[IIS] 存在しない IP: PORT の組み合わせへのセキュリティで保護された接続による W3svc.dll でのアクセス違反

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP257332
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Internet Information Services (IIS) Version 5.0 サーバーに対し、存在しない IP:Port の組み合わせで HTTPS リクエストを送信した場合、W3svc.dll でアクセス違反が発生する可能性があります。
原因
IIS 5.0 は、コンピュータに関連付けられているすべてのインターネット プロトコル (IP) でユーザーからのリクエストを Listen 状態で待機します。SSL (Secure Socket Layer) 接続では、エラーは暗号化される必要があるため Web サーバーは可読なエラーメッセージを返すことができません。各暗号化では、サーバーに格納されたハッシュ テーブル内で IP:PORT 照合を使用して検索される証明書を必要とします。この場合、照合が失敗し、アクセス違反になります。
解決方法
この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法



状況
マイクロソフトは、これが IIS 5.0 にかかわる問題であることを確認済みです。

この問題は、Windows 2000 Service Pack 1 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 257332 (最終更新日 2000-11-16) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:257332 - 最終更新日: 02/07/2014 18:31:41 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Internet Information Services 5.0
  • kbnosurvey kbarchive kbiis kbiis500 kbiis500bug win2000presp1fix kbtshoot kbhowto KB257332
フィードバック