NT 4.0 Service Pack 6 を適用後 WinLogon でハンドル リーク

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP259042
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows NT 4.0 Service Pack 6 をインストール後、RegConnectRegistry() API が頻繁に使用されると、WinLogon プロセスがハンドル リークを発生する場合があります。
原因
これは、Windows NT 4.0 Service Pack 6 の WinLogon のコードの終了部分に問題があり、孤立したハンドルをクローズできなくなるために発生します。

状況
弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しております。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 259042 (最終更新日 2001-02-25) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:259042 - 最終更新日: 02/23/2014 19:33:55 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6a
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwinnt400presp7fix KB259042
フィードバック