[XGEN] Exchange 2000 RC2 コンポーネントのクラスタ サーバー上での状態

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP259197
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料では、Exchange 2000 Release Candidate 2 (RC2) コンポーネントの、クラスタ サーバー上での状態をリストします。
詳細
Exchange システム アテンダントアクティブ/アクティブ各ノードに複数の仮想サーバー。
インフォメーション ストアアクティブ/アクティブフェールオーバー後 : 各ノードは格納域グループ 4 つまでに制限される。
メッセージ転送エージェント (MTA)アクティブ/アクティブ各クラスタに 1 インスタンス。MTA は 1 つのクラスタ グループだけに存在する。
POP3アクティブ/アクティブ各ノードに複数のプロトコル仮想サーバー。
IMAPアクティブ/アクティブ各ノードに複数のプロトコル仮想サーバー。
SMTPアクティブ/アクティブ各ノードに複数のプロトコル仮想サーバー。
HTTPアクティブ/アクティブ各ノードに複数のプロトコル仮想サーバー。
NNTPサポートなし
キー マネージメント サービスサポートなし
フルテキスト インデックスアクティブ/アクティブ
インスタント メッセージサポートなし
チャットアクティブ/パッシブ仮想サーバー内でシステム アテンダント リソースを必要としない。
Exchange Connector for Novell GroupWiseサポートなし
Exchange Connector for Lotus Notesサポートなし
Exchange Connector for Lotus cc:Mailサポートなし
Exchange Connector for Microsoft Mailサポートなし
Exchange Connector for IMB OV/VM (PROFS)サポートなし
Exchange Connector for SNADSサポートなし
詳細
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 259197 (最終更新日 2000-11-03) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:259197 - 最終更新日: 01/10/2015 05:16:42 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto KB259197
フィードバック