[NT] コンピュータがバッテリで稼動すると CPU 使用率が高くなる

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP257278
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
コンピュータがバッテリで実行しているとき、一時的にプロセッサの使用率が高くなり、100 % に達することがあります。
原因
Windows 2000 は、BIOS に対してバッテリの状態をポーリングしていますが、必要なデータを受信できません。このポーリングは、正しいデータを受信するまで繰り返されます。これにより、コンピュータでプロセッサの使用率が高くなります。
状況
弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しており、現在調査中です。
詳細がわかりしだい、サポート技術情報にてお知らせする予定です。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 257278 (最終更新日 2000-05-25) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:257278 - 最終更新日: 02/04/2014 09:54:23 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbenv kbfix kbhw KB257278
フィードバック