Windows Presentation Foundation ベースのアプリケーションを実行すると、さまざまな問題が発生する

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Windows XP または Windows Vista 上で Windows Presentation Framework (WPF) を使用したアプリケーションを実行すると、以下のような問題が出る場合があります。

  • STOP エラーが発生する
  • システムが応答を停止する 
  • 画面の描画が不正になる
  • WPF アプリケーション起動時に、ウィンドウの枠のみ表示される
  • WPF アプリケーションが起動できない
  • WPF アプリケーション起動時に、エラー メッセージが表示される

原因
上記の現象は、古いバージョンのディスプレイ ドライバーを使用している場合に発生することがあります。

: 上記の現象すべてが古いバージョンのディスプレイ ドライバーに起因しているわけではありません
回避策
この問題を解決するには、ディスプレイ ドライバーを 新しいバージョンに更新します。
新しいディスプレイ ドライバーを入手するには、システムの提供元へ 連絡してください。

または、以下の手順を実施してディスプレイ アダプタのハードウェア アクセラレータの設定を変更します。

Windows XP を実行しているコンピューターの場合
  1. デスクトップを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [設定] タブをクリックし、[詳細設定] をクリックします。
  3. [トラブルシューティング] タブをクリックします。
  4. [ハードウェア アクセラレータ] のつまみを [なし] に移動します。
  5. [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

Windows Vista を実行しているコンピューターの場合
  1. デスクトップを右クリックし、[個人設定] をクリックします。
  2. [画面の設定] をクリックします。
  3. [詳細設定] をクリックし、[トラブルシューティング] タブをクリックします。
  4. [設定の変更] をクリックします。

    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  5. [ハードウェア アクセラレータ] のつまみを [なし] に移動します。
  6. [OK] を 2 回クリックし、ウィンドウを閉じます。 
: ディスプレイ ドライバーがハードウェア アクセラレータの変更機能を提供しない場合、手順 4. において [設定の変更] ボタンがグレー アウトされ、クリックすることができません。



注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2560683 - 最終更新日: 09/29/2016 08:47:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Business, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Enterprise 64-bit edition

  • KB2560683
フィードバック