現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

"MoveSecurityAttributes"のレジストリのエントリが Windows 7 では、Windows Vista では、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 では機能しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2617058
現象
次のシナリオについて考えてみましょう:
  • 以下のオペレーティング システムのいずれかを実行しているコンピューターがあります。
    • Windows Vista
    • Windows Server 2008
    • Windows 7
    • Windows Server 2008 R2
  • 値を構成し、 MoveSecurityAttributes レジストリ エントリ0 上のコンピューター。

    注: 構成することができます、 MoveSecurityAttributes 次の場所でレジストリ エントリ:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\MoveSecurityAttributes
  • フォルダーを移動する 1 つの場所から別の場所でフォルダーに、同じ NTFS ボリューム上。
このシナリオで、フォルダーとその中のすべてのファイルが前の位置に関連付けられているいくつかのアクセス制御エントリ (Ace) を含めること。前の手順を実行した後、正常な結果はことフォルダーとその中のすべてのファイルのみを含む新しい場所に関連付けられている Aceこの現象は、「コピー ファイル セマンティクス」と呼ばれる前述のレジストリ エントリを使用して Windows Server 2003 で有効になって.
原因
この問題は、 MoveSecurityAttributesレジストリ エントリが Windows 7 では、Windows Vista では、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 でサポートされていないために発生します。
解決方法
この問題を解決するのには、影響を受けるコンピューターで、次の修正プログラム パッケージをインストールします。

メモ 移動されたオブジェクトは、新しい親フォルダーからアクセス許可だけを含めることを保証するには、修正プログラム パッケージがインストールされているし、 MoveSecurityAttributesレジストリ エントリの値が0に設定するかどうかを確認する必要が。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、この資料に記載されている問題が発生しているシステムのみに適用してください。この修正プログラムには、さらに追加テストが行われる可能性があります。したがって、この問題により深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号の一覧または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、以下のいずれかのオペレーティング システムが実行されている必要があります。
  • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
  • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)
  • Windows 7
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)
Windows Vista のサービス パックの入手方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base の資料を参照してください。
935791 Windows Vista の最新の service pack を入手する方法
Windows Server 2008 サービス パックを入手する方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base の資料を参照してください。
968849 Windows Server 2008 の最新のサービス パックの入手方法
Windows 7 または Windows Server 2008 R2 サービス パックを入手する方法の詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
976932 Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用 Service Pack 1 に関する情報

レジストリ情報

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
Windows エクスプ ローラーの扱いアクセス許可オブジェクトは、同じ NTFS ボリューム内で移動するときに変更できます。既定では、オブジェクトは、同じボリューム内で移動、オブジェクトがアクセス許可維持されます。ただし、オブジェクトは、新しい親フォルダーからアクセス許可を継承できるように、この動作を変更する場合は、レジストリを変更、次のように。

レジストリを変更することに進んで、"Fix it で解決する"セクションに移動します。自分でレジストリを変更したい場合は、「自分で解決する"セクションに移動します。

Fix it で解決する



この問題を自動的に解決] をクリックして、修正 ボタンまたはリンクです。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで、[実行を] をクリックし、それを修正するウィザードで手順を実行します。



注:
  • 知識ベースの記事これを実行する前に解決するソリューションの上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションに記載されている修正プログラムをインストールします。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、その後問題のあるコンピューターで実行することができます。

このため、Exchange Server 2010 SP1 にパブリック フォルダーがインストールされている場合、空き時間情報取得のリクエストは、Exchange RPC Client Access サービスにより妨害されます。問題が解決されたかどうかの確認"セクションに移動します。



