現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook 2010 で Office 時のアシスタントを開くしようとすると、エラー メッセージ:「サーバーが現在利用できないため、外の Office の設定を表示できません。後でもう一度やり直してください"

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2596516
現象
Windows Internet Explorer のプロキシ サーバー接続設定を構成し、Windows Internet Explorer でプロキシ例外の一覧には、クライアント コンピューターにクライアント アクセス サーバー (CAS) サーバーを追加することを想定しています。その後に、Windows にログオンするために使用する資格情報を別の資格情報を使用して、メールボックスのプロファイル Microsoft Outlook 2010 で開きます。Outlook 2010 で Office 時のアシスタントを開くしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
サーバーが現在利用できないための Office の設定を表示できません。後でもう一度やり直してください。

メモ
このエラー メッセージ、次のシナリオのいずれかで表示されません。
  • ローカル ユーザーの資格情報を使用して Windows にログオンします。
  • ドメイン ユーザーは、Windows へのログオンが Windows Internet Explorer でプロキシ例外の一覧に、CAS サーバーを追加しないでください。
原因
この問題は、CAS サーバーが Outlook 2010 内のメールボックスにログオンするために使用する資格情報の代わりに Windows にログオンするために使用する資格情報を使用するために発生します。Windows 資格情報が、メールボックスの資格情報と一致しないため、CAS サーバーが「500」エラー コードを返します。ただし、「500」エラー コードは認証エラー コードです。したがって、他の認証方法は試行されません。
解決方法
この問題を解決するには、以下の更新プログラムが適用されます。
2584053 (X 86 の Outlook の x-none.msp、x 64 の Outlook の x-none.msp)、Outlook 2010 の修正プログラム パッケージの説明: 2011 年 8 月 30日


レジストリ キー情報

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
この修正プログラム パッケージの適用後、修正プログラムを有効にするのには、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] をクリックし、 続いて と入力して [ ].
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Security
  3. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ [DWORD (32 ビット) 値.
  4. 種類 WinhttpAuth、し、ENTER キーを押します。
  5. で、 タブを選択し、 ウィンドウを右クリックして WinhttpAuthプロパティ 変更.
  6. で、 [値のデータ ボックス、入力 1プロパティ ].
  7. レジストリ エディターを終了します。


状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2596516 - 最終更新日: 03/02/2012 09:21:00 - リビジョン: 1.0

  • kbqfe kbexpertisebeginner kbmt kbsurveynew KB2596516 KbMtja
フィードバック