パラレル ポートを使った直接ケーブル接続が、接続直後に切断される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP261276
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
パラレル ポートを使った直接ケーブル接続が 20 秒から 40 秒の間アクティブでなくなった場合、その接続は切断されている可能性があります。この問題は、Windows 98/95 ベース コンピュータから Windows 2000 ベース コンピュータに対する直接接続においてパラレル ポートを使用している場合にのみ発生します。
原因
この現象は、Windows 2000 のパラレル ポート ドライバの問題により発生します。



回避策
この問題を回避するには、次のいずれかの方法を実行します。

方法 1

直接ケーブル接続を実行する場合、パラレル ポートではなくシリアル ポートを使用します。

方法 2

バッチ ファイルを使うことにより、接続しているゲストから Windows 2000 ホストに対し継続的に ping を実行します。継続的に ping を実行するには、-t スイッチを使って、Windows 2000 ホストの IP アドレスを指定します。Windows 2000 ホストの IP アドレスは、接続されたネットワーク アダプタに割り当てられるアドレスか、接続しているクライアント用の構成済みアドレス プールの最初のアドレスになります。

次に例を示します。

プール = 192.186.1.1 から 192.168.1.3

次のコマンドを実行します。
ping -t 192.168.1.1
状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下 Web サイトから入手できます。
詳細
Windows 2000 と Windows 2000 の修正プログラムを同時にインストールする方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
249149 Installing Microsoft Windows 2000 and Windows 2000 Hotfixes
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 261276 (最終更新日 2001-02-22) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:261276 - 最終更新日: 02/09/2014 17:10:50 - リビジョン: 4.2

  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbfix kbnetwork kbwin2000presp2fix KB261276
フィードバック