現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

更新プログラムのロールアップ 5 の詳細については、Exchange Server 2007年サービス パック 3

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2602324
概要
マイクロソフトの更新プログラムのロールアップ 5 Microsoft Exchange Server 2007年サービス パック、2011 年 9 月 21 日 3 (SP3) を公開しました。この資料では、更新プログラムのロールアップに関する以下の情報について説明します。
  • 更新プログラムのロールアップの解決の問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件

はじめに

更新プログラムのロールアップの解決の問題


Exchange Server 2007年の SP3 用の更新プログラムのロールアップ 5 には、次の Knowledge Base の資料に記載されている問題が解決されます。
  • 981820 メッセージ アイテム Exchange Server 2007 SP2 環境では、IMAP4 または POP3 取得されるとき、メッセージ アイテムの新しい X-ヘッダーが表示されません。
  • 2292150 Exchange Server 2007年環境で OWA を使用して電子メール メッセージを作成する場合は、電子メール メッセージの HTML ソースに削除されたハイパーリンクを維持します。
  • 2411423 メールボックスの言語をドイツ語には Exchange Server 2007年サーバー上に設定されている場合、Msftefd.exe プロセスが常に最大 CPU リソースの 100% を消費します。
  • 2450078 返信または Exchange Server 2007年環境では、EWS アプリケーションを使用して電子メール メッセージを転送するときは、電子メールのメッセージ本文で送信日時が正しくありません。
  • 2451415 Exchange Server 2007 SP3 環境でメールボックスにアクセスするのには、POP3 クライアントを使用するとエラー メッセージ「メール サーバーにログオンした」
  • 2536652 Exchange Server 2007 でパブリック フォルダーのレプリケーションを構成した後はハブ トランスポート サーバー上の応答 EdgeTransport.exe をランダムに停止します。
  • 2536695 Exchange Server 2007年環境でのパブリック フォルダーに電子メール メッセージを変更または削除しようとすると「いくつかのアイテムを削除できません」のエラー メッセージが表示します。
  • 2536697 Exchange Server 2007 Exchange Server 2003 からメールボックスを移動した後、ルール名の DBCS 文字疑問符 (?) に変換されます。
  • 2537783 EdgeTransport.exe プロセスがクラッシュすることがあります Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールした後
  • 2538958 拡張保護の警告では、Exchange 管理コンソールおよび Exchange 管理シェル RU2 の Exchange 2007 の SP3 をインストールした後表示
  • 2554575 項目は管理すると、MRM 提出書類フォルダーに蓄積される Exchange Server 2007年環境での履歴項目のフォルダー アシスタント
  • 2556751 Exchange Server 2007年のハブ トランスポート サーバー上の特定の電子メール メッセージを処理するときに、EdgeTransport.exe プロセスがクラッシュします。
  • 2557304 断続的に Exchange Server 2007 SP3 環境で OWA を使用してユーザー、予定表アイテムを開いたとき、Store.exe プロセスは大量の CPU リソースとメモリ リソース消費可能性があります。
Exchange Server 2007年の SP3 用の更新プログラムのロールアップ 5 は Exchange Server 2007 SP3 の 8 月夏時間節約時間 (DST) 更新プログラムも含まれています。
解決方法

更新プログラムのロールアップの情報

ダウンロードして Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップ 5 をインストールするには、以下の Microsoft Update web サイトを参照してください。
メモ Exchange Server 2007年用の更新プログラムのロールアップ Exchange Server 2007年のクラスター化されたシステムで Microsoft Update によって検出されません。

Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップ 5 を Exchange Server 2007年を実行している複数のコンピューターに展開することができます。また、更新プログラムのロールアップ 5 Exchange Server 2007 SP3 の Exchange Server 2007年を実行しているクラスター化サーバーに展開することができます。更新プログラムのロールアップは Microsoft ダウンロード センターからも可能です。

更新プログラムのロールアップは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロード利用できます。
リリース日: 2011 年 9 月 21日

重要です

再起動の必要性

この更新プログラムのロールアップを適用すると、必要なサービスが自動的に再起動されます。

プログラムのアンインストール情報

Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップ 5 を削除するには、使用してください。 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネルで削除するのには 2602324 を更新します。
関連情報
マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述する用語の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2602324 - 最終更新日: 10/17/2011 06:11:00 - リビジョン: 4.0

  • kbfix kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2602324 KbMtja
フィードバック
/script>