ボリュームライセンス版の Office 2010 製品とリテール版の Office 2010 製品がインストールされている環境で、OSPPRearm.exe を 2 回以上実行しようとするとエラーが発生する

現象
ボリューム ライセンス版の Office 2010 製品とリテール版の Office 2010 製品が混在している環境で、ライセンス認証情報をリセットする OSPPRearm.exe を 2 回以上実行しようとすると再装備 (Rearm) の最大数を超えたとのメッセージが表示され、ライセンス認証情報をリセットすることができません。
原因
ライセンス認証情報をリセットする OSPPRearm.exe は、インストールされているソフトウェアの内、再装備 (Rearm) の数が最も少ないソフトウェアの最大数をリセット可能な回数とします。

ボリューム ライセンス版の Office 2010 製品とリテール版の Office 2010 製品が混在している環境では、リテール版の Office 2010 製品でリセット可能な回数が 1 回であるため、1 回のみ OSPPRearm.exe を実行することができます。

なお、リテール版をインストールし何も作業せずにアンインストールした場合でも OSPPRearm.exe を実行できる回数は 1 回となります。
回避策
ボリュームライセンス版 Office 2010 製品とリテール版の Office 2010 製品が混在する環境で OSPPRearm を実行し、イメージをキャプチャするには、以下のいずれかの方法を実行します。

方法 1 :
すべての製品をインストールした後、イメージ上で Sysprep を実行する直前に OSPPRearm を 1 回実行します。

方法 2:
何らかの理由で OSPPRearm を 2 回以上実行する必要がある場合には、まず Office 2010 をインストールして OSPPRearm を実行し、イメージをキャプチャします。
その後、イメージを展開した後にリテール版の Office 2010 製品を個々でインストールします。
状況
この動作は仕様です。
詳細
問題の再現手順
  1. ボリューム ライセンス版の Office 2010 とリテール版の Office 2010 製品 (例えば、SharePoint Designer 2010) をインストールします。
  2. コマンド プロンプトを起動し、次のように OSPPRearm.exe を実行します。
    C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\OfficeSoftwareProtectionPlatform\OSPPRearm.exe
  3. 再装備 (Rearm) が成功することを確認します。
  4. 再度コマンド プロンプトにて、OSPPRearm.exe を実行します。


結果:
以下のエラーが発生します。

エラーコード : 0xC004D307
セキュリティ プロセッサで、許可された再装備の最大数を超えたことが報告されました。
再装備を試みる前に OS を再度インストールする必要があります。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2565921 - 最終更新日: 09/20/2016 10:14:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Office Professional Plus 2010, Microsoft Office Standard 2010

  • KB2565921
フィードバック