自分で解決する

  1. [スタート] ボタンをクリックします。[スタート] ボタン検索の開始] ボックスにregeditと入力し、ENTER キーを押します
  2. 次のレジストリ キーを見つけて、クリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer
  3. MoveSecurityAttributesを右クリックし、[編集] メニューし、[変更] をクリックします。
  4. [値のデータ] ボックスで、次のように入力します。 0.
  5. レジストリ エディターを終了します。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンは、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル コンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は、夏時間 (DST) が調整されたローカル時刻で表示されます。さらに、これらのファイルに対して特定の操作を実行すると、日付と時刻が変更される場合があります。
Windows Vista と Windows Server 2008 のファイル情報のメモ
重要修正プログラムの Windows Vista および Windows Server 2008 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれます。しかしながら、修正プログラムのダウンロード ページには「Windows Vista」だけしか表示されていません。一方または両方のオペレーティング システムに適用可能な修正プログラム パッケージを入手したい場合は、ページの "Windows Vista" の下に一覧表示されている修正プログラムを選択します。必ず記事中の 「適用先」セクションを参照し、各修正プログラムを適用する実際のオペレーティング システムを決定してください。
  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SP を適用するファイルn)、および、サービスの支社 (LDR、GDR) は、次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。
    バージョン製品SR_Level区分
    6.0.600 222xxxWindows Vista と Windows Server 2008SP2LDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) と、MUM ファイル (.mum) はインストールされているそれぞれの環境には、 別に記載 その他ファイル情報」の Windows Server 2008 と Windows Vista の場合に記載します。MUM ファイルと MANIFEST ファイル、関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
Windows Server 2008 および Windows Vista のサポートされるすべての x86 ベース バージョン用
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Shell32.dll6.0.6002.2279511,588,0962012年2月10日16:25x86
Windows Server 2008 および Windows Vista のサポートされるすべての x64 ベース バージョン用
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Shell32.dll6.0.6002.2279512,902,40011-2 月-201217: 39x64
Shell32.dll6.0.6002.2279511,588,0962012年2月10日16:25x86
サポートされているすべてのWindows Server 2008 のIA 64 ベース バージョンの場合
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Shell32.dll6.0.6002.2279519,091,9682012年2月10日17:21IA-64
Shell32.dll6.0.6002.2279511,588,0962012年2月10日16:25x86
Windows 7 と Windows Server 2008 R2 のファイル情報のメモ
重要Windows 7 の修正プログラムと Windows Server 2008 R2 の修正プログラムとは、同じパッケージに含まれています。修正プログラムのダウンロード ページでは、両方のオペレーティング システムの下に修正プログラムが一覧表示されます。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージをダウンロードするには、ページ上で「Windows 7/Windows Server 2008 R2」の下に表示される修正プログラムを選択します。必ず記事中の 「適用先」セクションを参照し、各修正プログラムを適用する実際のオペレーティング システムを決定してください。
  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SP を適用するファイルn)、および、サービスの支社 (LDR、GDR) は、次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べることによって識別できます。
    バージョン製品SR_Level区分
    6.1.760 021xxxWindows 7 と Windows Server 2008 R2RTMLDR
    6.1.760 121xxxWindows 7 と Windows Server 2008 R2SP1LDR
  • マニフェスト ファイル (.manifest) と、MUM ファイル (.mum) はインストールされているそれぞれの環境には、 別に記載 「Windows Server 2008 R2 および Windows 7"セクション追加のファイル情報です。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x86 ベースの Windows 7 のバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Shell32.dll6.1.7600.2109412,871,1682011 年 11 月-19-11:19x86
Shell32.dll6.1.7601.2186312,873,7282011 年 11 月-19-11: 07x86
サポートされているすべての x64 ベース バージョン Windows Server 2008 R2 および Windows 7 用
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Shell32.dll6.1.7600.2109414,169,6002011 年 11 月-19-12:30x64
Shell32.dll6.1.7601.2186314,174,2082011 年 11 月-19-12:00x64
Shell32.dll6.1.7600.2109412,871,1682011 年 11 月-19-11:19x86
Shell32.dll6.1.7601.2186312,873,7282011 年 11 月-19-11: 07x86
すべての Windows Server 2008 R2 の IA 64¡§Cbased のバージョンをサポート
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Shell32.dll6.1.7600.2109421,181,9522011 年 11 月-19-11:09IA-64
Shell32.dll6.1.7601.2186321,188,0962011 年 11 月-19-10:58IA-64
Shell32.dll6.1.7600.2109412,871,1682011 年 11 月-19-11:19x86
Shell32.dll6.1.7601.2186312,873,7282011 年 11 月-19-11: 07x86



問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決したかどうか確認します。問題が解決した場合、このセクションで作業完了となります。問題が解決されていない場合は、 サポートに問い合わせる.
  • 私たちはお客様からのフィードバックを歓迎します。この解決方法に関するフィードバックを提供する、または問題を報告するには、"Fix it で解決するブログにコメントを記入するか、 電子メール メッセージ。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明
詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
310316 コピーのファイルとフォルダーを移動するとアクセス許可の処理方法

