MMSSPP 同期エラー メッセージが専用の Office 365 のトラブルシューティング方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2590119
概要
この資料では、Microsoft 管理サービス サービス提供プロバイダー (MMSSPP) の同期のエラー コードとそのコードを表すエラーの解決方法が一覧表示されます。

現在、お客様は、MMSSPP 同期レポートに表示される同期エラーを検索できます。MMSSPP 同期レポートは、1 日 1 回、専用の Microsoft Office の 365 の顧客に提供されます。

お客様が受信する場合同期エラー レポートをより頻繁に変更要求をサービス ・ デリバリー ・ マネージャーに送信することができます。MMSSPP 同期のサイクルごとに複数の時間には、レポートの頻度を増やすことができます。

すべての同期エラー (つまり、これらのエラー コードが"SE"から始まる) は、特定の同期エラーとは無関係に大きな影響を与えた。その影響の説明に従います。プロビジョニング エラー (つまり、これらのエラー コードを持つが「PE」で始まる) には、その影響はありません。

一般的な同期エラーの影響

オブジェクトは、MSO のホストされているディレクトリにエラーが発生しない以前に同期された、MMSSPP では、MSO がホストのグローバル アドレス一覧 (GAL) をオブジェクトに新しい属性に対する変更は同期されません。MMSSPP オブジェクトを同期するが初めての場合は、MSO のホストされているディレクトリに、オブジェクトは同期されません。MSO でホストされているディレクトリに新しいメール アドレスや、新規または削除されたグループのメンバーシップなど、顧客オブジェクトの属性の更新は同期されません。したがって、このような属性の更新が見えないように MSO でホストされているグローバル アドレス一覧に「特定の同期エラーの影響」セクションに記載されている解像度でこのエラーが修正されるまでです。特定の同期エラー メッセージに記載されている影響ステートメントの一般的なだけでなくすべてへの影響は、ここに記載されています。かどうか、追加の影響がない場合、説明は次のように表示されます。
その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響」この同期エラーの影響の詳細については、この資料のセクションの先頭近くにあります。
詳細
<b>同期エラーを検索するときに、ソースの識別名 (DN オブジェクト) を使用する必要があります。ソース DN が動作しない場合は、マネージ オブジェクトの DN を使用してください。


<b>グループとグループのメンバーシップに関連付けられているエラーを参照してください、」配布グループにメンバーが不足しています。セクションに進んでください。
  • ユーザー オブジェクトの targetAddress を SE1008No

    ユーザー オブジェクトにメールボックス (homeMDB) がないし、 targetAddressの値がありません。これは、結果、配信不能電子メール エラーが発生します。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響」この同期エラーの影響の詳細については、この資料のセクションの先頭近くにあります。

    の解像度:ユーザー オブジェクトのメールボックスを作成します。または、既存のメールボックスにtargetAddressの値をポイントします。

  • SE1101The メール属性の値は無効です。

    簡易メール転送プロトコル (SMTP) メール アドレスの形式が正しくないまたはサポートされていない文字が含まれています。

    への影響:お客様のメールボックスが存在する場合、この問題が修正されるまで、MSO のホストされているディレクトリに移行できません。

    の解像度:MMSSPP は、同期を再開する前に、メール属性を修正する必要があります。SMTP アドレスの形式を修正する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    316061 XADM: SMTP コネクタがエラー メッセージを返します無効な文字が使用されている場合

  • SE1102 メール属性の値は、マネージ SMTP ドメイン] ボックスの一覧ではありません。

    Mail 属性の SMTP サフィックスが、メールボックスのプロビジョニングを許可されている SMTP ドメインのリストにない。(このリストとも呼ばれる SMTP ドメイン管理リスト)。

    への影響:お客様のメールボックスが存在する場合、この問題が修正されるまで、MSO のホストされているディレクトリに移行できません。

    の解像度:連絡 MSO 場合、この SMTP ドメインが SMTP ドメイン管理リストに追加する必要があります。または、有効でない場合、電子メール アドレスを修正します。
    • MMSSPP は、お客様のオンプレミス メール システムでは、マネージ SMTP ドメイン] ボックスの一覧にサフィックスを持つメール アドレスを持つ (homeMDB または構成可能なメールボックス インジケーター タグ [CMIT]) のメールボックスを持つすべてのユーザー オブジェクトを期待しています。
    • TargetAddressの値が設定されても、唯一の例外が発生します。たとえば、例外が発生したは、お客様のメールボックスがオンプレミスでホストされているではありませんが、お客様のメール システムへの外部にあるとき。
    • 注意が必要そのサフィックスは、管理される SMTP ドメイン] ボックスの一覧でなくなった、するように、customer オブジェクト上にメール アドレスを変更し、そのユーザーに、MSO のホストされているメールボックスがあった場合は、MSO のホストされているメールボックスのプロビジョニングを解除と SE1153 の同期エラーが生成されます。SE1153 の同期エラーの詳細については、次を参照してください。 SE1153.

  • SE1103Mail 属性が null

    Mail 属性は、グループまたは連絡先オブジェクト (null 値) に設定されていません。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響」この同期エラーの影響の詳細については、この資料のセクションの先頭近くにあります。

    の解像度:お客様のフォレスト内のオブジェクトにメール属性の値を割り当てます。

    MMSSPP は、すべてのグループおよび連絡先オブジェクトが定義され、有効な SMTP メール アドレスを期待します。

  • TargetAddress の SE1104The が存在しません。

    TargetAddress属性は、連絡先オブジェクト (null 値) にします。SMTP ドメイン管理リストにメール アドレスが割り当てられているすべての連絡先オブジェクトは、外部の SMTP アドレスを指す、 targetAddress値でなければなりません。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響」この同期エラーの影響の詳細については、この資料のセクションの先頭近くにあります。

