現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook で代理人を追加しようとすると、“The Delegates settings were not saved correctly” というエラーが表示される

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象

Microsoft Outlook を使用して代理人を追加または削除しようとしても正常に機能せず、以下のようなエラー メッセージが表示されます。

"The Delegates settings were not saved correctly. Unable to activate send-on-behalf-of list. You do not have sufficient permission to perform this operation on this object."

([代理人] の設定は正しく保存されませんでした。代理人リストをアクティブにできません。このオブジェクトに対してこの処理を実行するために必要なアクセス許可が不足しています。)

原因

代理人を追加する際、Outlook の既定では [代理人として送信する] アクセス許可を付与しようとします。この権限は、Active Directory ユーザー オブジェクトの publicDelegates 属性に書き込まれます。

「現象」セクションに記載したこの問題は、以下のいずれか (または両方) が原因で発生します。

  • 自身の Outlook クライアントに接続するグローバル カタログ (GC) サーバーが、ローカル ドメインに存在しないため。

    ご利用の Outlook クライアントが、自身のローカル ドメインに存在しない GC に接続している場合、publicDelegates 属性が Active Directory のユーザー オブジェクトに書き込まれないため。

  • Active Directory ユーザー オブジェクトの SELF オブジェクトに Write Personal Information が存在しないため。
解決方法

重要: 本セクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、変更の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下の Microsoft KB 資料を参照してください。

322756:  Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

Outlook は、[代理人として送信する] アクセス許可がなくても代理人を追加できるよう構成されています。 

本事象を自動的に解決するには、「Here's an easy fix」 (英語) セクションを参照してください。本事象を手動で解決することを希望する場合は、「Let me fix it myself」 (手動による修正) (英語) セクションを参照してください。

Here's an easy fix

[代理人として送信する] アクセス許可の付与を要求せずに、代理人を自動で追加するよう Outlook を構成するには、[Download] ボタンをクリックします。"File Download" ダイアログ ボックスで [実行] または [ファイルを開く] をクリックし、easy fix ウィザードの手順に従ってください。

  • 本ウィザードは英語のみです。ただし、自動的な解決は、その他の言語バージョンの Windows でも動作します。
  • 事象が発生しているのが別のコンピューターである場合は、easy fix のファイルをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、事象が発生しているコンピューターで実行してください。

Windows 7、Windows 8 または Windows 10 の場合

Fix this problem
Easy Fix 20093



Windows Vista、Windows XP、Windows Server 2008 または Windows Server 2003 の場合

Fix this problem
Easy fix 50900



注: Microsoft ではお客様からのフィードバックを募集しています。本資料に記載された問題、解決方法についてのフィードバックは "Fix it for me" ブログ (英語) でコメントを提供してください。または、Microsoft 宛に電子メールを送信してください。

Let me fix it myself

[代理人として送信する] アクセス許可を承諾せずに、代理人の追加をするよう Outlook を構成するには、以下の手順に従ってください。

  1. Outlook を終了します。
  2. レジストリ エディター を起動します。起動方法については以下に記載されたそれぞれの方法に従ってください。 
    • Windows 10 または Windows 8 の場合: Windows キー と R を押下し、ダイアログ ボックスを開きます。「regedit.exe」と入力し、Enter キーを押下します。
    • Windows 7 または Windows Vista の場合: [スタート] をクリックし、検索ボックスに「regedit.exe」と入力して Enter キーを押下します。
    • Windows XP の場合: [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、「regedit.exe」と入力して Enter キーを押下します。
  3. 以下のレジストリ サブキーを検索しクリックします。

        HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Preferences

    ポリシーを使用する場合は以下のサブキーをクリックします。

        HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Preferences

    注:
    レジストリ キーの x.0 部分は、使用している Outlook のバージョンを表します。以下の値を参照してください。


    Outlook 2016: 16.0
    Outlook 2013: 15.0
    Outlook 2010: 14.0

    Outlook 2007: 12.0
    Outlook 2003: 11.0

  4. 手順 3 で指定したサブキーを選択したら、[編集] メニューの [新規] をクリックし、[DWORD 値] をクリックします。
  5. IgnoreSOBError と入力し、Enter キーを押下します。
  6. IgnoreSOBError を右クリックし、[修正] をクリックします。
  7. [値のデータ] ボックスで「1」を入力し、[OK] をクリックします。
  8. [ファイル] で [レジストリ エディターの終了] をクリックしレジストリ エディターを終了します。

レジストリ値を追加すると、GC サーバーのユーザー オブジェクトに [代理人として送信する] アクセス許可を書き込まずに、代理人を追加することができます。実行の際には、以下のメッセージを含むメッセージが Windows Application ログに作成され、イベントの追跡をサポートします。

Source: Outlook
Category: None
Event ID: 27
Type: Error
User: N/A
Computer: computer_name

Description:
SOB error ignored

詳細情報

会議関連のメッセージには [代理人として送信する] アクセス許可は不要です。Microsoft Exchange Server では、他のユーザーに代わって会議リクエストを送信する際に [代理人として送信する] アクセス許可は不要です。そのため、代理人はアクセス許可が無くても、予定表の管理者に会議リクエストを送信することができます。

ただし、管理者に代わって、[代理人として送信する] アクセス許可のない代理人を使用して会議に関係のないメッセージを送信すると、操作が失敗します。例えば、代理人が "上司から" の情報メッセージを送信しようとすると、操作が失敗する可能性があります。これは [代理人として送信する] アクセス許可が正しく付与されていないためです。

Exchange Server では、メールボックスの [代理人として送信する] アクセス許可をその他のユーザーに付与することができます。Exchange Server 2013 で実行する場合は、[Mailbox properties] (メールボックスのプロパティ)、[Exchange 全般] の順にクリックし、[配信の制限] ボタンを使用してください。[Exchange 全般] タブの詳細については、以下の Microsoft KB 資料を参照してください。

Exchange Server 2007 において、[代理人として送信する] アクセス許可を付与する方法の詳細については、以下の Microsoft KB 資料を参照してください。

[メールボックス ユーザーのプロパティ] > [メール フローの設定] タブ >

Exchange Server 2010 において、[代理人として送信する] アクセス許可を付与する方法の詳細については、以下の Microsoft KB 資料を参照してください。

ユーザーおよびリソース メールボックスのプロパティの構成

その他、本資料に記載された問題に関連する事象に関しては、初めに IgnoreSOBError レジストリ値が紹介された引用元の Hotfix 資料を参照してください。

Outlook 2007 で代理人を追加しようとするときにエラー メッセージ:「代理人設定が正しく保存されませんでした」
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja-jp;950794

Outlook 2003 でデリゲートを追加しようとするときにエラー メッセージ:「代理人設定が正しく保存されませんでした」
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja-jp;946208
プロパティ

文書番号:2593557 - 最終更新日: 02/04/2016 02:36:00 - リビジョン: 3.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Outlook 2003

  • KB2593557
フィードバック