Word 2010 で印刷結果の用紙サイズが以前のバージョンと異なる

現象
Word 2010 で文書の印刷を行った場合、ページ設定で確認できる用紙サイズと異なったサイズの用紙に印刷される場合があります。この現象は文書に保持された用紙サイズの高さと幅が、規定の用紙サイズ (A3 など) で定義された値と同じで、規定の用紙サイズとは異なる用紙が設定されている文書を印刷した場合に発生する可能性があります。

同じ文書を以前のバージョンの Word で印刷した場合は、ページ設定で確認できる用紙サイズで印刷されます。
原因
Word 2010 ではバックステージ ビューの採用により以前のバージョンとは印刷処理が異なっています。印刷時にバックステージ ビューに表示される用紙サイズは、文書に保持された情報をもとに表示されています。一方ページ設定で表示される用紙サイズも文書に保持された情報をもとに表示しますが、規定の用紙サイズと同じ高さと幅が設定されている場合、そのサイズに合致する規定の用紙名が表示されます。
バックステージ ビューからの印刷の場合、文書に保持された用紙サイズ情報をもとに印刷処理を進めるため、印刷を行う環境に同じ ID を持つカスタム フォームが存在する場合に実際に文書に設定された用紙サイズではなく、印刷環境の同じ ID のカスタム フォームのサイズが採用される場合があり、その結果用紙サイズがページ設定で確認できるものと異なることがあります。
解決方法
回避策
クイック印刷の機能から印刷を行った場合は以前のバージョンの Word と同等の処理が行われるため、意図されたサイズでの印刷を行うことができます。

  1. Word のタイトルバー左にある [クイック アクセス ツール バーのユーザー設定]ドロップダウン メニューから [クイック印刷] のチェックをオンにします。
  2. クイック アクセス ツール バーに追加された [クイック印刷] ボタンを押して印刷を行います。

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
本現象が発生する可能性がある文書を Word 2010 で開いた場合、印刷時のバックステージ ビューでは 「ユーザー設定のページサイズ」、ページ設定では [A3] など規定の用紙サイズとして表示されます。ただし、このように表示される文書すべてで現象が発生するわけではありません。また、印刷を行う PC に登録されているフォームの状況によっても発生状況が異なります。
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2575892 - 最終更新日: 07/01/2011 08:21:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Word 2010

  • kbbug KB2575892
フィードバック