    の解像度:連絡先オブジェクトが影響を受けるごとに有効な外部targetAddress値を割り当てます。

    TargetAddressの有効な値の例は次のとおりです。
    SMTP:userA@domainX.fabrikam.com

  • SE1106 メール属性の値が一意ではありません。

    MMSSPP 同期スコープ内のお客様のフォレストの 1 つの別のオブジェクトは、同じメール アドレスを持ちます。

    への影響:お客様のメールボックスが存在する場合、この問題が修正されるまで、MSO のホストされているディレクトリに移行できません。

    の解像度:Mail 属性を一意の値に変更します。同じメール アドレスを持つオブジェクトを識別するのにには、次のライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) クエリを使用します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(mail=<email>))
    たとえば、次のよう Kim.Akers@contoso.com の電子メール アドレスのクエリ。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(mail=Kim.Akers@contoso.com))

  • SE1107The targetAddress の値が有効ではありません。

    TargetAddressの値の形式が正しくないまたはサポートされていない文字が含まれています。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響」この同期エラーの影響の詳細については、この資料のセクションの先頭近くにあります。

    の解像度:TargetAddressの値を修正する必要があります。SMTP アドレスの形式を修正する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    316061 XADM: SMTP コネクタがエラー メッセージを返します無効な文字が使用されている場合
    • メールボックスは、MSO のホストされていない場合、メールが有効なユーザー オブジェクトの targetaddress ドメイン サフィックスはない SMTP ドメイン管理リストに。
    • MSO では、メールボックスがホストされている、メールが有効なユーザー オブジェクトの targetaddress ドメイン サフィックスする必要があります (新しい雇用メールボックス プロビジョニングのオプションは、オフに設定されます) の場合、マネージ SMTP ドメイン] ボックスの一覧では、か (新規採用メールボックス プロビジョニングのオプションをONに設定すると) の場合は null になります。
    • TargetAddressの有効な値の例は次のとおりです。
      SMTP:userA@domainX.fabrikam.com
    • TargetAddressの値に空白文字またはその他の無効な文字が含まれていないことを確認します。末尾のホワイト スペースは無効し、するは特に困難を参照してください。

  • SE1112 targetAddress の値は、マネージ SMTP ドメイン] ボックスの一覧で、します。

    TargetAddress値の SMTP サフィックスは、SMTP ドメイン管理リストをポイントします。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響」この同期エラーの影響の詳細については、この資料のセクションの先頭近くにあります。

    の解像度:TargetAddress値のサフィックスを変更するは、サフィックスがドメイン内の SMTP ドメイン管理リストではありません、したがってメールボックスのプロビジョニングのサポート範囲外を指すようにします。これらのオブジェクトには、外部システムでホストされているメールボックスが存在している (つまり、設置型のお客様のメール システムではなく) し、メールが有効なユーザーとして、MSO のホストされているディレクトリと同期されます。

  • SE1115The メール属性では、連絡先オブジェクトの targetAddress 値を致しません

    マネージ SMTP ドメイン] の一覧では、連絡先オブジェクトのメール属性とtargetAddress値には、mail 属性がありません。MMSSPP は、メール、 targetAddress属性が一致する SMTP ドメインの一覧からメール アドレスのドメイン サフィックスを持つすべての社内連絡先オブジェクトを期待しています。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響」この同期エラーの影響の詳細については、この資料のセクションの先頭近くにあります。

    の解像度:内部のすべての連絡先オブジェクトのメール属性とtargetAddress属性が一致する必要があります。社内の担当者は、SMTP ドメイン管理リストでメールのサフィックスを持つものです。

  • SE1117 プロキシ アドレスの値が一意ではありません。

    プロキシのproxyAddresses属性には、MMSSPP 同期スコープ内のお客様のフォレストの 1 つで重複したアドレスが含まれています。別のオブジェクトには、既に同じプロキシ アドレスが、マイクロソフトが管理proxyAddresses属性がされています。重複管理メタベースの属性、次のいずれかから取得したもの。
    • ソース メール属性
    • ソースのメタベース属性
    • ソースTargetAddress属性

      <b>この属性は、セカンダリのメタベースの属性として、Active Directory スキーマを管理するフローします。


    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響」この同期エラーの影響の詳細については、この資料のセクションの先頭近くにあります。

    の解像度:アドレスを持っている必要はありませんが、適切なオブジェクトのproxyAddresses属性には、重複したプロキシ アドレスを削除します。これを行うには、同じプロキシ アドレスを共有するオブジェクトを識別するのに次の LDAP クエリを使用します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=<address>))
    たとえば、次のようプロキシ電子メール アドレス Kim.Akers@contoso.com のクエリ。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=SMTP:kim.akers@contoso.com))
    従来のアドレスに返信する機能を維持するためにマネージ プロキシ アドレスのいくつかは偶発的な削除から保護されているし、自動的にオフにする管理対象の Active Directory スキーマからソースからオフにしたとき。この問題を解決するには、次の手順を実行します。
    • エラー (@mgd.contoso.com) などのルーティングを管理ドメインに含まれるプロキシ アドレスを指定する場合は、Microsoft Online Services のサポートによってプロキシ アドレスを削除してください。
    • ソースの Active Directory スキーマからそれらをクリアすると MMSSPP の 12.2 より前のバージョンではプロキシの種類が削除されませんでした x500 のプロキシ アドレスです。現在のバージョンでは、お客様のフォレストから削除するプロキシ アドレスは、管理対象のフォレストからすぐに削除 x500。x500 お客様のフォレストから削除されたことが、管理対象の Active Directory スキーマには存在して、プロキシ アドレスを削除できるようです。これらの x500 を削除するのにはプロキシ アドレスでは、以下の手順。
      1. バックアップを作成元のソース オブジェクトにプロキシ アドレスの不要な x500 を追加します。
      2. 2 つの同期サイクルを待機します。
      3. ソース オブジェクトから削除不要な x500 プロキシのアドレスです。不要なプロキシ アドレスは、次の同期サイクル中に Active Directory スキーマを管理からクリアされます。
  • SE1118Mailnickname が null です。

