現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

2 つ以上のブルドーザーの AMD ベース 16 コア プロセッサがインストールされている場合は、Windows Vista または Windows Server 2008 をインストールするときの"0x000000BE"の停止エラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2563727
わからない場合は、右か。この問題を追加しました、 メモリ ダンプの診断 ことができますを確認します。
現象
次の状況を想定します。
  • 2 つ以上のブルドーザーの AMD ベース 16 コア プロセッサを持つコンピューターがあります。
  • コンピューターに Windows Vista または Windows Server 2008 をインストールしようとするとします。
このシナリオでは、インストール プロセスで、次の Stop エラー メッセージが表示されます。
0X000000BE (を停止します。 パラメーター 1 , パラメーター 2 , パラメーター 3 , パラメーター 4 )

ATTEMPTED_WRITE_TO_READONLY_MEMORY
  • この Stop エラー メッセージ内のパラメーターは、コンピューターの構成によって異なる場合があります。
  • 0x000000BE の Stop エラーこの問題が原因だとは限りません。
  • インストールできます Windows Vista または Windows Server 2008 が正常にコンピューターにより小さい 48 コアを使用するプロセッサを限定する場合。

    たとえば、2 つのブルドーザーの AMD プロセッサ (32 コア) がインストールされている場合、インストールは成功です。ただし、3 つのブルドーザーの AMD プロセッサ (48 コア) がインストールされている場合、インストールは失敗します。
  • Windows Vista または Windows Server 2008 をインストールした後、コンピューターを 2 つ以上のブルドーザーの AMD ベース 16 コア プロセッサを拡張する場合、この Stop エラー メッセージが表示されることがあります。
原因
この問題はオペレーティング システムがスレッドに最適なプロセッサを選択すると、ロジック エラーのため発生します。

オペレーティング システムは、不適切なロジックを使用する場合、オペレーティング システムに存在しないプロセッサを選択します。このため、Stop エラー メッセージが表示されます。
解決方法
この問題を解決するのには、影響を受けるコンピューターで、次の修正プログラム パッケージをインストールします。システムの現在の状態に応じて、多数の修正プログラムを実装するためのオプションがあります。

オプション 1:システムは、バグが、追加プロセッサをインストールするためのチェックです。一時的に、システムを正常に起動し、修正プログラムの適用を許可するプロセッサの数は制限されて ことができます。
  1. 電源投入時または影響を受けるコンピューターを再起動します。
  2. 初期ブート プロセス中を Windows ブート マネージャーにアクセスし、F10 キーを押します「スペースキー」キーを押します。
  3. 現在のブート オプションを編集する (すなわち/NOEXECUTE = OPTOUT) をより低い値をプロセッサの数を制限するには、使用するプロセッサ スイッチを含めます。あなたする可能性があります多少異なります注意してください。リストの末尾に、使用するプロセッサのスイッチを追加するします。たとえば。

    /NOEXECUTE = OPTOUT/NUMPROC = 16

    注: これは、一度の変更とは、現在のブート プロセスにのみ使用されます。この変更は同時のリブート時に省略されます。
  4. [キーの入力] を変更を送信するキーを押します。
  5. 通常のブート プロセスを続行し、管理者の資格情報を持つアカウントを使用してシステムにログオンします。
  6. ダウンロードを抽出し、カーネルを更新するには、ホット ・ フィックスのパッケージをインストールします。
  7. 再起動するメッセージが表示されたら [はい] を選択します。

