現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

暗号化されたデータ ファイルを回復する方法

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料では、暗号化ファイル システム (EFS) でファイルを暗号化したユーザーの秘密キーを紛失または破損した場合に、暗号化されたデータを回復する方法について説明します。
詳細
コンピュータが Windows 2000 ベースのドメインに所属しており、ドメイン ユーザー アカウントを使用してファイルを暗号化した場合は、暗号化したファイルをドメインの EFS 回復エージェントによって回復できます。回復エージェントを確認するには、次の 2 つの方法があります。
  • システム管理者に連絡します。
  • Microsoft Windows 2000 リソース キットを利用できる場合は、Efsinfo ユーティリティを使用して、特定のファイルやファイルの集合に対して指定された回復エージェントを確認できます。 Efsinfo ツールの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    243026 [NT]Efsinfo.exe を使用して暗号化されたファイルの情報を調べる方法
コンピュータが Windows 2000 ベースのドメインに所属していない (スタンドアロン サーバーか Microsoft Windows NT 4.0 ベースのドメインに所属している) 場合は、コンピュータの任意のユーザーに対する回復エージェントとして、ローカルの組み込みの Administrator アカウントが指定されることがあります。 この場合、コンピュータ上の暗号化された情報を回復するには、回復エージェントの秘密キーを紛失する前にバックアップしてあることが必要です。EFS の使用および回復エージェントの秘密キーのバックアップと回復の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
223316 暗号化ファイル システムの最善の使用方法
241201 暗号化ファイル システムの秘密キーをバックアップする方法
その他の EFS 関連情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 : 有効な回復キーを使用して回復エージェントのアカウントにアクセスできない場合、そのデータは回復できません。EFS に回避策はありません。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 255742 (最終更新日 2003-11-20) を基に作成したものです。
backdoor workaround security break hack
プロパティ

文書番号:255742 - 最終更新日: 12/05/2015 18:55:29 - リビジョン: 5.1

Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbefs KB255742
フィードバック