    MailNicknameは、空の顧客の連絡先オブジェクト、および MMSSPP はmailNickname属性ジェネレーター ルールを使用して顧客の連絡先オブジェクトを生成することはできません。属性の既定ジェネレーター ルールはmailNickname customer オブジェクトで定義されている値がないメンバーの値を生成する、Active Directory の(姓名とも呼ばれます) とSn (姓、名とも呼ばれます) の属性を使用しようとします。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響」この同期エラーの影響の詳細については、この資料のセクションの先頭近くにあります。

    の解像度:顧客の連絡先オブジェクトのMailNickname値または(姓名とも呼ばれます) とSn (姓、名とも呼ばれます) の属性値を設定します。

  • SE1119Mail 属性のサフィックスには、管理対象のルーティング アドレスのサフィックスが一致します。

    メール属性のサフィックスは、管理対象のルーティング アドレスのサフィックスと一致する必要があります。管理対象のルーティング アドレスのサフィックスを使用して、MSO との共存のフェーズでは、お客様の従来のメール環境、MSO のホストされているメールボックスへの customer オブジェクトからのメールをルーティングします。したがって、 targetAddressとセカンダリ SMTP proxyAddressesのメール] または [ユーザー オブジェクトのプライマリ SMTP アドレスの一部としてのみ使用する必要があります。管理対象のルーティング アドレスのサフィックスには、通常、形式 @mgd.contoso.com がかかります。

    への影響:顧客のメールボックス、存在する場合、移行できない MSO でホストされているディレクトリにこの問題が修正されるまでです。

    の解像度:管理対象のルーティング アドレスのサフィックスがサフィックスを持つ有効な SMTP 値には、メール アドレスを変更します。

  • SE1125 オブジェクトの識別名のユーザー オブジェクトの検証に失敗しました [CN =...DC = com] でメール フローをエクスポート (メール [user@contoso.com] を =; targetAddress = [SMTP:user@northwindtraders.com])

    Mail 属性とTargetAddress属性の組み合わせは、有効な構成には使用しません。

    への影響:顧客オブジェクトに無効な状態のため、プロビジョニング操作を完了できません。この無効な状態には、次の操作のいずれかをブロック可能性があります。
    • メールボックスのプロビジョニング解除
    • メールボックスのプロビジョニング
    • メールのユーザーのプロビジョニング
    • ユーザーがプロビジョニング解除をメールします。

    解像度: ソース オブジェクトにメール属性とtargetAddress属性の有効な組み合わせが適用されるかどうかを確認します。また、ターゲット アドレスに末尾の空白文字が含まれていないことを確認します。

    注:
    • メール ユーザー: targetAddress属性は、メール属性が一致する必要がありますか、null にする必要があります。(プロビジョニング ルールを確認します)。
    • メールボックス: targetAddressのサフィックスは、管理対象のルーティング ドメイン (つまり、@mgd が含まれているドメイン) をする必要があります雇用の新しい機能が有効になっていない場合。または、 targetAddressサフィックスを新入機能が有効になっている場合は null にする必要があります。MMSSPP 含まれている SMTP ドメインのリストにメール属性のドメインがあります。MMSSPP 含まれている SMTP ドメイン] ボックスの一覧は、顧客ごとにカスタマイズします。

    新しい採用の機能の詳細についてを参照してください、」新新入社員のシナリオの詳細についてはセクションに進んでください。
  • SE1129ユーザーのメールボックスと、管理用のメールボックス オブジェクトの識別名が検出された [CN =...]

    HomeMDB値は、お客様とマネージ環境の両方に存在します。

    への影響:属性は Active Directory オブジェクトを管理するソース オブジェクトから流れるこの問題が修正されるまで。

    の解像度:ユーザーは、MSO のホストされているメールボックスを持つ必要がある場合、は、Active Directory の顧客からhomeMDBを削除します。ユーザーには、MSO 内のメールボックスがないか、 homeMDBソースをオフにして管理対象のメールボックスのプロビジョニングを解除するのには属性が明示的にプロビジョニング解除を使用して一時的にします。管理対象のメールボックスのプロビジョニングを解除した後、元homeMDBを復元できます。このエラーは、MSO のhomeMDB値を持つユーザーのhomeMDB属性がスタンプされてしまったときに通常発生します。
  • SE1131プロキシ アドレスの値は無効です。

    SMTP プロキシ アドレスの値の形式が正しくないまたはサポートされていない文字が含まれています。

    への影響:顧客のメールボックス、存在する場合、移行できない MSO でホストされているディレクトリにこの問題が修正されるまでです。

    の解像度:SMTP プロキシ アドレスの値を修正する必要があります。既定は、最上位レベルのドメイン サフィックスは、プライマリproxyAddresses値の 3 つの文字とセカンダリのメタベース値の 5 つの文字に制限されています。SMTP アドレスの形式を修正する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

    316061 XADM: SMTP コネクタがエラー メッセージを返します無効な文字が使用されている場合
  • SE1137DN を持つオブジェクト [CN =..., の DC = COM] 顧客属性 extensionattribute [NN] を指定する = [aaaaaaaa-aaaa-aaaa-aaaa-aaaaaaaaaaaa] が、他の任意のオブジェクトに参加しない

    <b>正確な拡張属性は自動サービスの再接続 (ASR) の属性であり、お客様の環境ごとにカスタマイズが。

    このエラーは、ソース オブジェクトが、ASR を既存のメールボックスへの接続に設定されていることを示します。ただし、マネージ オブジェクトは GUID を接続することはできません指定されたソース オブジェクトに現在関連付けられています。SE1139 と SE1140 のエラー条件が同一のメッセージを生成し、同じ解像度があります。

