RD セッションのプロパティを変更すると接続が可能なリモート デスクトップ セッションの最大数が強制される。

現象
この資料では、ターミナル サービスの役割をインストールしていない環境における、リモート デスクトップ セッションのプロパティを変更した際の動作について説明します。[ターミナル サービスの構成] より [RDP-TCP] - [ネットワーク アダプタ] タブを選択し、[ネットワーク アダプタ] タブでオプションの設定を一度でも変更すると、リモート デスクトップ接続を実施する際、作成されたリモート デスクトップ セッションが最大同時接続数を超過する場合に以下のエラーが発生し、リモート デスクトップ接続に失敗します。
 
「このコンピュータはリモート コンピュータに接続できません」

最大同時接続数を既定値から変更していない環境においては、リモート デスクトップ セッションが最大同時接続数を超過する場合に、次のようなメッセージが表示されてセッションを切断するユーザーを選択することが可能です。

「Windows ログオン画面- 接続を切るユーザーを選択するとログインできるようになります。ログインしているユーザーが多すぎます。」

原因
[ターミナル サービスの構成] より [RDP-TCP] - [ネットワーク アダプタ] タブを選択し、[ネットワーク アダプタ] もしくは [最大接続数] のオプションを変更すると、以下レジストリの値が書き換わります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp\MaxInstanceCount

本値は同時接続が可能なリモート デスクトップ セッションの最大数を示し、既定では 0xffffffff が設定されております。本現象は、この値が 1 または 2 に設定されていることにより発生いたします。一度設定を変更すると、既定の設定に戻してもこのレジストリ値が既定値 (0xffffffff) に戻ることはありません。 
解決方法
当該レジストリ値を既定値 (0xffffffff) に設定し直してください。
回避策
状況
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2615729 - 最終更新日: 09/29/2016 08:53:00 - リビジョン: 5.0

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise

  • kbexpertiseadvanced kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbtermserv KB2615729
フィードバック