ITAR 環境専用の Office 365 の展開のコンテキストでは、Outlook を使用して Exchange メールボックスをエクスポートする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2553469
現象
腕の規制 (ITAR) 環境での国際トラフィック専用の Microsoft Office 365 の展開のコンテキストでは Microsoft Outlook を使用して Exchange メールボックスをエクスポートするのにはあることがわかります。

原因
考えられる理由はいくつかの Exchange メールボックスをエクスポートするのには Outlook を使用する必要があります。これらの理由からが含まれますが、次に。

  • セキュリティ調査またはメッセージングの検討
  • 休暇や家族の休暇
  • 退職した従業員、または仕入先
  • 削除された、または意図せずに切断されたメールボックス
  • オブジェクトは、Microsoft Online Services のアイデンティティとプロビジョニング ・ サービス (MMSSPP) の範囲外に移動
注: <b>(個人用フォルダー (.pst) ファイルのキャプチャとも呼ばれます) が Exchange メールボックスをエクスポートして、リカバリのみで実行するのには、法的証拠開示や訴訟の任意のフォームで使用するための要件を満たしていません。

解決方法
顧客管理ポータル (CMP) 12.3 のバージョンのリリースから、MSO Perms Admin グループのメンバーは、CMP のツールを使用してメールボックスをエクスポートできます。この機能には、次の機能が含まれています。
  • 切断されている、アクティブなメールボックスをエクスポートします。
  • 指定するかどうか、ごみ箱をあさる、エクスポートに含める必要があります
  • 一度に最大 100 のメールボックスへの要求を送信します。
CMP に関する詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
注: <b>メッセージの収集対象のメールボックスはキャプチャされません。PST のキャプチャのリカバリのみを提供する、任意の形式の証拠開示や訴訟の要件を満たしていません。

リモートの Windows PowerShell、または CMP を使用して、フル メールボックス アクセス許可を付与します。フル アクセスを許可するリモートの Windows PowerShell コマンドは次のとおりです。

追加 MailboxPermission ・ アイデンティティに user@domain.com-ユーザーのドメイン \ エイリアス ・ ・ アクセス権 FullAccess

目的のアカウントの MAPI プロファイルを作成します。(お勧めキャッシュされたプロファイルにメールボックス全体をダウンロードすることに費やされた時間を避けるために、オンライン モードでプロファイルを作成します。、次の手順 Outlook では、使用している Outlook のバージョンによって異なります。

Outlook 2010

  1. Outlook プロファイルの作成後は、ファイルを選択します。
  2. 手のパネルで、開くをクリックします。
  3. エクスポートを選択します。
  4. 表示されるダイアログ ボックスで、ファイルにエクスポートを選択します。
  5. の種類のファイルを作成:セクションで、 Outlook データ ファイル (.pst)を選択します。
  6. 次のダイアログ ボックスでは、エクスポートするメールボックス フォルダーを選択することができます。全体のメールボックスをエクスポートする場合は、最上位のコンテナーを選択し、サブフォルダーを含めるにチェック マークがあるかどうかを確認します。目的のフォルダーを選択すると、次へをクリックします。
  7. .Pst ファイルをエクスポートするを選択します。
  8. [完了] をクリックします。別のダイアログ ボックスが表示されたらパスワードのいずれかを設定する場合です。ダイアログ ボックスを空白のままにする場合、.pst ファイルはパスワードを使用しないで作成されます。

Outlook 2007

  1. Outlook プロファイルの作成後は、ファイルを選択します。
  2. インポートおよびエクスポートを選択します。
  3. エクスポートを選択します。
  4. 表示されるダイアログ ボックスで、ファイルにエクスポートを選択します。
  5. [エクスポート ファイルの種類] セクションで次のように選択しますOutlook データ ファイル (.pst) です。
  6. 次のダイアログ ボックスでは、エクスポートするメールボックス フォルダーを選択することができます。全体のメールボックスをエクスポートする場合は、最上位のコンテナーを選択し、サブフォルダーを含めるにチェック マークがあるかどうかを確認します。目的のフォルダーを選択すると、次へをクリックします。
  7. .Pst ファイルをエクスポートするを選択します。
  8. [完了] をクリックします。別のダイアログ ボックスが表示されたらパスワードのいずれかを設定する場合です。ダイアログ ボックスを空白のままにする場合、.pst ファイルはパスワードを使用しないで作成されます。
CMP またはリモートの Windows PowerShell を使用してメールボックスのアクセス許可を削除します。アクセス権を削除するのには、リモートの Windows PowerShell コマンドは次のとおりです。
削除 Mailboxpermission のアイデンティティに user@domain.com-ユーザーのドメイン \ エイリアス ・ ・ アクセス権 FullAccess

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2553469 - 最終更新日: 12/28/2015 06:02:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Exchange Online

  • vkbportal226 kbmt KB2553469 KbMtja
フィードバック