[XGEN] GUI 修正プログラム ユーティリティのスイッチ /x /m /s /z

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
パッケージ済みの修正プログラムは、テスト、電子メールでの送信、または手動インストールのためにアンパッケージすることができます。修正プログラムのパッケージ化に使用される GUI (グラフィカル ユーザー インターフェイス) 修正プログラム ユーティリティには、ドキュメントのない以下のスイッチが含まれています。なお、GUI 修正プログラム ユーティリティを使用した修正プログラムは、通常 Qxxxxxx.exe としてパッケージ化されています (xxxxxx は対応する修正プログラムに関する「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の文書番号です)。
  • /x : パッケージに含まれるファイルの一覧が表示され、展開するファイルと展開先の場所を指定することができます。
  • /s : サイレント インストールを実行します。サービスの停止および修正プログラムのインストールは、メッセージや UI (ユーザー インターフェイス) なしで行われます。このスイッチでは、インストールが完了するかなり前にコマンド プロンプトに制御が返るため、修正プログラムのインストールが完了するまで十分な時間を置く必要があります。修正プログラムがインストールされたかどうかを調べるには、タスク マネージャのプロパティで GUI 修正プログラム パッケージ Qxxxxxx.exe が実行されているかどうかを確認します。xxxxxx は「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の文書番号と修正プログラム名です。
  • /z : /x スイッチと同様ですが、/z スイッチではコンピュータが自動的に再起動されます。コンピュータを自動的に再起動する必要がある場合を除いて、/z スイッチは使用しないようにします。
  • /m : フォルダの場所の入力を要求します。Windows フォルダ、System フォルダ、System32 フォルダ、Temp フォルダ、Source フォルダ (通常は Temp フォルダ)、System Windows フォルダ、Language フォルダの場所を選択できます。
詳細
以下に示すのは、「概要」に記載された GUI 修正プログラム ユーティリティのスイッチの詳細です。
  • 修正プログラムの一覧はすべて次のレジストリ キーに格納されます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\product\Qxxxxxx
    product は修正プログラムの対象製品名、xxxxxx は修正プログラムに関する「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料の文書番号です。
  • Exchange Server の場合、Exchsrvr\Qxxxxxx フォルダにログ ファイルが 2 つ生成されます。Install.log ファイルには、ファイルのコピーやスキップの状態が出力されます。Qxxxxxx.log ファイルには、修正プログラムをインストールしたユーザーや日時などの詳細情報が出力されます。
  • Exchange Server 関連のパッケージの中にはアンインストールできるものがあります。修正プログラムをアンインストールできるかどうかは、インストーラのセットアップ プロセスのダイアログ ボックスに記載されています。Exchange Server のバックアップが可能である場合、ファイルは次の場所にバックアップされます。
    Exchsrvr\Qxxxxxx
  • 上書きされるレジストリ キーはバックアップされません。
  • /? スイッチなどのヘルプ ドキュメントは修正プログラムに含まれません。
  • 修正プログラムはコンポーネント全体として適用してください。コンポーネント ビルドから個別のファイルをインストールすることは推奨しません。
  • /x スイッチおよび /z スイッチの詳細 : これらのスイッチは、対象のコンピュータでファイルが削除された場合や破損した場合に役立てることができます。/x スイッチに続いてフォルダ名を入力すると、指定したフォルダにすべてのファイルが抽出されます。/z スイッチの機能は /x スイッチと同様ですが、/z スイッチではファイルの抽出後に Microsoft Windows が終了します。
  • /s スイッチを指定すると、インストールがサイレント モードで実行されます。背景のグラデーションや進行状況バーは表示されません。コンピュータの再起動を通知するメッセージを除き、インストールで使用されるメッセージやダイアログ ボックスは表示されません。
  • /x スイッチを使用してパッケージを展開した場合、パッケージ内に Alpha 版と Intel 版の両方のバイナリが表示されることがあります。これは、仕様上 Alpha 版と Intel 版の両方のバイナリを含む管理ツール コンポーネントの場合にのみ該当します。I386 版と Alpha 版のファイルがプラットフォームに関係なくすべての管理ツール コンポーネントに含まれるのは、サイト内で両方のプラットフォームの Exchange Server コンピュータが稼働している場合を考慮したものです。
  • 各コンポーネント ビルドには、そのコンポーネント ビルドに関連する情報をまとめた「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 (マスタ資料) があります。マスタ資料には、コンポーネントの修正に関する他のすべての資料の一覧が掲載されています。この資料は、コンポーネントの新しいビルドがリリースされるたびに更新されます。以下に示すのは、そのマスタ資料の一覧です。
    244702 XFOR: Exchange Server 5.5 Post-SP3 Migration Fixes Available
    246889 [XIMS] Exchange Server 5.5 SP3 以降の Internet Mail Service の修正版について
    247009 XIMS: Exchange Server 5.5 Post-SP3 Exchange Connector for Lotus cc:Mail Fixes Available
    248838 [XADM] Exchange Server 5.5 SP3 以降にリリースされたインフォメーション ストアの修正モジュール
    251137 XADM: Exchange Server 5.5 Post-SP3 Message Transfer Agent Fixes Available
    251407 XADM: Exchange Server 5.5 Setup Program Fixes Available
    254301 XIMS: New MCIS SMTP Service Fixes Available
    254303 XADM: New Collaboration Data Objects for Windows NT Server Fixes Available
    254338 New Site Server 3.0 Content Indexing Fixes Available
    254682 XADM: Exchange Server 5.5 Post-SP3 Database Engine Fixes Available
    254805 [XADM] Exchange Server 5.5 SP3 以降にリリースされた管理ツールの修正モジュール
    256032 XFOR: Exchange Server 5.5 Post-SP3 Connector Fixes Available
    256041 XIMS: Exchange Server 5.5 Post-SP3 Chat Service Fixes Available
    256051 XIMS: New Microsoft Commercial Internet System Network News Transfer Protocol Service Fixes Available
    257372 XADM: Exchange Server 5.5 Post-SP3 Directory Fixes Available
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 257946 (最終更新日 2005-04-25) を基に作成したものです。
manual install
プロパティ

文書番号:257946 - 最終更新日: 01/24/2014 11:41:52 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft Exchange Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.0 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Systems Management Server 2.0 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo KB257946
フィードバック