Outlook アドインの読み込み時にアプリケーション イベント ログのエントリ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2617010
概要

既定では、Microsoft Outlook 2010 およびそれ以降のバージョンへの書き込み接続されている各アドインの名前イベント ビューアーで Windows のアプリケーション ログ、アドインが Outlook で読み込まれるとき。アプリケーション イベント ログ エントリには、各アドインのアドインをロードするのにかかった時間の量を示すための起動時に値が含まれています。これにより、Outlook でどのようなのアドインが読み込まれると、ロードするにかかる所要時間を簡単に確認します。これが原因でスタートアップ時間が長く、Outlook 用アドインを識別することができます。

Office プログラムでアドインを管理する方法の詳細については、次の資料を参照してください。

表示、管理、および Office アプリケーションでアドインをインストールします。

これらのアプリケーション イベント ログ エントリの詳細については、この資料の「詳細」を参照していますください。

詳細

Outlook 2010 およびそれ以降のバージョンを起動すると、すべてのセッションで読み込まれているアドインのアプリケーション イベント ログ エントリ (イベント ID 45) が書き込まれます。次に、Outlook を起動し、各アドインの関連情報の中に読み込まれるアドインの一部を一覧表示、アプリケーション イベント ログにイベントの例を示します。

ログ名: アプリケーション
ソース: Outlook
日: 1/7/2010年午後 1時 30分: 17
イベント ID: 45
タスク カテゴリ: なし
レベル: 情報
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: client1.corp.wingtiptoys.com
説明:
Outlook は、次のアドインを (s) 読み込まれます。


名前: Microsoft Exchange アドイン
説明: は、ユニファイド メッセージング、電子メールのアクセス許可ルール、および予定表の可用性のサポートを交換します。
プログラム Id: UmOutlookAddin.FormRegionAddin
GUID: {F959DBBB-3867-41F2-8E5F-3B8BEFAA81B3}
読み込み動作: 03
HKLM: 1
場所: C:\Program ファイル Office\Office14\ADDINS\UmOutlookAddin.dll
起動時間 (ミリ秒): 16

Microsoft Outlook ソーシャル コネクタの名前。
説明: は、ソーシャル ネットワー キング サイトに接続し、人、活動、およびステータス情報を提供します。
プログラム Id: OscAddin.Connect
GUID: {2163EB1F-3FD9-4212-A41F-81D1F933597F}
読み込み動作: 03
HKLM: 1
場所: C:\Program を Office\Office14\SOCIALCONNECTOR。DLL
起動時間 (ミリ秒): 15

名前: Microsoft Office Communicator 2007年のアドイン
説明: 12 の Outlook アドインを Communicator のカスタム フォームをサポートするために
プログラム Id: OcOffice.OcForms
GUID: {2CD5239C-7739-42F1-9C94-2A8E24A9BBD9}
読み込み動作: 03
HKLM: 0
C:\Program ファイル Office Communicator\ocoffice.dll の場所:
起動時間 (ミリ秒): 0


アドイン Outlook が既に開始した後に読み込まれているも、ログに追加されたイベントを取得します。Outlook を起動し、いくつかの作業を行う独自のアドインを起動する機能をクリックし場合、は、アプリケーション イベント ログはすべて、Outlook の起動時に読み込まれるアドインの 1 つのエントリと、関連付けられている機能をクリックした後に読み込まれているアドインを別のエントリがあります。

次のイベント ログ エントリの例は、Outlook アドインを Visual Basic Editor の起動後に読み込まれているため Microsoft VBA の読み込みを示しています。このイベント ログ エントリには、Outlook の起動後、約 2 分が発生しました (Outlook の起動時に上記のイベント ログ エントリの日付と時刻の比較)。

ログ名: アプリケーション
ソース: Outlook
日: 1/7/2010年 1時 32分: 24 PM
イベント ID: 45
タスク カテゴリ: なし
レベル: 情報
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: client1.corp.wingtiptoys.com
説明:
Outlook は、次のアドインを (s) 読み込まれます。

Outlook アドインの Microsoft VBA の名前。
説明:
プログラム Id: Microsoft.VbaAddinForOutlook.1
GUID: {799ED9EA-FB5E-11D1-B7D6-00C04FC2AAE2}
読み込み動作: 09
HKLM: 1
場所: C:\PROGRA~1\MICROS~3\Office14\ADDINS\OUTLVBA。DLL
起動時間 (ミリ秒): 78


Outlook 2010 およびそれ以降のバージョンのグループ ポリシー テンプレートには、アドインの起動時にアプリケーション イベント ログ エントリの生成を制御するポリシー設定が含まれます。無効にする Windows のイベント ログを Outlook アドインの場合は、ポリシー設定を検索するのには [ポリシー] ツリーで[その他]ノードを展開します。このポリシーを使用する場合、次のレジストリ データは、この機能を制御するための Outlook クライアントに適用されます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Options\Logging
DWORD: DisableAddinLogging
値: 0 (または DWORD が不足している) = ログを有効にします。1 = ログを無効にします。

1 に注意してください:x.0を上記のパスでは、Outlook のバージョンを表します (16.0 = Outlook 2016、15.0 Outlook 2013 年 14.0 を = = Outlook 2010)

注 2: 上記のパス (\policies) に、DisableAddinLogging レジストリ値にのみ機能します。\Policies ハイブの下に DisableAddinLogging の値はありません (たとえば、ログオン スクリプトを使用して) この設定をプッシュする場合、Outlook はアプリケーション イベント ログにログをアドインの読み込みを続けます。

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2617010 - 最終更新日: 01/15/2016 21:47:00 - リビジョン: 1.0

  • kbmt KB2617010 KbMtja
フィードバック