XADM: ディレクトリのエクスポートとディレクトリのインポートを一括編集メールボックスのプロパティを使用します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:261112
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
個々 のメールボックスのプロパティを開かずにディレクトリのエクスポートとディレクトリのインポート] を使用して複数のメールボックスのプロパティを編集する方法について説明します。
詳細
開始するには、一括処理を編集します。
  1. 起動 プログラム ] をポイントし、 Microsoft Exchange では、[ Microsoft Exchange の管理 ] をクリックします。
  2. Microsoft Exchange Server 管理プログラム、] をクリックして ディレクトリのエクスポート [ ツール ] メニューの [。
  3. ディレクトリのエクスポートでエクスポート ファイル名を選択します。
  4. コンテナーを選択し、メールボックスがある、サブコンテナーある ( 受信者 コンテナー) で必要な場合は、確認します。
  5. エクスポート オブジェクトを選択します。
  6. 既定の設定で ログ出力のレベル (低) と (ANSI) 文字セット をままにしてください。
  7. メールボックスを非表示が場合、 非表示のオブジェクトを含める ] チェック ボックスを選択して [ エクスポート </a0>] をクリックします。
  8. エクスポートが完了したら、適切なで作成した file_name.csv ファイルを開きます (たとえば Microsoft Excel で) をプログラムし、変更する値を編集します。 変更した.csv ファイルを保存します。
: マイクロソフトではファイルを編集する前に安全な場所に file_name.csv ファイルのコピーを保存することを勧めします。

変更内容をインポートします。
  1. 管理プログラムで、 ツール メニューの [file_name.csv ファイルをインポートする ディレクトリのインポート ] をクリックします。
  2. 設定を既定の設定のままにします。
  3. [ ファイルのインポート ] を適切な file_name.csv ファイルを選択します。
  4. インポートが完了すると、変更行われます。
Microsoft Exchange Server での一括のディレクトリ インポートまたはディレクトリのエクスポートの追加についてはをクリックして資料以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
155414[XADM] 一括インポート/エクスポートの FAQ

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:261112 - 最終更新日: 02/12/2014 17:57:46 - リビジョン: 3.2

Microsoft Exchange Server 4.0 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 5.0 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbmt KB261112 KbMtja
フィードバック