DDK:行番号情報を含むシンボル ファイルをビルドする方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP259332
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Windows 98 DDK Checked Build Environment は、デフォルトでは行番号情報を含むシンボル ファイルをビルドしません。WDEB98/RTERM98 のソース レベル デバッグを使用するには、シンボル ファイルに行番号情報が含まれている必要があります。
詳細
行番号情報を含むシンボル ファイルをビルドするには、以下のファイルを修正します。
  1. Win98\Inc フォルダ内の Makefile.def ファイルを修正して、リンカが正しいリンカ オプションを使用して行番号情報を含む .map ファイルをビルドするようにします。
  2. 正しいリンカ オプションが使用されるようになったら、Mapsym.exe ファイルを使用して、.sys ファイルに対応する行番号情報付きの .sym ファイルをビルドします。以下の手順に従います。
    1. ビルドしているドライバの SOURCES ファイルに、以下の行を追加します。
      USE_MAPSYM=TRUE
    2. DDK\Inc\Makefile.def ファイルを編集し、以下の変更を加えます。

      以下のように表示されている行 (1138 行目) を探します。
      LINKER_DBG_SECTION=-debug:notmapped,FULL
      この行を次のように変更してください。
      LINKER_DBG_SECTION=-debug:FULL
      以下のように表示されている行 (1276 行目) を探します。
      LINKER_DBG_TYPE = -debugtype:both
      この行を次のように変更してください。
      LINKER_DBG_TYPE = -debugtype:MAP,COFF
    3. ドライバを再ビルドします。Win98ddk\Lib\i386\Checked フォルダに (driver_Name).map ファイルが表示されるはずです。行番号情報についてチェックするには、.map ファイルを開き、ファイルの末尾近くに行番号が含まれているかどうかを調べます。
    4. 行番号情報が存在すると、RTERM98 でコード検索パスを指定できます。この場合、ドライバ内でブレークポイントがヒットすると、ソース ウィンドウが開きます。
関連情報
ドライバのビルドおよびデバッグの詳細については、Windows 98 DDK を参照してください。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 259332 (最終更新日 2000-07-08) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:259332 - 最終更新日: 02/06/2014 09:16:07 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows 98 Driver Development Kit (DDK)
  • kbnosurvey kbarchive kbddk kbgrpdswin9xddk kbhowto KB259332
フィードバック