現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 2010 SP1 はSharePoint Workspace をインストールする

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2612800
現象
次のような状況を考えます。
  • Microsoft Office Professional Plus 2010 のライセンスのインストールがあります。
  • Office Professional Plus をインストールした場合、SharePoint Workspace 2010 のプログラムはインストールされませんでした。
  • Office 2010 Service Pack 1 (SP1) をインストールするとします。
このシナリオでは、SharePoint Workspace 2010 のコンポーネントがインストールされます。SharePoint ワークスペースへのショートカットは、[プログラム] メニューは表示されません。ただし、\Program Files\Microsoft Office\Office14\Groove.exe を実行すると、SharePoint Workspace 2010 は起動し、正常に動作します。また、ワークスペースをサポートしている SharePoint 2010 サイトにアクセスする場合、 SharePoint ワークスペースの同期にはサイトの操作] メニューの [が含まれます。

Office 2010 プログラムと Microsoft Office Groove 2007 を実行していた、Groove 2007 は SharePoint Workspace 2010 にアップグレードされます。Groove アカウントでの変更のため、不要になったできる Groove 2007 で、Groove アカウントを使用します。
原因
Office 2010 SP1 では、Groove ワークスペースのためのカスタム ツールを作成するため、アドイン ツール API を提供します。SP1 のインストール処理にバグがあるためこの API および Visual Studio のツールに関連する機能の Office (VSTO) の追加は、SharePoint ワークスペースが存在しない場合は、SharePoint ワークスペースのインストールをトリガーします。(SharePoint ワークスペースが存在する場合にのみアップグレードされます。)ただし、このインストールは、Office 2010 のライセンスされたバージョンには、SharePoint ワークスペース コンポーネントが含まれていない場合に発生しません。

詳細
ほとんどの場合、この問題は、実害はありません。ただし、2 つの状況で問題が発生します。
  • エンタープライズ インストールの標準化された環境を維持します。
  • Groove 2007 をインストール
Service pack をインストールしていない場合は、それを修正する更新プログラムをインストールすることによってこの問題を回避できます。ただし、SP1 をインストールする前に、更新プログラムを適用する必要があります。状況に応じて、次のセクションのいずれかを参照してください。

SP1 をインストールしていない場合

収まる場合は、状況に応じてこのセクションの冒頭に記載されている問題のカテゴリのいずれかで、Microsoft Office 2010 (KB2598245)、更新プログラムをインストールし、Microsoft Office 2010 SP1 をインストールします。この更新プログラムの詳細については、以下の資料、マイクロソフト サポート技術情報番号をクリックします。
2598245 Office 2010 更新プログラムの説明: 2012 年 3 月 29 日

SP1 を既にインストールしている場合

更新プログラムを既にインストールしたものの、 SharePoint Workspace を使用したくない場合、そのコンポーネントをアンインストールできます。

Groove 2007 で、更新プログラムが既にインストールされている場合、ダウン グレードするのにはサポートされている方法はありません。ただし、回復できる場合があります。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
982777 SharePoint Workspace 2010 を Groove 2007 からのアップグレードの考慮事項
SharePoint Workspace を含めないようにエンタープライズ インストールを管理する場合、特別な Config.xml ファイルを作成すれば SP1 をインストールした後に自動的にその機能をオフにできます。Sp1 ではこの変更の影響を受ける既に多くのユーザーの場合は、SharePoint ワークスペースを安全に無効にする最も簡単な方法になります。

Config.xml ファイルに次のテキストを追加します。

<Configuration product="ProductID"></Configuration>
<Display level="none" completionnotice="no" suppressmodal="yes" accepteula="yes"></Display>
<OptionState id="GrooveFiles" state="absent" children="force"></OptionState>
<Setting id="SETUP_REBOOT" value="Always"></Setting>



このページのテキストでは、プレース ホルダーの[商品コード]は、インストールされている実際の Microsoft Office スイートの製品 ID を表します。プロダクト ID をインストールの場所を検索するには、Setup.xml ファイルにします。このファイルにある、 [商品名].WW フォルダーです。たとえば、Microsoft Office Professional Plus 2010 の製品 ID は、ProPlus.WW\Setup.xml ファイルに次の行に格納されます。

<Setup id="ProPlus" type="Product" ...=""></Setup>

次の行では、プロダクト ID が ProPlus を確認できます。

Config.xml ファイルを作成した後、インストールし、作成した Config.xml ファイルに構成コマンドのオプションを変更するのには、[変更] コマンド オプションを使用して Office セットアップを再実行します。これを行うには、次のコマンドを実行します。

「%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\OFFICE14\Office セットアップ Controller\setup.exe」または変更します。 [商品コード] 構成」パス\Config.xml」

このコマンドで、プレース ホルダーを置き換える [商品コード] プロダクト ID (ProPlus など)、およびプレース ホルダーの置換 パス で作成した Config.xml ファイルのパスです。

注:
  • プログラムのアイコンは、コンピューターが再起動されるまで残ります。
  • Setup.exe ファイルは、別の場所にあります。
Config.xml ファイルを使用して導入済みのインストールをカスタマイズする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。


Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用して導入済みのインストールをカスタマイズする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

注: <b>現時点では、SharePoint ワークスペースをアンインストール、SP1 では、上の累積的な更新 (CU) をインストールして、CU をアンインストールして、SharePoint ワークスペースが再インストールされます。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2612800 - 最終更新日: 04/18/2016 21:23:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Office 2010 Service Pack 1

  • kbmt KB2612800 KbMtja
フィードバック