現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

MMSSPP は専用の管理対象の Office 365 環境で Exchange のメールボックスおよびメールが有効なオブジェクトを同期しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2615447
現象
Microsoft 管理サービス サービス提供プロバイダー (MMSSPP) では、Microsoft Exchange のメールボックスおよびメールが有効なオブジェクトが専用の管理対象の Microsoft Office 365 環境では同期されません。
原因
この問題は、次の理由のいずれかで発生します。
  • MMSSPP 同期レポートにエラーは、メールボックスのプロビジョニングが失敗します。
  • mailNickname, ターゲット アドレス, homeMDB、または メール属性には、MMSSPP オブジェクトを同期することを防止する問題があります。または、問題が不適切なオブジェクトを作成します。
  • MMSSPP のスコープ内ではない組織単位 (OU) では、です。
  • オブジェクトは、カスタムの MMSSPP フィルターによって除外されます。
解決方法
手動でこの問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. MMSSPP の構成では、属性、新規雇用のルールの場合) などの自動プロビジョニング機能、フィルタ リング規則、Lync サービス、含まれている Ou、およびお客様が使用している含まれている簡易メール転送プロトコル (SMTP) ドメインに基づいて各顧客によって異なります。このカスタマイズは、 OUメール、またはtargetAddress属性またはその他の Active Directory 属性を変更すると、正常な動作にすることがあります。詳細情報の適切な構成についてを参照してください。
  2. 同期エラー レポートが生成され、1 日あたりの顧客の連絡先情報を送信します。レポートでは、すべての準備または同期のエラーについて説明します。エラーの場合、このレポートを確認し、必要な作業を行います。

    MMSSPP 同期エラーの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    2590119 MMSSPP 同期エラー メッセージのトラブルシューティング方法
  3. 同期エラーのレポートにエラーが含まれていない場合、またはエラーが使用できない場合は、属性が正しく構成されているかどうかを確認するのには次の表を参照してください。

    注: 属性に null 値への参照が属性に値が含まれていないことを示す次の表に、リテラル値を"null"が属性に存在しません。
    属性メールボックスメールが有効なユーザー
    MailNicknameRFC 821 は、 mailNickname属性を付けることで有効に、次の文字を定義します。
    • 文字列から文字を使用して形成された、z (大文字または小文字)
    • 桁数は 0 から 9、!、#、$、%、&、'、*、+、-、=、?、^、_、'、{、|、}、または ~
    • 1 つ以上の期間は、エイリアスに埋め込まれる可能性があります。ただし、毎回する必要があります前に、他の少なくとも 1 つの有効な文字の後に。
    • U + 00 ff に U + 00A1 から Unicode 文字は、エイリアスでもあります。ただし、このようなエイリアスから生成される電子メール アドレスを最適に US-ASCII 文字列にマップされます。
    • MailNickname属性に、スペースを行うことができません。
    RFC 821 は、 mailNickname属性を付けることで有効に、次の文字を定義します。
    • 文字列から文字を使用して形成された、z (大文字または小文字)
    • 桁数は 0 から 9、!、#、$、%、&、'、*、+、-、=、?、^、_、'、{、|、}、または ~
    • 1 つ以上の期間は、エイリアスに埋め込まれる可能性があります。ただし、毎回する必要があります前に、他の少なくとも 1 つの有効な文字の後に。
    • U + 00 ff に U + 00A1 から Unicode 文字は、エイリアスでもあります。ただし、このようなエイリアスから生成される電子メール アドレスを最適に US-ASCII 文字列にマップされます。
    • MailNickname属性に、スペースを行うことができません。
    メールMail属性が存在する必要があり、サフィックスは、会社の信頼のリストである必要があります。Mail 属性が存在する必要があり、または、会社の信頼のリストではなくをサフィックスとして使用することができます。
    メール属性のサフィックスが会社の信頼のリストにある場合は、 homeMDBまたはtargetAddress属性のいずれかが存在する必要があります。
    メール属性のサフィックスが会社の信頼のリストにない場合は、 homeMDB属性を null にする必要があります。
    ターゲット アドレスIf the New Hire feature is turned off, the source object must have a target address that has the suffix @mgd.customerdomain.com.(雇用の新しい機能は、次の表の下の注を参照してください)。

