Cmd.exe のショートカットの "別のユーザーとして実行" コマンドがコマンド ラインと同じように動作しない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP258948
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
[作業フォルダ] の値が "%HOMEDRIVE%%HOMEPATH%" (Windows 2000 により作成されるショートカットで通常使用される既定値) に設定されているマイクロソフトの既定のショートカットから [別のユーザーとして実行] コマンドを実行すると、そのコマンドが動作せず、"The directory name is invalid" エラー メッセージが表示されます。この現象は、プライマリ ユーザー アカウントが、サーバー共有からマップされるホーム フォルダを持っているが、セカンダリ ユーザー (通常は、ローカル管理者) はそのフォルダに対し権限を持っていない場合に発生することがあります。
原因
これは既知の問題です。この問題の関連情報については、Windows 2000 のヘルプを参照してください。[スタート] ボタン、[ヘルプ]、[検索] タブをクリックして、runas と入力します。次に、[検索開始] をクリックして、"[別のユーザーとして実行] を使って管理者としてプログラムを起動する" トピックをダブルクリックします。

回避策
ショートカットのプロパティを表示して、[作業フォルダ] に表示されたパスをブランクに設定することにより、[別のユーザーとして実行] コマンドを使用する前に、パスを削除できます。修正プログラムの適用により、[作業フォルダ] のパスが、パスのサーバーを確認することはありません。
状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下 Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 258948 (最終更新日 2001-02-22) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:258948 - 最終更新日: 12/05/2015 19:30:35 - リビジョン: 4.0

Microsoft Windows 2000 Professional Edition, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwin2000presp2fix KB258948
フィードバック