[XADM] Exchange Server 5. 5 SP3 後のデータベース エンジン修正利用可能です

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

254682
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Exchange Server 5. 5 Service Pack 3 (SP3) にリリースされた後に修正された Exchange Server 5. 5 データベース エンジン バグの資料番号がこの資料で一覧表示されます。 この記事に示す修正モジュールの入手方法については、該当する記事のタイトルの前にある文書番号をクリックし、Microsoft Knowledge Base の記事を参照してください。

: 特定のコンポーネントの Exchange Server の修正プログラムは累積的でありすべてのコンポーネント用の以前の修正含まれています。 つまり、そのバージョン番号より古いバージョン番号の修正モジュールがすべて収録されています。
詳細
Exchange Server データベース エンジンの修正プログラムには、以下のファイルが含まれます。

ファイル名現在のバージョン
Edbbcli.dll5.5.2652.31
Ese.dll5.5.2652.6
Eseback.dll5.5.2652.31

2000 年 5 月 25 にリリースされた修正プログラム

以下のファイルが修正されています:
  • Edbbcli.dll バージョン 5.5.2652.31 にインクリメントされます。
  • Ese.dll バージョン 5.5.2652.6 にインクリメントされます。
  • Eseback.dll が追加され、バージョン 5.5.2652.31 にインクリメントされます。
次の修正プログラムを記載: 245664 XADM: バックアップの Exchange サーバーがない完了、ターミナル サーバー クライアントから 253216XADM: オンライン バックアップがない検出マルチプロセッサ コンピューター上の破損バッファーのサイズが 64 キロバイトより大きい場合
254812プライベートおよびパブリック インフォメーション ストアの XADM: メッセージ転送エージェントのバックログ
260695[XADM サード パーティ製のバックアップ プログラムが停止する修正プログラムの適用後

2000 年 2 月 28 日にリリースされた修正モジュール

:、Eseback.dll ファイルはこれらの修正プログラムに含まれていません。 このファイルはこのリリースの後で追加されました。

以下のファイルが修正されています:
  • Edbbcli.dll バージョン 5.5.2651.44 にインクリメントされます。
  • Ese.dll バージョン 5.5.2651.81 にインクリメントされます。
以下の問題が解決されています:
241516XADM: Exchange Server が応答が約 24 日間隔
242063[XADM] 回復がチェックポイント ファイルをインクリメントが誤って
243601データベース スクラブが有効なときにデータベースのサイズの大きな [XADM: バックアップ タイム アウト
ジェット

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:254682 - 最終更新日: 01/29/2014 15:57:46 - リビジョン: 3.3

  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbqfe kbhotfixserver kbmt KB254682 KbMtja
フィードバック