    新入機能がオンの場合、ソース オブジェクトのtargetAddress属性を null にする必要があります。
    TargetAddress属性には、@mgd.customerdomain.com が含まれていない必要があります。

    メール属性のサフィックスが会社の信頼のリストにある場合は、 homeMDBまたはtargetAddress属性のいずれかが存在する必要があります。

    メール属性のサフィックスが会社の信頼のリストにない場合は、ターゲットできる存在であるか、または null。
    ホーム MDBHomeMDBhomeMTA属性のソース オブジェクトを null にする必要があります。これらの値は、マネージ環境でのみ存在する必要があります。HomeMDB属性は、現在または null にすることができます。

    HomeMDB属性とtargetAddress属性は相互に排他的なと、どちらか一方が存在する必要があります。HomeMDB属性が存在する場合、 targetAddress属性を null にする必要があります。HomeMDB属性が null の場合、 targetAddress属性が存在する必要があります。
    ルールをプロビジョニング解除オブジェクトに設定すると、ユーザーなど、明示的なプロビジョニング解除ルールがないことを確認 =removeMSOMailbox ですオブジェクトに設定すると、ユーザーなど、明示的なプロビジョニング解除ルールがないことを確認 =removeMSOMailbox です
    OU会社の OU の信頼のリストに含まれる OU にユーザー オブジェクトが存在することを確認します。 会社の OU の信頼のリストに含まれる OU にユーザー オブジェクトが存在することを確認します。
    カスタム フィルターオブジェクトに設定すると、ユーザーなどのカスタム フィルター値がないことを確認 =nosync またはnobposです。オブジェクトに設定すると、ユーザーなどのカスタム フィルター値がないことを確認 =nosyncまたはnobpos
  4. すべての変更を行った場合は、準備するメールボックスの 2 つの同期サイクルを待機します。
  5. 2 つの同期サイクルでは後、メールボックスが準備されていない場合、または構成の誤りが見つからない場合は、追加の調査のためのマイクロソフトに問題をエスカレーションします。提供できるか、影響を受けるオブジェクトに対して Active Directory のダンプ ファイルを提供するように求められます場合があります。Active Directory ツールの詳細についてを参照してください、詳細 セクションです。

注: MMSSPP には、雇用の新しいルールと呼ばれる機能が含まれています。メールボックス プロビジョニング ルールの条件が満たされた場合、この機能は自動的に Office 365 の/ITAR が専用のメールボックスを作成します。詳細については、Office 365 専用/ITAR プロビジョニング インタ フェースのガイドでは、これらのルールの既定値が定義されています。既定では、この機能は無効になります。ただし、お客様を有効にしたり、機能を無効にできます。
  • 機能を無効にすると、 targetAddress属性のサフィックスは雇用の新しいメールボックスを作成する管理されたルーティング アドレスのサフィックスと同じにする必要があります。
  • 機能を有効にすると、 targetAddress属性は、管理対象のメールボックスを作成するのには存在するがありません。
詳細
「解決方法」セクションの手順リーダー次の Active Directory ツールに慣れていると仮定します。

オブジェクトの属性を表示します。 オブジェクトの属性をエクスポートします。次に例を示します。
$FormatEnumerationLimit=-1csvde -d "DN OF Account" -f accountname.csv csvde -d "DN OF Account" -f accountname.txt

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2615447 - 最終更新日: 02/25/2016 23:08:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal, Microsoft Exchange Online

  • vkbportal226 kbmt KB2615447 KbMtja
フィードバック