現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Exchange Server でメッセージ追跡センターを使用してメッセージを追跡する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP262162
概要
特定のサーバーでメッセージの追跡を有効にした後、メッセージを追跡することが必要になる場合があります。システム メッセージ、パブリック フォルダ、または電子メール メッセージの追跡履歴を表示する前に、追跡するメッセージを指定する必要があります。システム メッセージを追跡する場合や追跡するメッセージを直接選択する場合は、メッセージ ID を使用します。メッセージ ID がわからない場合は、追跡ログを確認してシステム メッセージを手動で見つけることができます。以下の場所に格納されているメッセージ追跡ログにメッセージが存在する場合にのみ、メッセージを見つけることができます。
Exchsrvr\servername.log
: servername には、サーバーの名前が入ります。

パブリック フォルダまたは電子メール メッセージを追跡する場合は、特定の検索パラメータを指定して、一致するメッセージの一覧を取得できます。この一覧からいずれかのメッセージを選択して、その履歴を表示できます。
詳細
メッセージ追跡センターを使用してメッセージを追跡するには、次の手順を実行します。
  1. Exchange システム マネージャを起動します。
  2. コンソール ツリーの [ツール] をダブルクリックします。
  3. Exchange 2000 Server
    [メッセージ追跡センター] を右クリックし、[メッセージの追跡] をクリックします。

    Exchange Server 2003
    [メッセージ追跡センター] をクリックし、[メッセージの追跡] をクリックします。
  4. Exchange 2000 Server
    [全般] タブの [サーバー] にメッセージの送信元または配信先のサーバーの名前を入力します。利用可能なサーバーの一覧を参照するには、[参照] をクリックし、サーバーを選択します。

    Exchange Server 2003
    [サーバー] ボタンの横に、メッセージの送信元または配信先のサーバーの名前を入力します。利用可能なサーバーの一覧を参照するには、[サーバー] をクリックし、サーバーを選択して、[OK] をクリックします。
メッセージを検索するために必要な操作は、メッセージの送信元または配信先のサーバーを指定することだけです。たとえば、特定のユーザーからのメッセージを検索するには、そのユーザーのエイリアスを入力します。ユーザーの電子メール アドレスがわからない場合は、[参照] をクリックして Active Directory 内で対象のユーザーを検索します。メッセージ追跡センターでは、その他にも多数の検索オプションが利用できます。
プロパティ

文書番号:262162 - 最終更新日: 04/10/2008 01:52:52 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • kbhowto kbinfo KB262162
フィードバック