ActiveX コントロールを挿入した Excel 2010 または Excel 2007 ファイルを画面の解像度の異なるコンピューターで開くと ActiveX コントロールのサイズが変更される

現象
Microsoft Excel 2010 または Microsoft Office Excel 2007 で、[Microsoft Forms 2.0 ListBox]、[Microsoft Forms 2.0 Frame]、または [Microsoft Forms 2.0 MultiPage] などの ActiveX コントロールをシートに挿入し、保存した Excel ファイルを、画面の解像度の異なるコンピューターの Excel 2010 または Excel 2007 で開くと、ActiveX コントロールのサイズが意図せず変更されます。
回避策
この現象を回避するには、Excel ファイルを開くときに ActiveX コントロールが挿入されていないシートをアクティブにし、その後、コンテンツを有効にしてください。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細

問題の再現手順

  1. ディスプレイの [画面の解像度] を [1280x600] に設定します。
  2. Excel 2010 を起動し [Microsoft Forms 2.0 Frame] の ActiveX コントロールを挿入します。
  3. Excel ブックを保存し終了します。
  4. ディスプレイの [画面の解像度] を [1280x1024] に変更します。
  5. 手順 3 で作成した Excel ブックを Excel 2010 で開き、[コンテンツの有効化] ボタンをクリックして ActiveX コントロールを有効にします。

結果

手順 2 で挿入した ActiveX コントロールのサイズが大きくなります。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2557843 - 最終更新日: 10/04/2016 15:23:00 - リビジョン: 3.0

  • kbharmony kbexpertiseinter kbtshoot kbbug kberrmsg KB2557843
フィードバック