追加のファイル情報

Windows Vista および Windows Server 2008 の追加のファイル情報

Windows Vista と Windows Server 2008 のx86 ベースのバージョンでサポートされる追加ファイル
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ3,078
日付 (UTC)2012-12-2 月
時刻 (UTC)06:54
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_584ad78309181d3c203e43dfc0232a8a_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22795_none_bbdb7b48d531a320.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ695
日付 (UTC)2012-12-2 月
時刻 (UTC)06:54
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22795_none_6e3cfccd28844338.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ904,280
日付 (UTC)2012年2月10日
時刻 (UTC)16:39
プラットフォーム該当なし
Windows Vista および Windows Server 2008 のすべての x64 ベース バージョンでサポートされる追加ファイル
ファイル名Amd64_10a7c512325ef745cc6f45e5e3ee1d20_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22795_none_2023f678fa2a9fb7.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,040
日付 (UTC)2012-12-2 月
時刻 (UTC)06:54
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22795_none_ca5b9850e0e1b46e.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ906,212
日付 (UTC)11-2 月-2012
時刻 (UTC)17:52
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ3,102
日付 (UTC)2012-12-2 月
時刻 (UTC)06:54
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22795_none_d4b042a315427669.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ899,183
日付 (UTC)2012年2月10日
時刻 (UTC)16:30
プラットフォーム該当なし
Windows Server 2008 のすべての IA x64 ベース バージョンでサポートされる追加ファイル
ファイル名Ia64_6260b8eb1c7cc9af016f4b4cb285cc7a_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22795_none_c2298698f101479b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,038
日付 (UTC)2012-12-2 月
時刻 (UTC)06:53
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22795_none_6e3ea0c328824c34.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ906,144
日付 (UTC)2012年2月10日
時刻 (UTC)17: 30
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,255
日付 (UTC)2012-12-2 月
時刻 (UTC)06:53
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22795_none_d4b042a315427669.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ899,183
日付 (UTC)2012年2月10日
時刻 (UTC)16:30
プラットフォーム該当なし

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の追加のファイル情報

サポートされているすべての x86 ベース バージョン Windows 7 用追加ファイル
ファイル名X86_a9aacfca560d5b3fa6af1cd9fbe7e661_31bf3856ad364e35_6.1.7600.21094_none_8df8b8681035ab34.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ695
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)20:46
ファイル名X86_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.1.7600.21094_none_6c7d2f368c764a99.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,059,457
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)11:43
ファイル名X86_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21863_none_6e83257a89851340.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,059,457
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)11:36
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のすべての x64 ベース バージョンでサポートされる追加ファイル
ファイル名Amd64_c8b4f18789852fc1ada1f40d14e66b9c_31bf3856ad364e35_6.1.7600.21094_none_c45dfef72e02825b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,040
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)20:46
ファイル名Amd64_caca108d8188029659aebf64d794cdf6_31bf3856ad364e35_6.1.7600.21094_none_4b18c787a218212d.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ699
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)20:46
ファイル名Amd64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.1.7600.21094_none_c89bcaba44d3bbcf.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,058,443
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)12:53
ファイル名Amd64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21863_none_caa1c0fe41e28476.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,058,443
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)12:29
ファイル名Wow64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.1.7600.21094_none_d2f0750c79347dca.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,054,916
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)11:34
ファイル名Wow64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21863_none_d4f66b5076434671.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,054,916
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)11:25
すべての他のファイルのサポート Windows Server 2008 R2 の IA 64¡§Cbased バージョン
ファイル名Ia64_bd7ca9c154ffb5a1cf8a26bb400a3c5b_31bf3856ad364e35_6.1.7600.21094_none_be286692a67f0165.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,038
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)20:46
ファイル名Ia64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.1.7600.21094_none_6c7ed32c8c745395.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,058,441
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)12:39
ファイル名Ia64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21863_none_6e84c97089831c3c.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,058,441
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)12:27
ファイル名Wow64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.1.7600.21094_none_d2f0750c79347dca.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,054,916
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)11:34
ファイル名Wow64_microsoft-windows の shell32_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21863_none_d4f66b5076434671.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,054,916
日付 (UTC)2011 年 11 月-19-
時刻 (UTC)11:25
fixme fixit 修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2617058 - 最終更新日: 04/01/2014 06:15:00 - リビジョン: 6.0

Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Ultimate, Windows Vista Business, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Foundation, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V

  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbfixme kbmsifixme kbmt KB2617058 KbMtja
フィードバック