現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 2000 および Windows Server 2003 でのファイルの種類およびファイルの関連付け機能の変更点

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
概要
Microsoft Windows NT 4.0 では、ファイルの種類の関連付けに固有のエントリはすべて、以下のレジストリ キーに格納されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes (HKEY_CLASSES_ROOT は場所のエイリアスです。)
Microsoft Windows NT Server 4.0 Terminal Server Edition を実行しているコンピュータの場合、ユーザー単位で情報を構成できるように、これらの設定を各ユーザー プロファイルにコピーするための Peruser ツールが必要です。

Microsoft Windows 2000 および Microsoft Windows Server 2003 では、以下のレジストリ キーに、ユーザー固有のファイルの種類の関連付けを格納するための新しい場所が追加されました。
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Classes
この場所では、ユーザーのプロファイル内のファイルの種類の関連付けを独自にカスタマイズすることができます。レジストリの複数の場所に情報を重複して保存して、レジストリのサイズを不必要に増加させることはなくなります。
詳細
Windows 2000 および Windows Server 2003 では、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes レジストリ キーに格納される情報に、コンピュータのすべてのユーザーに対してグローバルなファイルの種類の関連付けが依然として含まれています。ただし、重複している場合は、HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Classes レジストリ キーにあるエントリが優先されます。

ユーザー インターフェイス (UI) では、依然として HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes レジストリ キー内のグローバルな設定が示されます。また、セキュリティが変更され、管理者または Power Users グループのメンバのみに、このダイアログ ボックスへのアクセス許可が付与されます。これはワークステーション、サーバー、およびリモート管理モードのサーバーに影響を与えます。

Windows 2000 ターミナル サービスをアプリケーション サーバー モードで実行しているコンピュータでは、UI がロックされるため、だれも (管理者さえも) ファイルの種類の関連付けを変更することができません。これは、プログラムまたは MSI ベースのアプリケーションを使用する場合にのみエントリを編集できるようにするためです。これによって、UI で不用意な変更を行っても、ターミナル サービスを実行しているコンピュータおよびそのすべてのユーザー全体にわたるグローバルなファイルの種類の関連付けに影響を与えることがなくなります。このポリシーが有効な場合、コントロール パネルの [フォルダ オプション] をダブルクリックし、表示された [フォルダ オプション] ダイアログ ボックスで [ファイルの種類] タブをクリックすると、[新規]、[削除]、[変更]、[詳細設定] の各ボタンがすべて無効になっています。

以下のレジストリ エントリを変更することによって、この機能を有効にすることができます。
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer] "NoFileAssociate"=dword:00000000
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。
このキーをデフォルト値の 00000001 から変更することによって、[ファイルの種類] ダイアログ ボックスが、他の Windows 2000 の構成と同じように機能するようになります。管理者および Power Users は、コンピュータおよびそのすべてのユーザーに対してグローバルなファイルの種類の設定を変更することができます。

現在、UI を使用して、HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Classes レジストリ キーに格納されているユーザー固有のファイルの種類の関連付けを変更したり編集したりすることはできません。この関連付けの変更や編集を行う場合は、レジストリを直接編集するか、または独自の UI を開発してこの情報にアクセスできるようにする必要があります。

詳細については、Microsoft Windows 2000 Resource Kit の Technical Reference to the Windows 2000 Registry で HKEY_CLASSES_ROOT を検索してください。
file associations always use the selected program to open this kind of file gray grayed out dim dimmed disabled select click
プロパティ

文書番号:257592 - 最終更新日: 12/03/2007 07:51:00 - リビジョン: 6.3

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition

  • kbinfo kbenv KB257592
フィードバック