Linux RPC クライアントからサービス拒否攻撃を実行できる可能性がある

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP262388
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Linux リモート・プロシジャー・コール (RPC) クライアントから、サービス拒否攻撃の実行が可能です。RPC クライアントは、バッファ・オーバーフロー状態を引き起こし、Windows2000 の応答を停止させたり(ハング)、要求サービスを停止させたりする可能性があります。
解決方法

Windows 2000

この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
状況
弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しております。
詳細
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 262388 (最終更新日 2000-07-27) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:262388 - 最終更新日: 02/09/2014 08:28:33 - リビジョン: 4.2

  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbtshoot kbtool kbnetwork win2000presp1fix KB262388
フィードバック