現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows OS 上の Web アプリケーションから特定の環境を利用すると、IPv6 プロトコルに対応した Web サイトや Web サービスにアクセスできない

現象
Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008、または Windows Server 2008 R2 上の Web アプリケーションから IPv6 プロトコル (Internet Protocol Version 6) を使用して Web サイト、および Web サービスに、NTT フレッツ光 (FLET’S 光)、および NGN (Next Generation Network、次世代ネットワーク) などのインターネット環境を利用してアクセスすると、Web サイト、および Web サービスが IPv6 プロトコルに対応している、具体的には IPv6 アドレス情報である AAAA レコードが DNS サーバーから取得できるにも関わらずアクセスできず、Web ページが表示されない、または Web サービスが実行できません。
原因
NTT フレッツ光、および NGN などのマルチプレフィックスのインターネット環境では、様々なサービスに IPv6 プロトコルが使用されています。そして、宅内ネットワーク機器が IPv6 に対応している、またはレイヤー2 (L2) 接続のみを行う環境では、Windows Vista 以降の OS (オペレーティング システム) は IPv6 を使用してサービスへアクセスしています。しかし、アクセスする際に使用する IPv6 アドレス、および通信環境は、グローバルに相互接続されているインターネット環境には接続がされていません。このため、アプリケーションが DNS サーバーから AAAA レコードを取得し、IPv6 プロトコルを使用して外部へアクセスしようとした時にアクセスできない現象が発生します。

補足 : IPv6 プロトコルを使用して外部へアクセスできる、またはアクセスできないの判断は、一定時間 (通常、30秒間) 持ってから行われます。そして、IPv6 プロトコルを使用して Web サイト、および Web サービスにアクセスができないと判断された場合は、IPv4 プロトコルを使用して、再度、Web サイト、および Web サービスへのアクセスを試みます。
回避策
この現象を回避するには、「IPv6 プロトコルを無効にする」か、または「ポリシー テーブルを変更」してください。

IPv6 プロトコルを無効にする

IPv6 プロトコルを無効にするには、以下の手順を実行してください。

ここでは例として、Windows 7 の手順で説明します。
  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックします。
  2. スタート メニューから [コントロール パネル] をクリックします。

    コントロール パネル

  3. [コントロール パネル] 画面の [ネットワークの状態とタスクの表示]、または[ネットワーク共有センター] をクリックします。

    ネットワークの状態とタスクの表示

    ネットワーク共有センター

  4. [アダプタの設定の変更] をクリックします。

    アダプタの設定の変更

  5. [ローカル エリア接続] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    ローカル エリア接続

  6. [ローカル エリア接続のプロパティ] 画面の [ネットワーク] タブをクリックします。

    ローカル エリア接続のプロパティ

  7. [インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)] チェック ボックスをオフ (無効) にし、[OK] をクリックします。

    インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)
IPv6 プロトコルの無効に関しては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

ネットワーク プロトコルまたはコンポーネントを削除する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc731514(WS.10).aspx



ポリシー テーブルを変更する

ポリシー テーブルの設定を変更するには、[コマンド プロンプト] から以下のコマンドを順番に実行してください。

Windows 7、および Windows Vista では、以下のコマンドを実行する事により、ポリシー テーブルを変更する事ができます。変更したポリシー テーブルは、Windows を再起動しても、変更した設定が保たれます。

ここでは例として、2011 年 4 月 28 日の時点で割り当てられている、以下の IPv6 Prefix で説明します。

注 : これらのアドレスは今後について保証するものではありません。

IPv6 PrefixNetName会社名
2001:c90::/32NTTEAST-JPNIC-JP-20020930東日本電信電話株式会社
2404:1a8::/32 NTTEAST-NGN-JPNIC-JP-20061002東日本電信電話株式会社
2408::/22NTTEAST-NGN-JPNIC-JP-20071015東日本電信電話株式会社
2001:d70::/30NTTWEST-IPv6-JPNIC-JP-20030912西日本電信電話株式会社
2001:a000::/21NTTWEST-IPv6-JPNIC-JP-20041201西日本電信電話株式会社


[コマンド プロンプト] から以下のコマンドを順番に実行してください。
  1. netsh interface ipv6 delete prefixpolicy ::1/128
  2. netsh interface ipv6 delete prefixpolicy ::/0
  3. netsh interface ipv6 delete prefixpolicy 2002::/16
  4. netsh interface ipv6 delete prefixpolicy ::/96
  5. netsh interface ipv6 delete prefixpolicy ::ffff:0:0/96
  6. netsh interface ipv6 delete prefixpolicy 2001::/32
  7. netsh interface ipv6 add prefixpolicy ::1/128 50 0
  8. netsh interface ipv6 add prefixpolicy ::/0 40 1
  9. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:c90::/32 40 6
  10. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:d70::/32 40 6
  11. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:d71::/32 40 6
  12. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:d72::/32 40 6
  13. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:d73::/32 40 6
  14. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:a000::/24 40 6
  15. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:a100::/24 40 6
  16. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:a200::/24 40 6
  17. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:a300::/24 40 6
  18. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:a400::/24 40 6
  19. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:a500::/24 40 6
  20. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:a600::/24 40 6
  21. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001:a600::/24 40 6
  22. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2404:1a8::/32 40 6
  23. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2408::/24 40 6
  24. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2408:100::/24 40 6
  25. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2408:200::/24 40 6
  26. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2408:300::/24 40 6
  27. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2002::/16 30 2
  28. netsh interface ipv6 add prefixpolicy ::/96 20 3
  29. netsh interface ipv6 add prefixpolicy ::ffff:0:0/96 10 4
  30. netsh interface ipv6 add prefixpolicy 2001::/32 5 5
ポリシー テーブルの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

IPv6 のソースアドレスおよび宛先アドレス選択
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb877985.aspx


補足 : ポリシー テーブルを初期状態に戻すには、[コマンド プロンプト] から以下のコマンドを実行してください。

netsh interface ipv6 reset
プロパティ

文書番号:2551231 - 最終更新日: 06/04/2014 06:33:00 - リビジョン: 3.1

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Starter, Windows Vista Ultimate, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Foundation, Windows Server 2008 Standard

  • kbharmony kbexpertisebeginner kbexpertiseinter kbtshoot kbprb KB2551231
フィードバック