タイムアウト使用時に Termsrv.exe でアクセス違反が発生することがある

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP256843
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
アイドル接続と切断されたセッションのタイムアウトを使用していると、Termsrv.exe でアクセス違反が発生することがあります。
原因
ログオフが開始された直後にタイマが実行される場合に、アイドル タイマのハンドルが解放され、後で参照されることがある小さなウィンドウが存在します。

状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下 Web サイトから入手できます。
詳細
タイムアウト設定の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
222995 Windows 2000 Terminal Services Time-Out Setting Limits
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 256843 (最終更新日 2000-12-18) をもとに作成したものです。

Q256843_W2K_SP1_x86_en.EXE
プロパティ

文書番号:256843 - 最終更新日: 02/14/2014 02:03:54 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbfix kbwin2000presp1fix kbwin2000sp1fix KB256843
フィードバック