Outlook の一部の機能を制御するグループ ポリシー設定は、管理者を削除すると、Outlook の設定が予期せず変更可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2573406
現象

いくつか Microsoft Outlook 2013、Microsoft Outlook 2010 または Microsoft Office Outlook 2007年の機能を制御するグループ ポリシー設定は、管理者を削除すると、Outlook の設定が変わることがあります。影響を受ける Outlook の設定は、次のとおりです。ただし、影響を受ける設定はこれらの設定に限定されません。

  • 数か月間の公開される空き時間情報
  • 空き時間情報を公開するの間隔
  • 確認メッセージと処理した後、会議返答を削除
  • 確認メッセージの自動処理
  • 既定のアラーム時間
  • 稼働時間と稼働日の定義
原因

Outlook は、「現象」に記載別場所から記載されている設定を読み取ります。1 つの場所は、ユーザー設定領域、Windows レジストリのです。Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用して Office を展開すると、初期設定を構成するのには、管理者が決定できます。これらの設定はレジストリに書き込まれます。これらのレジストリ値は、「シード」値と見なされます。これは Outlook を初めて実行すると、ここから「シード」値読み込みますと、Exchange のメールボックスに移動設定として書き込むことを意味します。この時点から、Outlook は、ローミングの設定のみを使用します。初期シード値として、レジストリに格納されているユーザーの設定となるため、Outlook は再度読み込まれません。Outlook のオプションを変更するのには、Outlook のユーザー インターフェイスを使用すると、これらの変更、メールボックスの移動の設定に直接書き込まれます。

管理者は、グループ ポリシー オブジェクトを使用してこれらの設定を構成することを決定した場合は、Outlook、グループ ポリシー オブジェクトからの設定だけを使用します。つまり、グループ ポリシーの設定は、メールボックスの移動プロファイルに格納されてからと異なる場合があります。グループ ポリシー オブジェクトを削除すると、移動プロファイルを使用して Outlook に戻されます。移動の設定は、グループ ポリシー オブジェクトに定義されているからとは異なる場合は、動作の変更を参照してください。

解決方法
グローバルに設定またはグループ ポリシーまたはレジストリの値を使用してグローバル ローミングの設定を構成するオプションはありません。

この問題を回避するには、Outlook のユーザー インターフェイスを使用して、必要に応じて設定を構成する必要があります。これは、だけで期待される機能を制御するグループ ポリシー オブジェクトを削除した後、「現象」セクションで説明する Outlook の機能の動作を変更を確認する場合に必要です。

詳細
「現象」に記載されている設定を読み取るとき outlook は次の優先順位を使用します。
  1. グループ ポリシー
  2. ローミングの設定
  3. レジストリ値を使用します。

ユーザーのレジストリ値が存在する場合は、Outlook の 2013年の次の場所に格納されています。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Options\Calendar

CalDefStart
CalDefEnd
RemindDefault
稼働日

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Options\General

AutoDelRcpts
AutoProcReq

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Preferences

FBPublishRange
FBUpdateSecs

注: の Outlook 2010 はレジストリ キーのパスの開始は次のとおり:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\

Outlook 2007 では、レジストリ キーのパスは、次のとおり開始します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\

Mfcmapi を使用して実行して、カレンダー関連付けられているフォルダーの内容を表示するのには、移動の環境設定を表示できます。サブジェクト、および選択IPM で並べ替えます。Configuration.Calendarします。 次に、[PR_ROAMING_DICTIONARY] をダブルクリックします。表示されるエディターのプロパティウィンドウの値のいくつかを示しています。(以下のスクリーン ショットの右側にあるに注意してください)。

Viewing Outlook roaming preferences in MFCMAPI

移動の環境設定をレジストリ値には次のとおりマップ:

ローミングの設定

レジストリ値

piFBUserPublishRange

FBPublishRange

piFBUpdateSecs

FBUpdateSecs

piAutoProcess

AutoProcReq

piRemindDefault

RemindDefault

piAutoDeleteReceipts

AutoDelRcpts

piCalDefStart

CalDefStart

piCalDefEnd

CalDefEnd

piWorkday

稼働日

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2573406 - 最終更新日: 05/08/2013 17:44:00 - リビジョン: 2.0

  • kbmt KB2573406 KbMtja
フィードバック