OWA セッションで Office 365 専用/ITAR のタイムアウトの値

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2573296

この資料では、Microsoft Outlook Web Access (OWA) の認証のタイムアウト値を説明します。
OWA セッションのタイムアウト値
ユーザーは、一定の期間後の OWA を自動的に記録されます。OWA セッションのタイムアウト期間は、ユーザーが OWA にログオンするときに、ユーザーが[公共または共有のコンピューター ] オプションまたはプライベートのコンピューターオプションを選択するかどうかによって異なります。

既定では、タイムアウト値は Microsoft Exchange で次のように設定されます。

オプションタイムアウト値
公共または共有のコンピューターします。OWA セッションは終了し、ユーザーは自動的にログオフされる 15 分間続いた。
これは、プライベートのコンピューターOWA セッションは終了し、ユーザーは自動的にログオフされるアイドル時間は 8 時間後です。
ただし、これらの既定値をオーバーライドする場合があることもあります。企業は、2 要素認証を使用する場合、OWA サーバーの前に、認証サーバーがあります。ユーザーのセッションでは、特定の認証サーバーに対してタイムアウト可能性があります、OWA のユーザーのセッションはアクティブなログオン オプションを選択したユーザーに達するとのタイムアウトまでです。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2573296 - 最終更新日: 02/18/2016 08:28:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Exchange Online Dedicated

  • vkbportal226 kbmt KB2573296 KbMtja
フィードバック