Access 2007 や Access 2010 の複数選択可能なリスト ボックスで項目を選択すると、リストがスクロールされる

現象
複数選択可能なリストボックスの項目を Selected プロパティで選択した際に、Access 2007 や Access 2010 ではリストボックス内が自動的にスクロールされ、選択した項目が表示されます。
原因
Access 2003 以前では、リストボックスがスクロールされる現象は発生しませんでした。
Access 2007 以降の Access では、リストボックス内の項目を表示する内部動作が変更されたため、スクロールします。

Notes : リストボックスの規定値は複数選択を行わない状態であり、その場合には以前の Access でもリストボックスがスクロールされ、選択した項目が表示されます。
解決方法
回避策
状況
この動作は仕様です。
詳細
現象の再現手順
 
1. 新規 .mdb ファイルを作成します。
 2. 非連結の単票フォームを作成します。
 3. リストボックスを配置し、以下のプロパティを設定します。

   名前:List1
   値集合タイプ:リスト
   値集合ソース:A1;A2;A3;A4;A5;A6;A7;A8;A9;A10
   高さ:リストの項目が 2、3 行表示できるだけの高さにする
   複数選択:標準

 4. コマンドボタンを作成します。コマンドボタン ウィザードが表示される場合には、"キャンセル" をクリックします。
 5. コマンドボタンを右クリックし、[イベントのビルド]-[コード ビルダー] を選択し、"OK" をクリックします。Visual Basic Editor が起動します。
 6. Click イベントに、以下のコードを入力後、Visual Basic Editor を閉じます。

   me.List1.Selected(7) = True

 7. フォームをフォームビューに切り替えた後で、コマンドボタンをクリックします。

結果
 リストボックス内が自動的にスクロールされ、選択した項目が表示されます。
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2617730 - 最終更新日: 09/20/2016 10:25:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Access 2010

  • kbtshoot kbprb KB2617730
フィードバック