    への影響:ソース オブジェクトは、管理対象のメールボックスに接続されている管理対象オブジェクトに結合できません。さらに、新しい管理対象のメールボックスを作成できません。

    の解像度:ASR の拡張属性の値をクリアする必要があります。次の同期サイクルが実行されると後、MMSSPP は、新しいマネージ オブジェクトを作成します。お客様は、適切に同期を構成、MMSSPP は、新しい空の管理されたメールボックスを作成します。Microsoft Online Services サポート チーム (MOSSUP) は、新しい空の 1 つに古いの切断されたメールボックスの内容が復元されます。

    このエラーは、古いデータが失われるまたはソース オブジェクトをフィルター処理または、ASR 拡張属性の設定された新しいオブジェクトの前に、MMSSPP スコープの外に移動するときに発生します。つまり、ASR の処理は、マネージ オブジェクト PendingDeletions の組織単位 (OU) で既に有効期限が切れた後、新規オブジェクトを起動します。フォレスト間移行でこれらのエラーを避けるためには、ASR の拡張属性の値を新しいオブジェクトにスタンプし、以前のデータが失われる前に、ASR の処理が正常に完了またはソース オブジェクトをフィルター処理のことを確認します。
  • SE1144SourceObjectGUID [{0}] と SecondaryVerification [{1}] の ID が一致して 1 に設定するオブジェクトの識別名には [{2}] PendingDeletion の 1 つの行を見つけることができません。

    このエラーの後、失敗した自動サービス再接続 (ASR) が発生することができます。 またはオブジェクトがスコープから引き出された後変更され、スコープには、返されます。Asr セーブセットまたは PendingDeletions の再接続が成功するため、ソースと管理オブジェクトに対しては、メール ユーザー オブジェクトの GUID と一致する必要があります。このエラーが発生した場合、これらの条件のいずれか一致しませんでした。

    への影響:ソース オブジェクトは、管理対象のメールボックスに接続されている管理対象オブジェクトに結合できません。さらに、新しい管理対象のメールボックスを作成できません。

    の解像度:確認メールの値が新しいのために同一または、オブジェクトと、古いデータが失われるまたはソース オブジェクトを対象とします。ASR のシナリオでは、ASR 属性でスタンプされている GUID は、対応するマネージ オブジェクトの GUID ではない、古いソース オブジェクトの GUID をする必要があります。これらの条件を満たしている場合、は、マイクロソフト オンライン サポートについて問い合わせてください。

    ASR プロセスが完了する前に古いデータが失われる (ソース) オブジェクトの電子メール アドレスが変更されたとき、このエラーが発生します。フォレスト間移行でこれらのエラーを避けるためには、ASR の拡張属性の値を新しいオブジェクトにスタンプし、古いデータが失われる (ソース) オブジェクトのフィルターを適用または変更する前に、ASR の処理が正常に完了していることを確認します。

    オブジェクトがスコープから削除し、スコープ PendingDeletions OU の管理対象オブジェクトが削除される前に場合、メールの値は最初のスコープから削除されたときに、同じでなければなりません。それ以外の場合、オブジェクトを再接続されない、しを待つ必要があります、PendingDeletion の期間を期限切れにします。
  • SE1153 不整合の状態: MBU-> MEU の遷移が検出されると、DN を持つオブジェクトが、[CN =...DC = Net] 管理対象のメールボックスを明示的にプロビジョニングされません (DeprovisionMailboxEnabledUser ルール = FALSE)

    このエラーは、マイクロソフトのオンライン環境でメールボックスが存在することを示します。ただし、ソース オブジェクトは、ユーザーのメールが有効な構成に変更されます。偶発的なメールボックスのプロビジョニング解除を避けるためには、顧客する必要があります明示的にタイムスタンプがプロビジョニング解除の属性オブジェクトのメールの種類を変更する前に。SE1151、SE1152、および SE1154 のエラー条件が同一のメッセージを生成し、同じ解像度があります。

    への影響:プロビジョニング解除の意図したメールボックスは、マイクロソフトのオンライン環境にまだ存在しています。ソース属性の変更は行われません、マネージ オブジェクト内のオブジェクトを管理対象のメールボックスはプロビジョンされません。

    解像度:
    1. このオブジェクトでは、メールが有効なユーザーを指定します。
      1. メールとtargetAddressに値を返す元の値 (targetAddressには、@mgd が含まれています)、および 2 つの同期サイクルを実行するまで待ちます。これらの手順は、エラーを解決して、オブジェクトを有効なメールボックスが有効な状態に戻ります。次に、プロビジョニング解除属性が明示的に設定し、 targetAddress値に管理されているルーティング ドメイン (@mgd) に含まれていないサフィックスを変更します。
      2. メールとtargetAddressの値が有効であることを確認します。いずれかの属性の先頭または末尾の空白がないことを確認します。
    2. オブジェクトは、メールボックス ユーザーを指定します。
      1. 新入機能が有効でない場合、 targetAddressの値は、サフィックスで @mgd を含める必要があります。サフィックスに @mgd が含まれている適切なルーティング ドメインを管理するサフィックスを指定することを確認します。
      2. 新入機能が有効の場合、 targetAddressの値を (null) 解除してください。
      3. メールとtargetAddressの値が有効であることを確認します。いずれかの属性の先頭または末尾の空白がないことを確認します。TargetAddressサフィックスが転置の文字を持っていないことを確認します。たとえば、@mdg.contoso.com を @mgd.contoso.com の代わりに使用しないでください。
    新しい採用の機能の詳細についてを参照してください、」新新入社員のシナリオの詳細についてはセクションに進んでください。
  • SE1155 [プロキシ アドレスの値 [{0}] {1} オブジェクト DN [{2}] の proxyaddresses 属性には、セカンダリ SMTP アドレスに無効な SMTP アドレスは、され、削除されます。プロキシ アドレスの有効性を修正してください。

