HTTP 圧縮が使用されているかどうかを判定する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP255801
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
HTTP 圧縮を使用してファイルを送信するためには、次の 2 つの条件を満たす必要があります。
  • クライアントが、IIS によって使用される圧縮スキームをサポートしている。
  • IIS が既にファイルを圧縮し、そのファイルが一時フォルダに格納されている。
詳細

クライアントが圧縮をサポートしているかどうかを確認する方法

クライアントの HTTP GET 要求を表示し、IIS がサポートしている Accept-Encoding ヘッダーに圧縮値が指定されているかどうかを確認します。たとえば、Internet Explorer 5.0 では次のヘッダーが送信されます。
Accept-Encoding: gzip, deflate				
: Gzip と Deflate の両方の圧縮スキームが IIS によってサポートされています。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
252876 ネットワーク モニタを使用して HTTP データ フレームを表示する方法

ファイルが圧縮されているかどうかを確認する方法

圧縮バージョンのファイルを格納する一時フォルダ (デフォルトでは C:\WINNT\IIS Temporary Compressed Files) を開きます。ファイル名の重複を避けるために、圧縮されている各ファイルは、ファイル名の先頭に文字を追加することによって名前が変更されます。

該当するファイルの、圧縮されて名前が変更されたバージョンが存在する場合、そのファイルは圧縮スキームをサポートするクライアントに送信されます。

: 一時フォルダは、IIS スナップインの [ComputerName の WWW サービス マスタ プロパティ] ダイアログ ボックスにある [サービス] タブで指定されています。

(c) Microsoft Corporation 2000, All Rights Reserved. Contributions by Kevin Zollman, Microsoft Corporation.

iis 5 method temporary directory algorithm akz
プロパティ

文書番号:255801 - 最終更新日: 02/04/2014 14:05:31 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Internet Information Services 5.0
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo KB255801
フィードバック