代替ドライブのアクセスを削除する仮想しようとしている場合は拒否されました

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

258625
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
subst コマンドを使用して作成された仮想ドライブを削除すると、"アクセスが拒否されました"というエラー メッセージが表示されますがあります。 この現象はドメイン ユーザー アカウントを使用している場合に発生します。
原因
オペレーティング システム レベルのオブジェクトに対してどのような操作を実行できますに Windows 2000 では制約は。 作業する subst コマンドを許可するが、ドライブ C のオブジェクトを破棄することなど、他のセキュリティ ホールを開きます。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題をこの資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品の問題。
詳細
詳細については、この問題を解決する修正プログラムが含まれている記事を参照してください。

265351既にパスが置き換えられているドライブがコンピューター上のユーザーの永続性

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:258625 - 最終更新日: 01/23/2014 16:10:11 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbshell kbprb kbmt KB258625 KbMtja
フィードバック