    このエラーは、無効な SMTP アドレスがセカンダリ SMTP プロキシに存在することを示します。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響」この同期エラーの影響の詳細については、この資料のセクションの先頭近くにあります。

    解像度:
    1. MMSSPP は、このオブジェクトの同期を再開する前に、SMTP プロキシ アドレスの値を修正する必要があります。先頭または末尾の空白文字が存在しないことを確認します。SMTP アドレスの形式を修正する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
      316061 XADM: SMTP コネクタがエラー メッセージを返します無効な文字が使用されている場合
    2. 検証ルールは、主のメタベースの値とセカンダリのメタベースの値によって異なります。などのプライマリ SMTP アドレスは、@contoso.com (contoso.net) は、3 桁の最上位レベルのドメイン サフィックスに制限します。セカンダリ SMTP アドレスでは、トップ レベルのドメイン サフィックス (@contoso.local) に 5 文字の制限があります。これらの規則は、別の名前付け規則をローカルのニーズに対応するために要求を設定できます。
  • [名前] の属性の値を参照の識別名を解決するに SE1290 ことはできません。


    MSO でホストされているディレクトリには、フォレスト間のグループの参照属性を解決できません。たとえば、フォレスト間のグループのメンバーにメール属性の値がない場合、または一致するメール アドレスは、MSO のホストされている環境では存在しない場合に、このエラーが発生します。

    への影響:MSO でホストされている環境で複数のフォレストにまたがるグループの属性の名前で参照されるオブジェクトは表示されません。

    の解像度:MSO でホストされている環境に存在する値には、アンカー属性 (mail 属性など) を設定します。
  • SE1401サービスの自動再接続の属性で指定されたオブジェクトの GUID が無効か存在しません

    このエラー、およびその他の ASR に関連するエラー (SE1404、SE1405、SE1406) は、次の問題を示します。
    • ASR 属性で指定されている値は有効な GUID ではありません。
    • MMSSPP のスコープ内で第 2 ゲートの属性 (mail) との組み合わせの GUID によって参照されているオブジェクトがありませんでした。
    • 参照の GUID と第 2 ゲート属性 (mail) MMSSPP のスコープ内の複数のオブジェクトに一致します。

    への影響:顧客のメールボックス、存在する場合、移行できない 1 つのフォレストから、およびオブジェクトの同期が中断されています。

    の解像度:ASR は、このオブジェクトの目的としていますが場合、は、別のフォレストで有効なオブジェクトでは、別のスコープ内のオブジェクトの GUID を指定します。第 2 ゲート値 (メール) は、両方のオブジェクトにも一致しなければなりません。ASR ではありませんが場合に、この値をクリアする必要があります。
  • SE1409保留中の削除の状態のオブジェクトがスコープ内の別のオブジェクトと競合しては

    保留中の削除状態になっている別のオブジェクトと、スコープ内のオブジェクトの競合のメール属性の値。このエラー自動的には解決済みの保留中の削除が完了したとき N 日数 (デフォルトでは 3 日間) とスコープ内のオブジェクトが準備されています。

    への影響:新しいスコープ内のオブジェクトの準備または同期の保留中の削除状態には競合しているオブジェクトが物理的に削除されるまではできません。

    の解像度:新しいオブジェクトの別の電子メール アドレス (および可能なプロキシ アドレス) を指定します。または、保留中の削除期間が満了するまで待機します。このエラーが頻繁にある場合、顧客を要求する Microsoft Online Services に保留中の削除の期間を短縮する提出を検討してください。ASR の初期実装後推奨期間は、ユーザーおよびグループの 1 日の連絡先には、0 日です。
  • キー [extensionattribute10] の SE1514 エラーが存在しません。オブジェクトのエラーを処理できませんでした [CN =...DC = com]

    <b>正確な拡張子属性は、ASR の属性であり、お客様の環境ごとにカスタマイズが。

    通常、ASR の拡張機能の属性に無効な値が設定されている場合、このエラーが発生します。ASR の拡張属性は、有効な GUID 文字列である必要があります。オブジェクトは、ASR の移行のためのものではありません、この値をクリアする必要があります。

    への影響:オブジェクトが変更、プロビジョニング、またはされませんこの状態でプロビジョニングを解除します。

    の解像度:ASR 属性の有効な GUID 文字列を設定します。MMSSPP プロビジョニング インタ フェースのマニュアルのセクション 8.2 で承認されている文字列の形式は。末尾の空白文字が存在しないことと、文字列の末尾にセミコロン) などの他の文字が存在しないことを確認してください。ASR の属性は、ターゲット ソース オブジェクトの GUID に対してのみ使用できます。オブジェクトは、ASR の移行のためのものではありません、この値をクリアする必要があります。
  • SE1647 は識別名 [{0}] に移行元ユーザー オブジェクトがスコープから削除されましたが、ホストされているメールボックスには、証拠保全 [{2}] に [{1}] で設定。マネージ コードのオブジェクトとメールボックスは削除されません。このメールボックスを削除するには、証拠保全を削除します。

    証拠保全は、管理対象のメールボックスが構成されます。ただし、関連するソース オブジェクトはフィルターまたはスコープから削除します。MMSSPP は、証拠保全が解除されるまで、マネージ オブジェクトを削除しません。

    への影響:オブジェクトは、この状態ではないプロビジョン解除されたが。

    の解像度:この動作は仕様では、証拠保全がメールボックスの整合性を保持するために明示的な設定であるためです。メールボックスを削除する必要がある場合は、顧客が証拠保全を削除してください。
  • SE1648 DN [{0}] に移行元ユーザー オブジェクト用のメールボックスがホストされているによって確認されている MMSSPP、プロビジョニングを解除するのにはホストされているメールボックス証拠保全が [{2}] に [{1}] で設定します。マネージ コードのオブジェクトとメールボックスは削除されません。このメールボックスのプロビジョニングを解除するには、証拠保全を削除します。

