混合の Exchange サイト内の RID マスターは、Exchange 2000 Server コンピューターまたは Exchange Server 5. 5 コンピューターが [XCON です。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:254809
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
すべての Exchange Server 5. 5 サイトまたは Exchange 2000 Server のルーティング グループ、ルーティング情報デーモン (RID) マスター、またはルーティング マスター必要があります。 この RID マスターは、ルーティング テーブルの残りのサイト (またはルーティング グループ)、Exchange Server 組織全体にレプリケートする生成します。 既定では、RID マスターは、サイトの最初の Exchange Server コンピューターです。 Exchange 2000 Server コンピューター、サイトに参加するときことができます、Exchange 2000 Server コンピューターまたは Exchange Server 5. 5 コンピューターのいずれか、RID マスター。 ここではこの選択の影響について説明します。
詳細
既存の Exchange Server 組織によって可能性があります「スコープ」、ローカルのルーティング グループまたはローカル サーバーにこのルートの可視性を制限するコネクタのアドレス空間です。 「スコープ」は、Exchange Server 5. 0 および 5. 5 の概念 Exchange 2000 が認識されません。 したがって、Exchange 2000 で生成されたアドレス ルーティング テーブル GWART (ゲートウェイ) は、Exchange Server 5. 0 および 5. 5 コンピューターに対して不適切です。

唯一、RID マスターは、混在した Exchange 2000 および Exchange Server 5. 5 サイトで Exchange 2000 Server コンピューターです、既存 Exchange Server 5. 5 の RID マスター コンピューターを Exchange 2000 にアップグレードする場合や、Exchange Server 5. 5 のバージョンの Exchange Server 管理ツール プログラムで、RID マスターを手動で設定する場合。

Exchange Server 5. 5 バージョンの管理プログラムで [ 全般 ] タブの [サイト アドレス指定プロパティで、RID マスターを選択できます。 GWART は、Active Directory 混在サイト内に常にレプリケートされます。 RID マスターのモニター、 LegacyGwart オブジェクト。

サイト トポロジが、Exchange 2000 ルーティング方式に近くになるまで、RID マスター サーバーは、Exchange Server 5. 5 コンピューターにあります。 適切な規則に従ってはことがある場合複数の Exchange Server 5. 5 コンピューターと Exchange 2000 Server コンピューターよりもコネクタは、RID マスター サーバーが Exchange Server 5. 5 コンピューターです。 アドレス スペースがスコープ内で制限されている、する場合が RID マスター サーバーは、ある Exchange Server 5. 5 コンピューターよりも重要です。
「リンク状態」は、更新、gwart0.mta

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:254809 - 最終更新日: 02/07/2014 09:49:50 - リビジョン: 3.3

Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition, Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB254809 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)