[NT]DNS マネージャで新しいゾーンを作成すると MMC 例外が発生する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP256067
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
DNSADMINS グループのメンバが、指定した DNS サーバーでゾーン情報の一部を参照できないことがあります。このグループのメンバがゾーンを追加しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。
"エラーが発生したため、Mmc.exe を終了します。プログラムをもう一度開始する必要があります。
エラー ログを作成しています。"

Dnsmgr.dll でのアクセス違反を示す、ワトソン博士のログとユーザー ダンプ ファイルが生成されます。

さらに、Microsoft 管理コンソール (MMC) で DNS マネージャ スナップインを使用して、DNS サーバーにリモートで接続しようとすると、次のエラー メッセージが返されます。
"アクセスは拒否されました。追加しますか?"
この問題は、次の状況で発生することがあります。
  • DNS マネージャ スナップインで、構成済みの DNS ゾーンを参照しようとしているユーザーが DNSADMINS グループのメンバである。
  • DNSADMINS グループの DNS サーバーへのアクセス権が、フル コントロールから読み取り専用に変更された。
  • ログオンしているユーザーに、個別にまたは別のグループを介してフル コントロールアクセス権が与えられていない。
解決方法

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版サービスパック 1 以降に含まれております。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
状況
弊社ではこの問題を本資料の冒頭に記した製品の問題として認識しております。

関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 256067 (最終更新日 2000-08-15) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:256067 - 最終更新日: 02/04/2014 06:06:46 - リビジョン: 4.2

  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbfix win2000presp1fix KB256067
フィードバック