現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

[FIX] サーバー: 5 回以上は、スキーマのバージョンが更新された場合、分散クエリを実行または SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2 で実行するときのメッセージ 7359"エラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2588970
Microsoft Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 2 (SP2) の更新プログラムを 1 つのダウンロード可能なファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、前の SQL Server 2008 SP2 に含まれていたすべてのセキュリティ更新プログラムのリリースを更新します。
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft SQL Server 2008年または Microsoft SQL Server 2008 R2 を実行しているコンピューターにリンク サーバーを作成します。リンク サーバーは OLE DB データ ソース、リモート サーバーを指します。
  • リンク サーバー上の一部のデータ オブジェクトを使用して、分散クエリを実行します。
  • リモート サーバー上のいくつかの操作を実行し、操作データ オブジェクトを 5 つ以上のスキーマ バージョンの更新が発生します。

    たとえば、リンク サーバー上のテーブルのスキーマ バージョンを更新するのには、リモート サーバー上のテーブルのインデックスを再構築します。

    メモ クエリの次の実行する前に、操作を実行します。
  • 上のリンク サーバーは分散クエリを再度実行します。

このシナリオでは、クエリを再コンパイルしないと、次のようなエラー メッセージが表示されます。
サーバー: メッセージ 7359、レベル レベル番号、状態 状態の数、行 行番号
OLE DB プロバイダー"プロバイダーの名前「リンク サーバー」リンク サーバー名「コンパイル時 (スキーマ バージョンの変更を報告する」コンパイル時") して実行時間 ("実行時") を"リンクされているテーブルの名前".
メモ
  • プロバイダーの名前 OLE DB プロバイダーの名前のプレース ホルダーです。
  • リンクされているテーブルの名前 リンク サーバーにクエリを実行して、テーブルの名前のプレース ホルダーです。
  • 次のステートメントは、通常、スキーマのバージョンを変更できます。
    • テーブルを変更します。
    • インデックスを作成します。
    • インデックスを削除します。
    • DBCC REINDEX
原因
この問題は、クエリの再コンパイルの上限に達したために発生します。

スキーマに変更が加えられるし、キャッシュ内のいくつかのオブジェクトが削除されます、クエリの再コンパイルの操作する必要があります。ただし、スキーマのバージョンを更新する 5 台を超える変更を加えた後再コンパイルの上限に到達しました。したがって、「現象」に記載されている問題に発生します。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008 SP2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 6

この問題に対する修正は、6 の累積的な更新プログラム パッケージにまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの SQL Server 2008 SP2 の入手方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2582285 SQL Server 2008 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 6
メモ ビルドは累積的であるため、新しく更新プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 SP2 に含まれていたすべてのセキュリティ更新プログラムのリリースを更新します。この修正プログラムが含まれている最新リリースの更新プログラムの適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2402659 SQL Server の 2008 SQL Server 2008 SP2 のリリース以降後にリリースされたビルドします。



回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 実行、 DBCC FREEPROCCACHE(' Plan_Handle') のステートメント。

    詳細については、 Plan_Handle パラメーターは、次の MSDN web サイトを参照してください。
  • 実行、 sp_refreshView 'ViewName' ストアド プロシージャ。

    メモ SQL Server 2008 SP2 用の累積的な更新パッケージ 3 がインストールされている場合は、このメソッドは機能しません。

状況
Microsoft は、これは「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題であること確認しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2588970 - 最終更新日: 09/19/2011 18:03:00 - リビジョン: 1.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB2588970 KbMtja
フィードバック