PowerPoint 2010 および PowerPoint 2007 にて、表内のセルの余白設定により、意図しないセルの配置の変化が起きる場合がある

現象
PowerPoint 2010 および PowerPoint 2007 にて、表を選択し、[表ツール] の [レイアウト] タブより、[配置] 内の [セルの余白]-[ユーザー設定の余白] メニューを選択すると [セルのテキストのレイアウト] ダイアログが表示され、表全体のセルの内部の余白を変更することが可能ですが、各セルの [垂直方向の配置] 設定が複数種類設定されている場合、セル内のテキストの配置の設定が意図せず変化する現象が発生します。
原因
解決方法
回避策
下記の手順で現象の回避が可能です。
  1. PowerPoint 2010 または PowerPoint 2007 にて該当のファイルを開きます。
  2. 表を選択後に、右クリックメニューから [図形の書式設定] を選択します。
  3. [図形の書式設定] ダイアログにて、[テキスト ボックス] タブ内の [内部の余白] 部分にて、セルの余白を設定し、[閉じる] をクリックします。

結果
各セルの垂直方向の配置情報は保持されたまま、各セルの余白が設定されます。

状況
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
詳細
本現象は下記の手順を行った場合に発生します。
  1. PowerPoint 2010 または PowerPoint 2007 を起動します。
  2. [挿入] タブから、スライド内に 3 行 2 列の表を追加します。
  3. 挿入した表の高さを大きくします。
  4. 各セルにテキストを入力します。
  5. 1 行目のセルを選択し、[表ツール] の [レイアウト] タブから、[配置] タブ内の [下揃え] を選択します。
  6. 2 行目、3 行目のセルを選択し、[表ツール] の [レイアウト] タブから、[配置] タブ内の [上下中央揃え] を選択します。
  7. 適切な名前を付けてファイルに保存し、一度ファイルを閉じます。
  8. 再度ファイルを開きます。
  9. 表の外枠をクリックし、表全体を選択します。
  10. [表ツール] の [レイアウト] タブより、[配置] 内の [セルの余白]-[ユーザー設定の余白] メニューを選択します。
  11. [セルのテキストのレイアウト] ダイアログにて、[テキストのレイアウト] の [垂直方向の配置] が空白となっていることを確認します。
  12. [セルのテキストのレイアウト] ダイアログにて、[内部の余白] 部分の設定を変更し、[OK] をクリックします。(例 : [左] を 1cm とする)
結果
表内の各セルのテキストが、横方向が [中央揃え] および、縦方向が [下揃え] のように表示されます。

追加情報
手順 12. の後、ファイルの保存を試みると、下記の結果となります。
  • 手順 7. にて [PowerPoint プレゼンテーション 形式 (*.pptx)] として保存をしていた場合は、エラーメッセージが表示され、保存が行えません。
  • 手順 7. にて [PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション 形式 (*.ppt)] として保存をしていた場合は、保存が可能です。
    しかし、再度保存後のファイルを開くと、表内の各セルのテキストが、横方向が [左揃え] および、縦方向が [上揃え] として表示されます。


関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2589002 - 最終更新日: 09/30/2016 09:02:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft PowerPoint 2010, Microsoft Office PowerPoint 2007

  • kbbug kbexpertiseinter kbexpertisebeginner KB2589002
フィードバック