現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 2000 Service Pack の Update.exe のスリップストリーム スイッチが RIS サーバー イメージでは機能しない

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
update -s:path_to_image コマンドを使用して、リモート インストール サービス (RIS) サーバー上の CD-ROM ベース イメージに Windows 2000 Service Pack を適用する (スリップストリームする) と、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
Service Pack 共有から配布共有にファイルをコピーするときにエラーが発生しました。
update -s:<path_to_image> コマンドを使用して Service Pack クライアントの新しい RIPREP イメージを作成することで、CD-ROM ベース イメージに Service Pack をスリップストリームすると、新しい RIS クライアントから新しい RIPREP イメージをダウンロードする際に、[Windows を起動しています] 画面でクライアントのシステムが応答を停止することがあります。
原因
現在、Update.exe のスリップストリーム スイッチ (-s) では、CD-ROM ベースの RIS イメージへのスリップストリームはサポートされていません。

解決方法
この問題を解決するには、Risetup.exe を使用して Service Pack を適用した状態の CD-ROM ベースの RIS イメージを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Windows 2000 Professional CD-ROM の内容を、サーバーの共有フォルダにコピーします (または、単一インスタンス記憶域 (SIS) で管理されていない RIS サーバーのローカル フォルダにコピーします)。
  2. Windows 2000 Service Pack のインストール元ファイルで、update -s:folder コマンドを実行して、Service Pack のインストール元ファイルを手順 1. でコピーした CD-ROM のコンテンツに適用します。
  3. スリップストリームの処理が完了したら、RIS サーバーで Risetup.exe を実行して、サーバーに新しいイメージを追加します。ファイルの場所を指定するダイアログ ボックスが表示された場合は、手順 1. ~ 2. で作成した Service Pack を適用したコンテンツがある共有フォルダのパスを入力します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
Service Pack を適用する前のベース イメージが RIS サーバーに存在する場合、Service Pack をインストール済みのシステムのイメージを作成するときに、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
このシステムを複製するために選択したサーバーに CD ベース イメージがありません。サーバー上の CD ベース イメージのバージョンは、複製しようとしているシステムのバージョンと一致しなければなりません。別のサーバーを選択するか、またはこのシステムに CD ベース イメージを追加してください。
このエラー メッセージが表示されないようにするには、この資料の「解決方法」に記載されている手順を実行して、サーバー上に Service Pack を適用したベース イメージを作成します。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 258868 (最終更新日 2003-12-03) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:258868 - 最終更新日: 02/06/2014 22:03:24 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows 2000 Service Pack 2, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows 2000 Service Pack 2

  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbappdev kbprb KB258868
フィードバック