    証拠保全は、管理対象のメールボックスが構成されます。ただし、その管理対象のメールボックスのプロビジョニングを解除するのには、関連するソース オブジェクトを構成します。MMSSPP は、証拠保全が解除されるまで、管理対象のメールボックスを切断しません。

    への影響:オブジェクトがこの状態ではないプロビジョン解除されました。

    の解像度:この動作は仕様では、証拠保全がメールボックスの整合性を保持するために明示的な設定であるためです。メールボックスを削除する必要がある場合は、顧客が証拠保全を削除してください。
  • PE1 エラー: MSO でホストされているメールボックスを有効にすることができませんでした

    MMSSPP は、MSO のホストされているメールボックスを有効にしようとすると、エラーが発生します。

    への影響:MMSSPP は、この問題が修正されるまで、MSO のホストされているメールボックスを作成できません。

    の解像度:問題と改善策の手順を示す値をそのオブジェクトには、エラー報告の詳細を参照してください。問題または修復の手順がまだ明確でない場合は、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。
  • PE1 エラー: の指定された地域コード (") ' CN = DC では、mgd、DC の = = msft、DC = net' が無効です.

    特定の Office 365 専用環境の 2 つの地域 (北アメリカ、ヨーロッパなど) のデータ ・ センターがある場合、新しいメールボックスの場所を指定する値が決まります。このエラーは、メールボックスのプロビジョニングに要する属性に有効な値が含まれていない場合に発生します。会社の特定の地理的な場所の Microsoft Online Services が構成されている場合、地域コードを使用してのメールボックスのプロビジョニング] 属性に必須です。

    への影響:このエラーが修正されるまで、メールボックスの準備がされていません。

    の解像度:REG 形式の属性を提供するメールボックスの有効な領域が設定されていることを確認 =XXXXは有効な地域コードです。さらに、メールボックスの種類またはプロビジョニングの値が有効であることを確認してください。

    の使用例: extensionAttribute10: MBX =STです。REG =NAです。

    <b>メールボックス プロビジョニングの拡張属性は、お客様の環境ごとにカスタマイズします。
  • PE1 エラー: WPS エラー [有効にするメールボックス]: プロパティ値が有効ではありません。値は、先頭または末尾の空白文字を含めることはできません。プロパティ名:。 表示名。 または。 名。

    先頭および末尾のスペースは、ispdlayNameと Active Directory 属性の名前は無効です。

    への影響:このエラーを修正するまで、マネージ オブジェクトの準備がされていません。

    解像度:
    • DisplayName属性には、末尾の空白文字を使用してオブジェクトを構成する場合は、ホワイト スペースを削除します。これを行うには、メールボックスまたはメールが有効なユーザーが準備されます。
    • DisplayName属性には、先頭のホワイト スペースを使用してオブジェクトを準備すると場合、は、ホワイト スペースを削除します。エスカレーションして、Microsoft Online Services サポート チーム (MOSSUP) によって管理対象オブジェクトを修正する必要があります。
  • PE1 エラー: WPS エラー [有効にするメールボックス]: 'smtp:.username@contoso.com' のアドレスが有効ではありません

    指定されたメール属性が正しくありません。

    への影響:エラーが修正されるまで、マネージ オブジェクトの準備がされていません。

    の解像度:属性を修正する必要があります。一般的なエラーには、無効な文字、空白文字 (「困難な末尾の空白文字を含む)、先頭または末尾のピリオド、および期間繰り返しが含まれます。

  • PE1 エラー: WPS エラー [有効にするメールボックス]: [managedDN] で、プロキシ アドレス"smtp:user.one@mgd.contoso.com"は既に使用されています。別のプロキシ アドレスを選択してください。ManagedDN:.

    ProxyAddresses属性には、MMSSPP 同期スコープ内のお客様のフォレストの 1 つで重複したアドレスが含まれています。別のオブジェクトには、既に同じプロキシ アドレスが、マイクロソフトが管理proxyAddresses属性がされています。重複した管理メタベースの属性がソースの mail 属性、ソースのメタベース属性、またはソースのtargetAddress属性に起因します。(このフローを Active Directory スキーマを管理するとセカンダリのメタベース。)

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響」この同期エラーの影響の詳細については、この資料のセクションの先頭近くにあります。

    の解像度:変更するかを持つ必要がないオブジェクトの重複のtargetAddress属性またはプロキシ アドレスを削除します。同じプロキシ アドレスを共有するオブジェクトを識別するのにには、次の LDAP クエリを使用します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=<address>))
    たとえば、次のようプロキシ電子メール アドレス Kim.Akers@contoso.com のクエリ。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=SMTP:kim.akers@contoso.com))

    従来のアドレスに返信する機能を維持するために誤って削除されないように保護されているいくつかのマネージ プロキシ アドレス自動的にオフに Active Directory スキーマを管理からソースからオフにしたときにします。この問題を解決するには、次の手順を実行します。
    • エラー (@mgd.contoso.com) などのルーティングを管理ドメインにはプロキシのアドレスを指定する場合は、Microsoft Online Services のサポートでそのプロキシ アドレスを削除してください。
    • ソースの Active Directory オブジェクトからオフにしたときより前のバージョン 12.2 のバージョン MMSSPP のプロキシの種類が削除されませんでした x500 のプロキシ アドレスです。現在のバージョンでは、お客様のフォレストから削除するプロキシ アドレスは、管理対象のフォレストからすぐに削除 x500。x500 お客様のフォレストから削除されたことが、管理対象の Active Directory スキーマには存在して、プロキシ アドレスを削除できるようです。これを行うには、以下の手順を実行します。
      1. バックアップを作成元のソース オブジェクトにプロキシ アドレスの不要な x500 を追加します。
      2. 2 つの同期サイクルを待機します。
      3. ソース オブジェクトから削除不要な x500 プロキシのアドレスです。不要なプロキシ アドレスは、次の同期サイクルで Active Directory スキーマを管理からクリアされます。
  • PE1 エラー: WPS エラー [有効にするメールボックス]: ExternalEmailAddress には無効な値: 有効な値の範囲外の引数が指定されています。パラメーター名: 住所ユーザー.@contoso.com有効な SMTP アドレスではありません。

