メモ帳を使用してログ ファイルを作成する方法

概要
Microsoft メモ帳は Windows に含まれているワード プロセッサ ツールであり、[アクセサリ] プログラム グループにデフォルトでインストールされます。メモ帳を使用すると、メモ帳のファイルが開かれるたびに現在の日時を追加するログ形式のファイルを作成することができます。この資料では、メモ帳でログ ファイルを作成する方法について説明します。
詳細
メモ帳でログ ファイルを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ] の順にポイントして、[メモ帳] をクリックします。
  2. 1 行目に .LOG と入力し、Enter キーを押して次の行に移動します。
  3. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、[ファイル名] ボックスにファイル名を入力して、[OK] をクリックします。次にそのファイルを開くとき、ログの末尾の、新しいテキストを追加する直前の位置に日時が追加されていることを確認してください。この機能を使用すると、各ログ エントリに現在の日時を自動的に追加することができます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 260563 (最終更新日 2002-08-07) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:260563 - 最終更新日: 12/27/2004 18:46:03 - リビジョン: 1.3

Microsoft Windows Millennium Edition, Microsoft Windows 98 Standard Edition

  • kbhowto KB260563
フィードバック