現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

マップされたドライブを IIS で使用する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP257174
マイクロソフトでは、Microsoft Windows Server 2003 で実行される Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 にアップグレードすることを、すべてのユーザーに強く推奨します。IIS 6.0 により、Web インフラストラクチャのセキュリティが大幅に強化されます。IIS のセキュリティ関連のトピックについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
概要
この資料では、IIS の Web サイトと仮想ディレクトリにマップされたネットワーク ドライブの使用について説明します。

Web サイトまたは仮想ディレクトリを作成または管理する場合、そのサイトまたは仮想ディレクトリのコンテンツが格納されている物理的な場所を参照する方法には、マップされたドライブの使用が含まれます。このため、マップされたドライブを使用して、ネットワーク共有にコンテンツを保存することが可能であるように思えますが、ドライブのマッピングの性質上、この方法は使用できません。リモート コンピュータにコンテンツを保存する場合は、リモート コンピュータ上の共有を指す汎用名前付け規則 (UNC) パスを使用して Web サイトまたは仮想ディレクトリを作成します。
詳細
ドライブのマッピングは net use コマンドの拡張で、ユーザー単位で作成されます。つまり、ドライブのマッピングへのエントリは、ネットワーク ドライブにマップを行ったユーザーの Hkey_Current_User レジストリ キーの下に存在します。また、ドライブのマッピングは、現在ログオンしているユーザーの資格情報を使用して作成されます。

この問題を回避するには、Web サーバーで認証が必要なユーザーとして Web サーバーのコンソールにログインし、そのユーザー アカウントで、固定のドライブ (ログオン時に再接続するドライブ) としてマップされたドライブを作成します。この方法では、接続しているユーザー アカウントで、アクセスのために 2 回 (IIS によって 1 回、マップされたドライブを作成するためにもう 1 回) 認証が必要になることがあるため、パフォーマンスの低下を引き起こす場合があります。

リモート コンピュータ上にある Web サーバーのコンテンツにアクセスする方法としては、汎用名前付け規則 (UNC) に基づく共有名を使用することをお勧めします。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
222069 [IIS] IIS 4.0 でリモート コンピュータを使用する時にユーザー名とパスワードが要求される
207671 IIS からネットワーク ファイルへのアクセス方法
関連情報
ドライブ割り当ておよび net use コマンドの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
135665 MS-DOS セッションでの接続確立は推奨されていない
149984 Windows NT 環境でサービスで作成されたネットワーク ドライブへのアクセス
103390 Windows Server 2003、Windows XP および Windows 2000 のネットワーク アクセスの検証のアルゴリズムおよび例
154738 [NT] ネットワークドライブの再接続時の現象について
プロパティ

文書番号:257174 - 最終更新日: 04/07/2006 07:30:05 - リビジョン: 5.1

Microsoft Internet Information Services 6.0, Microsoft Internet Information Server 4.0, Microsoft Internet Information Services 5.0

  • kbprb KB257174
フィードバック