    エラーの発生元は、以前に Office 365 のtargetAddress属性に同期されている無効なアドレスが含まれているtartgetAddressの属性です。ソース オブジェクトのtargetaddress 属性を修正する必要があります。一般的なエラーには、無効な文字、空白文字 (「困難な末尾の空白文字を含む)、先頭または末尾のピリオド、および期間繰り返しが含まれます。通常、 targetAddress属性の値は無効な値から最近変換されました。たとえば:ユーザー.@contoso.comPE7 [シート] タブで報告されたアドレスを変換し、有効な値に修正User@mgd.contoso.com、PE1 [シート] タブで報告されるようになりました。ただし、無効なtargetAddress属性の値は、Office 365 と同期するよう既に、プロビジョニング エラー メールボックスをオフにするには元に戻す必要があります。

    の解像度:メールが有効なユーザーの有効なtargetAddress属性の値を設定します。など、 User@contoso.com アドレスは同期され、Office 365 のtargetAddress属性の値を更新します。TargetAddressの不適切な値が Office 365 で修正されるまで、メールボックスが有効なユーザーとして変換されません。修正されたtargetAddress属性の値が Office 365 に同期された後は、メールボックスが有効なユーザーをプロビジョニングするのには、 targetAddress属性の値を変更します。たとえば、値がUser@mgd.contoso.com.
    1. TargetAddress属性の値を次のように、メールが有効なユーザーの有効なエントリを変更します。 User@contoso.com.
    2. 新しい targetaddress 属性に Office 365 オブジェクトのtargetAddress属性の値を同期するまで待ちます User@contoso.com.
    3. 次のように、メールボックスが有効なユーザーの有効なエントリのtargetAddress属性の値を変更します。 User@mgd.contoso.com.
    4. メールボックスをプロビジョニングするを待ちます。
    5. Office 365 の targetaddress 属性が存在しません。

  • PE3 は、MSO のホストを有効にするリソース メールボックスが失敗しました。

    MMSSPP は、MSO のホストされているリソースのメールボックスを有効にしようとすると、エラーが発生します。

    への影響:MMSSPP は、この問題が修正されるまで、MSO のホストされているリソース メールボックスを作成できません。

    の解像度:示して、問題の解決手順のためには、そのオブジェクトには、エラー報告の詳細を参照してください。問題または改善の手順がまだ明確でない場合は、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。
  • PE7 は、MSO のホストされているメールを作成する、失敗したユーザーが有効になっています。

    MMSSPP は、MSO のホストされているディレクトリにメールが有効なユーザーを作成しようとするとエラーが発生します。

    への影響:MMSSPP は、この問題が修正されるまで、MSO のホストされているメールが有効なユーザーを作成できません。

    の解像度:示して、問題の解決手順のためには、そのオブジェクトには、エラー報告の詳細を参照してください。問題または改善の手順がまだ明確でない場合は、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。
  • PE10 WPS エラー [接続用メールボックス]: メールボックスを".MBX GUID..."データベースに存在しない".MBX データベース..."ManagedDN。

    MMSSPP ソフト削除された状態にあるメールボックスに自動的に再接続しないします。O365 専用で、元のメールボックスに再接続されたことを顧客が希望するし、(たとえば、O365 専用 O365 サービスをお客様のオンプレミスのサーバーに) から別の環境にメールボックスが移行されたとき、この条件が存在します。

    への影響:ユーザーのメールボックスを再接続することはできません。

    の解像度:改善のためのマイクロソフト オンライン サポートに問題をエスカレーションします。



  • MSO でホストされているリソースのメールボックスの PE11Setting の予定表の設定に失敗しました。

    MMSSPP は、MSO のホストされているリソースのメールボックスにメールボックスの予定表の設定を設定するのにはしようとすると、エラーが発生します。

    への影響:MMSSPP を設定できませんメールボックス カレンダーの設定、MSO のホストされているリソースのメールボックスにこの問題を解決するまで。リソース メールボックスの有用性が影響することができます。などの機能、リソース メールボックスで会議の自動承諾への招待など、可能性がありますが動作しないこの問題を解決するまで。

    の解像度:示して、問題の解決手順のためには、そのオブジェクトには、エラー報告の詳細を参照してください。問題または改善の手順がまだ明確でない場合は、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。
  • PE17MSO でホストされているメールが有効な連絡先または配布グループを作成します。

    MMSSPP は、MSO のホストされているディレクトリにメールが有効な連絡先または配布グループを作成しようとすると、このエラーが発生します。

    への影響:MMSSPP は、この問題が修正されるまで、MSO のホストされているメールが有効な連絡先または配布グループを作成できません。

    の解像度:そのオブジェクトに関する問題と問題解決の手順を示すには、エラー報告の詳細を参照してください。問題または修復の手順がまだ明確でない場合は、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。
  • 拡張属性のない現在のエラー: MailNickname が null

    このエラーは、MMSSPP の以前のバージョンでは、SE1118 と同じです。MailNickname属性は、空の顧客の連絡先オブジェクト、および MMSSPP は、mailNickname 属性のジェネレーター ルールを使用して、 MailNickname属性を生成できません。属性の既定ジェネレーター ルールは、customer オブジェクトで定義されているmailNickname属性がない取引先担当者のmailNickname属性を生成するのには、Active Directory の(姓名とも呼ばれます) とSn (姓、名とも呼ばれます) の属性を使用してください。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響"この同期エラーの影響の詳細については、このヘルプ ファイルのセクション ヘッダーにします。

