペレーティング システム更新プログラム
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows XPダウンロード更新プログラム パッケージ
X86 ベース バージョンの Windows Vista がサポートされているすべてダウンロード更新プログラム パッケージ
サポートされているすべての Windows Vista の x64 ベースのバージョンダウンロード更新プログラム パッケージ
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows Server 2008ダウンロード更新プログラム パッケージ
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008ダウンロード更新プログラム パッケージ
サポートされているすべての IA 64 ベースのバージョンの Windows Server 2008ダウンロード更新プログラム パッケージ
Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、以下のオペレーティング システムのいずれかを実行している必要があります。
  • Windows XP Service Pack 3 (SP3)
  • Windows Vista Service Pack 1 (SP1)
  • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
  • Windows サーバー 2008
  • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)
Windows XP service pack の入手方法の詳細については、次の文書番号をクリックし、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322389 Windows XP service pack の入手方法
Windows Vista Service Pack を入手する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
935791 最新の Windows Vista Service Pack を入手する方法
Windows Server 2008 サービス パックの入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料の次の記事をご参照ください。
968849 Windows Server 2008 の最新の service pack の入手方法

レジストリ情報

このパッケージの更新プログラムを使用するのには、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ソフトウェア更新プログラム用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2541763 - 最終更新日: 11/01/2015 02:41:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Starter Edition, Windows Vista Business, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Starter, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Foundation, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Web Server 2008

  • kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter atdownload kbmt KB2541763 KbMtja
フィードバック