オプション 2:オペレーティング システムがインストールされていないとインストールは失敗します。このオプションには、修正プログラム パッケージを Windows Server 2008 のインストール イメージを使用するメディアを統合する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. すべての必要なファイルとツールをダウンロードします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Windows 7 OEM プレインストール キット (OPK) をインストールします。Windows 7 のツールは、Windows Server 2008 と Windows Vista のイメージをサービスすることができます。

      http://www.microsoft.com/oem/en/downloads/pages/windows_7_opk.aspx#tabbedSection
    2. 要求とは、次の操作を実行して、コンピューター上のパッケージ更新フォルダーに抽出、修正プログラム パッケージ

      a. を要求し、コンピューターに修正プログラムをダウンロードします。

      b. C:\Test\Updates ディレクトリにインストール、.msu ファイルを展開する修正プログラムを実行します。

      c. 管理者特権のコマンド プロンプトを開き、ディレクトリを C:\Test\Updates に変更

      d. は、.msu ファイルの内容を抽出するには、次のコマンドを実行します。

      -F: * ある-KB2563727-x64.msu c:\test\updates - 展開します。
    3. コンピューターに、Windows Server 2008 のインストール メディア (つまり x:\Sources) からの Install.wim ファイルをコピーします。たとえば、C:\Test\Images フォルダーに、Install.wim ファイルをコピーします。

      注: オフに、読み取り専用保護フラグの Install.wim からファイルを右クリックして、次にプロパティのクリア チェック ボックスをオンにしてください読み取り-のみと [OK] をクリックします。

  2. Windows Server 2008、画像の Install.wim ファイルを修正プログラムを追加します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. スタート ボタンをクリックして、[すべてのプログラム] をクリックして、Windows OPK をクリックしておよび、展開ツール コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
    2. コマンド プロンプトでは、名前またはインデックス番号を変更するイメージを取得します。次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

      Dism/Get-WIMInfo/WimFile:C:\test\images\install.wim
    3. インデックス番号、または、修正プログラムを追加する、Windows Server 2008 のイメージの名前に注意してください。

      ---たとえば--

      E:\Test\Updates>Dism/Get-WIMInfo/WimFile:c:\test\images\install.wim


      展開イメージのサービスと管理ツール

      バージョン: 6.1.7600.16385

      画像の詳細: e:\test\images\install.wim

      インデックス: 1

      Windows Longhorn の名前: SERVERSTANDARD

      説明: Windows Longhorn SERVERSTANDARD

      サイズ: 9,514,856,643 バイト

      インデックス: 2

      Windows Longhorn の名前: SERVERENTERPRISE

      説明: Windows Longhorn SERVERENTERPRISE

      サイズ: 9,524,736,456 バイト

      インデックス: 3

      Windows Longhorn の名前: SERVERDATACENTER

      説明: Windows Longhorn SERVERDATACENTER

      サイズ: 9,523,944,197 バイト

      インデックス: 4

      Windows Longhorn の名前: SERVERSTANDARDCORE

      説明: Windows Longhorn SERVERSTANDARDCORE

      サイズ: 2,854,434,578 バイト

      インデックス: 5

      Windows Longhorn の名前: SERVERENTERPRISECORE

      説明: Windows Longhorn SERVERENTERPRISECORE

      サイズ: 2,865,043,006 バイト

      インデックス: 6

      Windows Longhorn の名前: SERVERDATACENTERCORE

      説明: Windows Longhorn SERVERDATACENTERCORE

      サイズ: 2,864,646,247 バイト

      操作が正常に終了しました。

      -----

    ここでは、インデックス 2 の SERVERENTERPRISE に関心が私たちです。

    1. イメージをマウントし、修正プログラム パッケージのインストールに使用するオフラインのターゲット イメージ フォルダー (C:\Test\Offline) を作成します。[コマンド] ウィンドウに、引用符を付けずには、次のコマンドを入力します。

      「MD C:\Test\Offline」

      注: イメージをマウントする前に、C:\Test\Offline フォルダーを作成する必要があります。
    2. インデックス番号または名前が手順 2 C を使用してイメージをマウントするのにには、DISM コマンドを使用します。

      Dism/Mount-Wim/WimFile:C:\test\images\install.wim/Index:2 の/MountDir:C:\test\offline
    3. マウントの install.wim ファイルを修正プログラム パッケージを追加します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力、Enter キーを押します。