    の解像度:顧客の連絡先オブジェクトのMailnickname値または(姓名とも呼ばれます) とSn (姓、名とも呼ばれます) の属性値を設定します。
  • 拡張属性のない現在のエラー: MailNickname が有効ではありません

    MailNicknameの値には、無効な文字が含まれています。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響"この同期エラーの影響の詳細については、このヘルプ ファイルのセクション ヘッダーにします。

    の解像度:MailNicknameの値が null のままにお客様が、MMSSPP が自動的に作成mailNickname値これは、可能な場合です。したがって、1 つのオプションは、 mailNickname値をクリアします。お客様がmailNickname値を設定する場合、値は、RFC 821 で定義された条件を満たす必要があります。一般的な無効な文字は、全角ダッシュに有効なダッシュは、表示されているスペースを入れる、アットマーク (@)、およびかっこ。先頭または末尾の空白を表示することは困難ですが存在しないことを確認します。
  • mv-制約の違反

    このエラーが発生したは、直接インポート属性フローが発生し、ソースから属性の値は、メタバース属性の長さの制限を超えています。

    への影響:MMSSPP は、属性変更のフローや、この問題が修正されるまで、サービスを設定できません。

    の解像度:スキーマで有効になっている最大の長さに属性値のサイズを削減します。
  • [WorkQueueIns]メールは null にできません。要求を完了することができません。

    MSO でホストされているディレクトリが同期されるソース オブジェクトでメールがオフの場合、このエラーが発生します。ソースの Active Directory オブジェクトの値を復元した後にエラーが発生します。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、」一般的な同期エラーの影響"この同期エラーの影響の詳細については、このヘルプ ファイルのセクション ヘッダーにします。

    の解像度:ソース オブジェクトがメールが有効な値を持つことと、少なくとも 1 つの MMSSPP 同期サイクルが完了したことを確認します。これを確認した後は、改善のためのマイクロソフト オンライン サポート サービスにこの問題をエスカレートする必要があります。スクリプトまたは mail 属性を手動で編集をオフにしないで値、値が変更される前に確認します。
  • 配布グループにメンバーが不足しています。


    メンバーは、配布グループに表示されません。この存在しないメンバーには、ユーザー、連絡先、または別のグループがあります。グループが、フォレスト間のグループの場合、 SE1290 エラーが表示されます。グループは、フォレスト間のグループではありません、(メールの重複) などの他のエラーが存在する可能性があります。

    への影響:グループのメンバーは、配布リストに送信されたメールを受け取らないことがあります。

    解像度:
    • メンバーがメールが有効な値を持つことを確認します。
    • メンバーがアクティブな同期エラーがないことを確認します。
    • MSO でメンバーが表示されることを確認します。

    グループを通常のグループまたはフォレスト間のグループにするかどうかを確認します。フォレスト間のグループは、お客様によって構成され、他のフォレストからのメンバーが含まれます。フォレスト間のグループは、特定の OU 内の顧客の場所で、またはユーザー定義の属性によって、顧客ごとに定義されます。正規のグループには、自分が住むフォレストからのメンバーのみが含まれます。

    通常の配布グループ:
    • MSO に不足しているメンバーが表示されると、同期エラーがないことを確認してください。
    • 存在しないオブジェクトが入れ子になったグループのメンバーである場合は、入れ子になったグループがメールを持っていることと、MSO のグループが表示されることを確認します。
    • 親グループが通常のグループ (つまり、複数のフォレストにまたがるグループではありません) の場合は、入れ子になったグループもないこと、複数のフォレストにまたがるグループを確認します。フォレスト間のグループは、正規のグループまたは他のフォレスト間のグループのいずれかに含まれている可能性があります。ただし、正規のグループは、フォレスト間のグループを含めることはできません。

    フォレスト間のグループ。
    • MSO に不足しているメンバーが表示されると、同期エラーがないことを確認してください。
    • グループのメンバーが MSO に表示されますが、グループに表示されない場合は、ソース フォレスト間のグループのメンバーがメールに一致する値を持っていることを検証します。
    • 存在しないオブジェクトが入れ子になったグループのメンバーである場合は、入れ子になったグループがメールを持っていることと、MSO のグループが表示されることを確認します。
    • 存在しないメンバーが複数のフォレストにまたがるグループの場合は、このグループに通常のグループ (つまり、複数のフォレストにまたがるグループではありません) は、親が存在するかどうかを確認してください。フォレスト間のグループは、正規のグループまたは他のフォレスト間のグループのいずれかに含まれている可能性があります。ただし、正規のグループは、フォレスト間のグループを含めることはできません。

新入シナリオの詳細については

5.2 マイクロソフト管理ソリューション サービス提供プロバイダー (MMSSPP) プロビジョニング インターフェイス ハンドブックからの抜粋を次に示します。
新しい採用のシナリオ:
MMSSPP では、要求された種類の要求された領域には、メールボックスが有効なユーザー オブジェクトを作成します。
注:
  1. TargetAddress属性と一致するセカンダリ SMTPメタベースの属性が不足している、このシナリオでは、顧客の組織のすべての従来のメール システムの廃止を示しが行われないためにルーティングする必要がある、O365 がホストされているメールボックスにお客様の従来のメール システムからメールです。
  2. 新規採用メールボックスのプロビジョニングのオプションをONに設定すると、新規採用のシナリオが有効になります。(既定では、このオプションは、設定オプションを off)。機能と展開の選択オプションの概要については、MMSSPP 顧客の展開ガイドの「新規採用メールボックス プロビジョニング機能」を参照してください。この機能の技術的な側面は、「メールボックス プロビジョニング コンポーネント」セクションでこのドキュメントで見つかります。

プロパティ

文書番号:2590119 - 最終更新日: 08/16/2016 22:55:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal, Microsoft Exchange Online

  • vkbportal226 kbmt KB2590119 KbMtja
フィードバック