Windows Server 2003 ターミナル サーバー ポートがリッスンしないことがある

Support for Windows Server 2003 ended on July 14, 2015

Microsoft ended support for Windows Server 2003 on July 14, 2015. This change has affected your software updates and security options. Learn what this means for you and how to stay protected.

現象
Windows Server 2003 ターミナル サーバーにおいて、ターミナル サービスが起動中であるにもかかわらず TCP 3389 ポートがリッスンしないことがあります。
ターミナル サービス ポートがリッスンされていないため、クライアントからのリモート デスクトップ接続に失敗します。
原因
ターミナル サービス起動時の初期化処理においてリダイレクトされた TS Printer オブジェクトのパージ処理を行います。この時、プリンター オブジェクトが正しく削除できない場合にはサービスの初期化処理が失敗し、ターミナル サービス ポートをオープンできません。

根本的には以下のような要因が考えられます。
  • プリンター ドライバーから応答がない。
  • プリンター ドライバーがターミナル サーバーに対応していない。
解決方法
リダイレクトされたプリンター オブジェクトを削除してから、ターミナル サーバーを再起動します。
回避策
状況
詳細
Netstat –ano コマンドなどを利用して、TCP 3389 ポートがリッスンされていることが確認できます。ターミナル サービスが起動しているにも関わらず、TCP 3389 ポートがリッスンされていない場合は本現象に該当している可能性があります。
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2571774 - 最終更新日: 09/29/2016 08:50:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2

  • KB2571774
フィードバック