イベント ID 9877 を使用する場合 Outlook オンライン モードで検索する Exchange Server 2010年では、キーワード「0x80041606」のエラー コード

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2616127
現象
以下の事例で説明します。既定では、Microsoft Exchange Server 2010年環境のメールボックス データベースの Exchange 検索は有効です。オンライン モードで Outlook を使用するには、キーワードまたは語句を 1 つの文字または 1 桁の数字を含む用のメールボックスを検索します。このシナリオでは、メールボックス内のキーワードに一致するものがある場合でも、次のエラー メッセージが表示されます。
一致するものが見つかりません」キーワード".

さらに、次のイベントがアプリケーション ログに記録されます。
ログ名: アプリケーション
ソース: MSExchangeIS メールボックス ストア
日付: 日付
イベント ID: 9877
タスクのカテゴリ: コンテンツのインデックス作成
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター
説明:
コンテンツのインデックス作成関数 'CISearch::EcGetRowsetAndAccessor' は MSSearch から異常な予期しないエラー コードを受信しました。
メールボックス データベース: メールボックス データベース
エラー コード: 0x80041606
注: 0X80041606 = QUERY_E_TOOCOMPLEX
原因
この問題は Exchange 検索があるハード コーディングされたプレフィックス検索制限の 200,000 のノードの 1 つの文字を検索するために発生します。プレフィックス検索制限を超えると、検索を返しますQUERY_E_TOOCOMPLEX です。したがって、 0x80041606イベント ID 9877 の一部としてログに記録は。既定では、Exchange 2010 環境では Outlook のオンライン モードを使用するすべての検索は、プレフィックス検索します。1 桁の数字または文字を使用して、全体のメールボックス データベースの間で、1 桁の数字または文字を開始する数字または単語をすべて検索するシステム。200,000 のノードの既定の制限値に達すると、検索は、エラーを返します。

注: <b>200,000 のノードの制限に到達する最も一般的な方法は、1 桁の数字または文字が含まれる語句を検索することです。また多くの And、Or と非常に複雑な検索を入力するなどの他の一般的な原因があると NOTs。さらに、日付の範囲と、検索語を多くのエントリに、および、フィールドからの複雑な組み合わせ、またはこれらすべてのことの組み合わせの制限に到達する可能性があります。
解決方法
この問題を解決するのには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
2608646 Exchange Server 2010 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 6 の説明
重要: このセクションの方法またはタスクには、レジストリを変更するための手順が記載されています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

更新プログラムのロールアップをインストールすると、クエリ制限ノードの最大数は、1,000,000 に (10 進数) に設定するこれらの手順に従います。
  1. 0x80041606 イベントをアプリケーション ログにイベント ID 9877 の数、過去 1 か月で、特定の Exchange Server 2010年メールボックス サーバー上で受信したを作成するレコードの数を確認します。
  2. [スタート] をクリックして[スタート] ボタン検索の開始] ボックスにregeditと入力し、ENTER キーを押します。
  3. 次のレジストリ キーを探してクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\ExchangeServer\v14\ExSearch
  4. 編集] をクリックして新規作成] をポイントし、[キー] をクリックします。
  5. タイプ MaxRestrictionNodes、し、ENTER キーを押します。
  6. MaxRestrictionNodes、[編集] をクリックして新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  7. 処理rの場合を入力し、ENTER キーを押します。
  8. レジストリ エントリは次のようになります。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\ExchangeServer\v14\ExSearch\MaxRestrictionNodes\Server
  9. 編集] をクリックし、[変更] をクリックします。
  10. [値のデータ] ボックスで、次のように入力します。 1000000 (10 進数)。
    注: <b>MaxRestrictionNodes\Serverエントリの既定値は 200000 (10 進数) 変更を加える前にレジストリにします。
  11. レジストリ エディタを終了します。
  • Microsoft Exchange の検索インデクサー サービスを再起動すると、次のイベント Id をアプリケーションで確認します。
    • イベント ID 130 MailboxDB の Guid に変換できませんでしたで、MaxRestrictionNodes のレジストリ キーの下に読む Guid
    • イベント ID 131 を MaxRestrictionNodes のレジストリ キーを開けませんでした。
    • イベント ID 132、MaxRestrictionNodes プロパティをインデクサーで設定することができませんでした。
  • これらのイベントのいずれかを受信する場合は入力がない、レジストリ キーまたは DWORD 値正しく。または、する可能性がありますいないは綴り、新しいキーまたは DWORD 値。必要な修正を行い、Microsoft Exchange 検索インデクサー サービスを再起動します。イベント Id 130、131、または 132 の新しいインスタンスを検索します。
  • 週単位および月単位のアプリケーション ログにエラー 0x80041606 のアプリケーション ログにイベント ID 9877 数に依存することを確認します。
  • これらのイベントの多く中の 2000000 (10 進数) に増分値を増やせます。
  • サーバーのパフォーマンスが低下する可能性がありますこのため、2000000 (10 進数) を超える値を増やさないようにしてください。
  • 2000000 (10 進) の値を増加している毎週または毎月、これらのイベントのいくつかをまだ受信している場合は、これは予想される動作です。(詳細については「現象」を参照してください)、非常に複雑な検索を実行するユーザーが、この現象を発生する可能性があります。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
Exchange の検索の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Exchange 検索を有効または無効にする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
MaxRestrictionNodesエントリの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2616127 - 最終更新日: 08/28/2014 00:14:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2616127 KbMtja
フィードバック