"0x80770006"と「3201」SQL Server 2008 R2 のインスタンスをインストールした後のエラー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2618570
症状
次のシナリオについて考えてみましょう:
  • Microsoft SQL Server 2005年のインスタンスを持つサーバーと Microsoft SQL Server インストールされて 2008 Microsoft SQL Server 2008 R2 のインスタンスをインストールします。
    メモ一部またはすべての以前のインスタンスのインストール時に実行されています。
  • SQL Server 2005 または SQL Server 2008 の仮想バックアップ デバイス インターフェイス (VDI) のバックアップを実行しようとしました。
このシナリオでは、VDI のバックアップ操作は失敗します。また、SQL Server ログに次のエラー メッセージが生成されます。
エラー時刻> バックアップ エラー: 3201、重大度レベル: 16、状態: 7。
エラー時刻> バックアップ開けませんバックアップ デバイス '場所>'。オペレーティング システムのエラー (エラーのテキストを取得するために失敗しました。 0x80770006原因: 15105)。
メモこれらのエラーは、「イベント時」エラーが発生する時間のプレース ホルダーですし、、[フォルダーの場所] で、バックアップ フォルダーの場所のプレース ホルダーです。
原因
この問題は、VDI のバックアップ操作を実行すると SQL Server は、SQL Server クライアント Sqlvdi.dll ファイルのバージョンを使用するために発生します。

SQL Server 2008 R2 をインストールすると、Sqlvdi.dll ファイルを SQL Server 2008 R2 でこれら 2 つのファイルでは、SQL Server 2005 または SQL Server 2008 のディスク上のコピーが上書きされます。インストール中のインスタンスを実行している場合ただし、Sqlvdi.dll ファイルの古いバージョンがメモリ内でままになります。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
解決方法
この問題を解決するには、各以前のバージョンの SQL Server 2008 R2 のインスタンスのインストール時に実行されて可能性があります SQL Server のインスタンスを再起動します。SQL Server 2008 R2 をインストールする前に、この問題を防ぐには、次の手順を実行します。
  1. SQL Server のすべてのインスタンスは、サーバー上で停止します。
  2. SQL Server 2008 R2 をインストールしてください。
  3. 停止 SQL Server のインスタンスを再起動します。
詳細情報
SQL Server バックアップ シミュレータ Sqlvdi.dll ファイルのバージョンがインストールされている検出に使用できます。SQL Server バックアップのシミュレータを使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動します。VDI の詳細については、VDI の仕様を表示します。 次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
ダウンロードSQL Server 2005 仮想バックアップ デバイス インターフェイス (VDI) 仕様パッケージを今すぐダウンロードします。 マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2618570 - 最終更新日: 09/26/2012 09:58:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseadvanced atdownload kbmt KB2618570 KbMtja
フィードバック