      Dism/Image:C:\test\offline/Add-Package/PackagePath:C:\test\updates\Windows6.0-KB2563727-x64.cab
    4. コマンドのプロンプトが表示されたら、変更をコミットし、イメージのマウントを解除するには、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

      Dism/Unmount-WIM/MountDir:C:\test\offline/Commit

  3. 次の方法で、Windows Server 2008 のインストール メディアを準備します。
    1. DVD、という名前のフォルダーを行いし、Windows Server 2008 のセットアップDVDの内容を DVD フォルダーにコピーします。たとえば、次のコマンドを使用できます。

      md \dvd
      xcopy X:\*.* \dvd/e

      注: これらのコマンドで、X は、DVD ドライブのドライブ文字を表します。
    2. 変更後の Install.wim ファイルをハード ディスク上の DVD フォルダーにコピーします。

      C:\test\images\install.wim \dvd\sources をコピーします。
    3. Boot.wim ファイルを変更するのではなく、インストール メディアの bcdstore を変更する簡単です。Bdcstore オープンと管理者特権のコマンド プロンプトを変更すると、次のコマンドを実行します。

      「bcdedit/store c:\dvd\boot\bcd の/set {既定値使用するプロセッサ 16」。

  4. 次に、更新されたブート可能な DVD のイメージを構築します。DVD フォルダーの国際標準化機構 (ISO) ファイルを作成して、イメージ、UEFI ブート可能イメージを oscdimg コマンド コマンドを使用できます。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報 を参照してください。

    947024 Windows PE CD-ROM の Windows Server 2008 の UEFI プラットフォーム用の ISO イメージを作成する方法
    1. 昇格されたコマンド ウィンドウを開きます
    2. Oscdimg コマンドの場所にディレクトリを変更します。EXE
    3. ブート可能な DVD ISO イメージファイルを作成するには、次のコマンドを実行します。

      Oscdimg コマンド ・ m ・ o-u2-udfver102-bootdata:2#p0,e,bC:\Windows\Boot\DVD\PCAT\etfsboot.com#pEF,e,bC:\Windows\Boot\DVD\EFI\en-US\efisys.bin C:\DVD C:\x64_2k8r2.iso

      注: 、正しい oscdimg コマンドを使用する必要があります。EXE のプラットフォームを構築する DVD x 86 32 ビット、etc.b、x 64 などでたとえば。

      -m o「c:\Program 配信 OPK\Tools\amd64\oscdimg.exe」-u2-udfver102。

      -bootdata:2#p0,e,be:\Windows\Boot\DVD\PCAT\etfsboot.com#pEF,e,\

      be:\Windows\Boot\DVD\EFI\en-US\efisys.bin e:\DVD e:\x64_2k8r2.iso

      Oscdimg コマンド 2.55 CD-ROM と DVD-ROM のプリマスター ユーティリティ

      Copyright (C) マイクロソフト 1993年-2007年。すべての権利予約します。

      マイクロソフト承認済みのコンテンツを作成する場合にのみライセンスされています。

      スキャン ソース ツリー (14 のディレクトリ内のファイルは 500)

      スキャン ソース ツリー全体 (787 ファイル 248 ディレクトリで)

      ディレクトリ情報の完全なコンピューティング

      イメージファイルは 2806284288 バイト (最適化) の前に

      書き込もうとする 787 ファイル 248 ディレクトリで e:\x64_2k8r2.iso

      達成率 100%

      25073664 バイト (イメージの 1%)、126 のファイルを保存するストレージの最適化

      最適化後は、イメージ ファイルは 2783588352 バイトでは

      埋め込み、sparseness や最適化のための容量 = 25073664

      行われます。

  5. イメージの作成が正常に完了、更新イメージを DVD に書き込むし、Windows Server 2008 のインストールに使用します。サービスは、Windows Vista または Windows Server 2008 のイメージについての情報を参照してください、次の TechNet の参照。

    http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd744342 (WS.10).aspx

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは以上に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

修正プログラムがダウンロード可能になると、このサポートページ上部の「修正プログラムのダウンロード」セクションが有効になります。このセクションが表示されない場合、修正プログラムを入手するには、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート要求を送信します。

注: <b>その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成してください。この修正プログラムの対象にならない追加のサポートには、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス &サポート窓口の電話番号一覧を見たい場合、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>「修正プログラムのダウンロード」フォームは修正プログラムを入手できる言語を表示します。修正プログラムがお使いの言語で利用可能でない場合は、その言語は表示されません。

必要条件

この修正プログラムを適用する場合は、次のいずれかのオペレーティング システムを実行している必要があります。
  • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
  • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)
Windows Vista のサービス パックの入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料の次の記事をご参照ください。
935791 最新の Windows Vista のサービス パックの入手方法
Windows Server 2008 サービス パックの入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料の次の記事をご参照ください。
968849 Windows Server 2008 の最新の service pack の入手方法

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムを使用した場合にレジストリへの変更は加えません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後に、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版は、次の表に記載されている属性を持つファイルをインストールします。日付および時刻について、これらのファイルには世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ローカル コンピューター上のこれらのファイルの日付および時刻は現在の夏時間 (DST) との差と一緒に、ローカル時刻で表示されます。また、日付および時刻は、ファイルに対して特定の操作を実行するときに変更される可能性があります。
Windows Vista と Windows Server 2008 のファイル情報のメモ
重要な修正プログラムの Windows Vista および Windows Server 2008 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれます。ただし、のみ「Windows Vista」が、修正プログラムの要求ページで表示されます。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページに"Windows Vista"の下に記載されている修正プログラムをオンにします。常に各修正プログラムを適用するオペレーティング システムを決定するために記事の [適用先] セクションを参照してください。
  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SP を適用するファイルn)、および、サービスの支社 (LDR、GDR) は、次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。
    バージョン製品SR_Levelサービス区分
    6.0.600 222xxxWindows Vista および WIndows Server 2008SP2LDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) と、MUM ファイル (.mum) はインストールされているそれぞれの環境には、 別に記載 その他ファイル情報」の Windows Server 2008 と Windows Vista の場合に記載します。MUM ファイルと MANIFEST ファイルと関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性が一覧にない、セキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
すべての サポートされるx64 ベース バージョンの Windows Vista および Windows Server 2008
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Ntoskrnl.exe6.0.6002.226564,688,7842011 年 6 月-08-18:49x64

状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料の文書番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するのに使用される標準的な用語について

追加のファイル情報

Windows Server 2008 と Windows Vista の場合、追加のファイル情報

すべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 用の追加ファイル
ファイル名Amd64_05671e4736975feee7e41f46be0df690_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22656_none_53a21e9accadab65.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ701
日付 (UTC)2011 年 6 月-08-
時刻 (UTC)19:09
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_e1e5cc4ea8531d4b648d37ad8e4aa607_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22656_none_82f02ddd9138dc3e.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ721
日付 (UTC)2011 年 6 月-08-
時刻 (UTC)19:09
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft windows os kernel_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22656_none_ca8f0d2782e78583.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ17,282
日付 (UTC)2011 年 6 月-08-
時刻 (UTC)19:10
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows r.gistry trustedtypes_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22656_none_e25ca519fd2c901d.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ7,656
日付 (UTC)2011 年 6 月-08-
時刻 (UTC)15:49
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ3,305
日付 (UTC)2011 年 6 月-08-
時刻 (UTC)19:09
プラットフォーム該当なし
0x000000BE ブルドーザー Interlagos 4 ソケット失敗した vista Server 2008 をインストールします。
関連情報
この資料で説明するサードパーティ製品はマイクロソフトとは無関係の企業による製品です。マイクロソフトは、これらの製品のパフォーマンスや信頼性に対し何の保証も行いません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2563727 - 最終更新日: 10/10/2014 20:36:00 - リビジョン: 3.0

Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Ultimate, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V

  • kbmdd kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2563727 KbMtja
フィードバック